シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 森安通信2月9日号 | main | アフリカ南部の旅 >>
第111回シルクロード講座 3月14日(土) 13:00 〜 16:00 「軒丸瓦の文様からみた文化伝播の一様相」

日本シルクロード文化センター会員の皆様
シルクロード講座等行事に参加されたみなさま

 

暖かい日と寒い日が交互にやってきて、昼間暖かくても夕方から冷え込む日もあり、着るものにも悩む毎日です。

また新型コロナウイルスの感染も拡大しており、催し物をするのには心配な毎日ですが、ひとまず講座は予定通りということでご案内いたします。

状況の悪化によって中止せざるをえない時は、改めてご連絡差し上げますのでご承知おきください。

 

きのうは「春一番」が吹き荒れましたが、今日はうららかな良い天気でした。

多摩川からの富士山がとてもきれいでした。

 

3月のシルクロード講座は昨年10月に台風のため延期いたしました清水先生の講座です。

第111回シルクロード講座 3月14日(土) 13:00 〜 16:00

「軒丸瓦の文様からみた文化伝播の一様相」

            講師:清水信行(青山学院大学名誉教授)

中国唐の黄冶三彩葉出土の「黄褐釉陶器盤」の見込み部に線刻されている宝相華文は、渤海上京城出土の宝相華文軒丸瓦の図柄によく似ている。

どちらも所謂三つの子葉をもつパルメットが向き合った形で一つの蓮弁のように表わされ、その中には盤では米粒状の子葉が、瓦ではハート形の子葉が置かれている。これらと同じような文様の軒丸瓦に、韓国新羅慶州興輪寺出土の軒丸瓦がある。

 

日本の下総国分寺の創建瓦にも宝相華文軒丸瓦があり、遠く西アジアに発した宝相華文がシルクロードを介して中国の唐三彩に採用され、その焼成技術とともに、軌を一にして8世紀中ごろに東アジア世界に伝播したと考えられるのである。

 

参加費:1,000
場所:みんなの広場
        狛江市東和泉2-20-12-103
       
小田急線和泉多摩川駅徒歩5分

<問合せ・申込み>
  Tel & Fax: 03-3480-4478(野口)
        080-5483-6740
    E-mail : silkroad-j@ef.lomo.jp
 ホームページ http://silkroad-j.lomo.jp/ 

 

 

| お知らせ | 16:32 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE