シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 第111回シルクロード講座 3月14日(土) 13:00 〜 16:00 「軒丸瓦の文様からみた文化伝播の一様相」 | main | ア フ リ カ 南 部 の 旅  >>
アフリカ南部の旅

 

2020年2月26日 野口信彦

 

2月11日から17日まで、短い期間でしたがアフリカ南部の旅に行ってきました。同行は22人でした。

行った国は南アフリカ・ボツワナ・ジンバブエくらいでした。

「・・・でした」というのは、事前にどこへ行くのかをあまり調べていなかったからよくわからないのです。

 

1週間の旅でしたが、かなり過酷なスケジュールでした。

まず、羽田をたってから7時間半でシンガポール国際空港へ。

ここでは飛行機が停止すると、いきなり防護服を着た職員が乗り込んできて、乗客のおでこになにやら器具をあてがっての検査です。熱を測ったのだと思います。

シンガポールの夜景です

 

そこで乗り継いで南アフリカのヨハネスブルグまでが約11時間のフライト。

インド洋を横断してマダガスカル島を縦断です。

ここではエボラ熱の関連の機内作業がありました。

ここはもうヴィクトリア湖のある空港です。

 

長時間のフライトですから、それを我慢して乗り越えなければなりません。

一つは座席前の画面からフライト動画や映画を見る。もう一つは書籍などを持参して読む。ただしこれは読み始めるとすぐに眠くなるので余りお勧めできません。

機内食の際にはビールのほかにワインなども注文して、食後に眠ることもおすすめです。

乗り継ぎも含めると20時間に及ぶフライトですから、身体に加わる負荷もかなり大きいものです。

 

南アフリカ共和国のヨハネスブルグにつくと、5時間ほどの乗り継ぎ時間のあと、今度はザンベジ河中流域にあるヴィクトリア滝へ行きます。世界の三大滝と言われているところです。ここは、ジンバブエ共和国とザンビア共和国の国境にある滝です。

幅2km、落差が108メートルとされています。

出発の翌日にはもう、ヴィクトリアの滝です。

 

出かける前に仲間たちから「滝が干上がって水が流れていない」と言われていましたが、そうだとしても「それが自然の成り行きなのだから構わない」と思っていましたが、滝はどうどうと流れていました。

しかしこの辺りは数十年来の干ばつ被害が大きく、いつも停電が起きるといわれています。

この滝の落ちる水から立ち上る水量が半端ではありません。

 

ヴィクトリア滝は片道2kmほどの小径を歩いて見ます。

カナダのナイアガラ滝は一目で見ることができますが、こちらは2kmほどを歩きながら見ます。

 

20時間以上をかけてほとんど睡眠もとらずにいた私でしたが、雨とともに滝から舞い上がる水しぶきでびっしょりです。

ところが最近の私は、自分でも驚くほど体力が落ちています。

歩く速度も極端に落ちていることが分かっていました。

 

滝見学の最終地点近くですが、もうこの辺では半分意識朦朧となっていました。

 

ここでアクシデントです。

全身の疲労と倦怠感で歩けなくなってしまったのです。

歩道の横にあった木の腰掛に倒れこみました。

ワイフは「倒れた」といいますが、私は「倒れてはいない。倒れこんだのだ」と言い争いをしていますが、要するに倒れたのです。

「いつも二人で出かけるときは風邪をひいたりするんだから、今度はしっかり体の調子を整えておいてよ」と言われていましたが、やはり・・・

ここがヴィクトリアの滝観光の最終地点です。

 

疲れていたためか、水を夢中になって飲みました。

心配して除き込んでいる仲間からにも「水をくれ!」とお願いして2本ほどをガブガブ飲みました。息もつかずに一気に飲みました。

 

添乗員の女性とワイフが両脇を支えて帰り道を歩きましたが、自力では歩けません。

ベンチを見つけると座り込み、水をがぶ飲みしました。

同行のみなさんには大変ご迷惑をおかけしました。

このような倒れ方は人生初めてのことで、私はこの「事件」が大ショックでした。“こんなにも俺の体力は落ちていたのか!”と愕然としました。

2人の女性から抱きかかえられて垣間見た樹木が、とても美しく見えました。

| 旅日記 | 06:12 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE