シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< アフリカ南部の旅 | main | 3月の「シルクロード講座」は中止とします >>
ア フ リ カ 南 部 の 旅 

私は旅行の時は必ず日本酒「菊水」のカップを宿泊数だけ持参します。それが今回の旅では2本しか消化できませんでした。夕食の際は必ずビールを注文しますが、今回ばかりは“アルコール拒否症”になったようです。「アルコールのご注文は?」と言われると私は本能的に断っていました。私の酒飲み人生で初めてのことです。

 

サファリツアー

アルコール抜きの夕食の翌日は、ボツワナの国に入って、チョベ国立公園内で「サファリ」です。添乗員さんが「皆さん待望のサファリツアーです」というのですが、私はこのことも知りませんでした。

添乗員さんが私に「今日はずっとサファリドライブですので、歩かなくて済みます」とわざわざ言いに来た。“それは助かる”と心底思いました。

では、写真をごらんください。

サファリカー―のドライバーたちです

みんな陽気な男たちです。少し前までは「アパルトヘイト」で暗黒の生活だったと思うと・・・

車はニッサンの改造車です。窓ガラスは取り払われ、太いパイプが横に貼られているだけです。

写真撮影に便利なように造られています。「覆面の怪人」は添乗員さんです

 

逆走

バスでチョベ国立公園に向かう道で意外なものに行き会いました。

道路の右側を逆走してくる動物がいました。1頭のイボイノシシです。すれ違う人々や車は何の反応も見せません。

 

いろいろな動物の生態と象さん

サファリツアーで見えた動物は、インパラ・イボイノシシ・バッフアロー・象・キリン・カバ・サイ・ウオーターバック・トカゲくらいだったと思います。・・・・

最初に見たのは、このインパラ。最後には珍しくもなくなりましたが・・・

道の横に茂みにバッファローがじっと私たちを見ていました

これもバッファローです

象さん

 

キリンさんもいました

これはイボイノシシではないですね。ヒヒです

 

 

ライオンやトラなどは季節が少し早かったので見ることはできませんでした。

象の家族が移動しているところを見ましたが、実に面白く楽しいものでした。

象の群れは河での一連の作業を終えると家族でも男女が分かれます。

お母さん象と子どもたち、お父さん象と息子たちはそれぞれ別の方角に進みます。

象さんの親子です

 

 

いつの間にかキリンさんがすぐ横にいました

 

ボートサファリ

そして午後は船に乗ってボートサファリ。

河の中に見えた動物は、カバ・ワニ・象・・・

途中で国が変わるので船ごとビザを出します。

象は実に水が好きなようで、鼻から水を吹いたり、河にもぐったりと・・・

丘に上がったワニは水際でじっとして動きません。インパラなどが水を飲みに来るのを待っているのでしょう。ワニは長さが4〜5メートルもあります。

はじめはワニだとわかりませんでした。

ゾウさんは本当に水が好きです

水と戯れています

これはウオーターバックという動物だそうです。

何か危険が迫ると水際に戻るのでウオーターバックだそうです

初めて聞きました

 

カバの生態系とは?

ここでの現地ガイドの話では「カバは増えすぎると困るので、生態系を維持するために昨年は200頭を処分した」とのことです。

しかし、話は逆じゃないでしょうか。人間の都合で“生態系の維持”を述べて、人間が勝手に殺しているのです。

カバの生態系維持についてはこれくらいにします。詳しいことが分からないからです。

道端の民家です。ブロードバンド・インターネットカフエとも書いてある看板がありますね

 

お土産

サファリが終わってから夕食前に「バザール」でお土産の買い物です。

私は基本的に、娘と孫のもの以外はお土産を買わないのですが、最近は様相が変わってきました。

私は2つの団体の構成員(ヤクザの組ではありません)になっているのですが、そこのメンバーに、はじめはシルクロードでの干しブドウなどのお土産を人数分買って帰ったことがあるのですが、それ以来「お土産」の注文が出始めました。はじめは冗談から始まったのですが、全員にお土産を買うことになってしまっているのです。

今回は、各種動物の木彫りです。象の鼻や足などが折れないように、洗濯していないパンツの中などにしまい込んで帰ってきました。

 

妻の無くしもの

私は一眼レフのカメラだったのですが、うちの奥さんが最近はユーチューバーなので

I padミニで一生懸命撮影していました。踊りの稽古や体づくりの教材にしていました。

帰国後、2〜3日してから彼女はせっかくの撮影済みのI pad miniを帰国の途中のどこかで忘れたようです。孫娘と電話で話していて「今度おばあちゃんが写した動物の動画を見せてあげるからね」といったとたんに気がついたようです。あちこち手を尽くして探していましたがありません。結局、「おじいちゃんがカメラで写したから、それを楽しみにしていてね」といっても、ユーチューブ娘は「動かないんじゃつまらない」と言ったそうです。

| 旅日記 | 10:02 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE