シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< ア フ リ カ 南 部 の 旅  | main | 突然ですが、ただいま入院中です >>
ア フ リ カ 南 部 の 旅 

間違い湾

テーブルマウンテンの山の上から見るとコバルトブルーに輝いた美しい海が見えます。この湾の名前が別名「間違い湾」。

なぜかというと、インド洋からヨーロッパへと戻ってきた貿易船などが、喜望峰を回って右に旋回すると大西洋に入ってヨーロッパに帰ります。そこで多くの船がこの湾を見て右に曲がって入って行くと「湾」ですから突き当たりになります。それで間違いに気が付くということから、間違い湾という名前がついたということです。

喜望峰(アフリカ大陸最南端)で記念撮影

この像はバスコ・ダ・ガマかな?

モダンジャズの源流を探す

夕食はウオーターフロントで。ここは文字通り港のすぐ近くにあるのですが、規模の大きなスーパーや様々な催事場があります。同行の皆さんはお土産の買い物です。

私は1人離れて入り口近くにあった舞台へ戻ってジャズライブの見学。

今回の旅ではとても望みはかなわないだろうなと思っていたことが、モダンジャズの源流・アフリカの音楽を聴く、あるいは収集することでした。

 

聴いた結果は、豈はからんや、少々というかだいぶ期待外れでした。やはりアメリカやヨーロッパの最近のギターがメインの「ジャズもどき」のコピーでした。こういうものはあまり聴きたくないのですが、ないよりマシ、集合時間まで聴いていました。

客席には家族連れや様ざまなグループが聴いています。聴衆はみなコーラを飲み、何か食べ物を買ってきて楽しんでいます。それ等の光景を見るだけでもよかったと思いました。感心したことは客席間の程よい間合いに大きなビニールの袋を置いてごみ袋にしていたことでした。アフリカというと、ニューヨークのハーレムのように、ごみの溢れた街かどというイメージがあったのですが、それは昔のこと。かなり清潔好きだということが分かりました。私の間違えていた先入観だったのですね。

 

 

酒嫌い

この日の夕食では、大ジョッキを呑もうとしたのですが、うちの奥さんと添乗員ちゃんに止められました。止められると意地になる私ですから注文したのですが、一口飲んでやめました。うまくないのです。それとやはり身体や脳への影響を考えたことました。帰りの長い時間の機内でもアルコールは飲みませんでした。私って自制心があるんですね。

 

サザンクロス=南十字星を見る

そして、夕食後は再び真っ暗になったテーブルマウンテンの入り口辺りまで行ってケープタウンの夜景観賞です。それともう一つ注文がついて「サザンクロス=南十字星」を見ることでした。夜空は星を見るには絶好の真っ暗な空です。

港町の夜景です

一行のメンバーです

この日は朝からすでに日本人の初老の男性の現地ガイドがついていました。言語明朗、滑舌最高の彼の説明は良く聞き分けられるのです。しかし、耳障りだった言葉は、やたらと「この街かどは昔の上流階級が住んでいた地域、こちらは貧しい人たちの住んでいた町」といいます。アパルトヘイト時代感覚が残っているのでしょうか。

みなさん、一生懸命にサザンクロスを探していましたが、彼に「南十字星は皆さ見ている方角の正反対のうしろですよ」と言われて大笑い。かすかに見えました。

私は沖縄と緯度がほとんど同じのネパールのヒマラヤの山の中で、夜中にトイレに起きた時に見たことがあります。星がこわいくらいに大きく見えた時でした。

 

帰路は当然、往路と同じコースで帰ります。ただし、ケープタウン空港からヨハネスブルグ空港では座席に座ったまま。そしてシンガポール国際空港での長い乗りつぎの時間のあと羽田へ。合計15000辧2箸任呂垢靴鮹輅犬靴

カンパーイ!!

 

そして・・・

今回の訪問を機に、アフリカの歴史研究を決意しました。

アフリカでのアクシデントの医療検査はもちろんしました。結果はいずれもなにもなかったのです。

しかし、3月6日の朝からおなかが痛かったのですが、夕刻になっても痛いので、ワイフの車で走って5分の大学病院へ行きました。すると胆嚢炎でそのまま入院となってしまいました。

すると入院中に、ほかの病気も見つかってしまいました。大腸ポリープです。

2週間くらいの入院治療ののちの退院。そののち、2〜3か月のうちのその2つの手術の予定が立ってしまいました。

嘆いていても事態は好転しません。ちゃんと病気を治してから、再び元気になって頑張るしかありません。私・野口はこれくらいのことではへこたれません。

このい睇賊,離戰奪匹能颪い討い泙后  

 

3月9日 野口

| コメント | 20:35 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE