シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< “親孝行、したいときには親はなし!” | main | 無頓着でした >>
「無罪宣告」

1月下旬からだったか2月頃からだったか、新型コロナ禍が世界を覆い、政治活動・経済活動を含めて人びとの日常生活が一変しました。ある意味、逼塞状態が続いています。まさに人類史に記録される出来事が毎日続いています。

 

私は若いころから「自律神経失調症」だとか「うつ症状」が続いていたころがありましたので、3月5日からスタートした入院・治療生活という私の「自粛」はある意味では“快適”でした。

それが4月下旬まで続き、胆嚢炎から「下血」による大腸ポリープの削除、そしてその結果としての“大腸がんの懼れ”を医師から指摘されるという、わが人生最大の危機に直面することになろうとは思いもしませんでした。

 

しかし、私は過去、1960年代に北京に留学していたころ、内外の留学生の紅衛兵による攻撃で何度も死に直面し、死を覚悟したことが再三ありました。北京飯店の8階から手足を持たれて突き落とされようとしたのですから。天安門広場で4人の仲間で「たとえ彼らに殺されても、日本人の魂を失うことなく立派に死んでいこう」と決意までしたのですから。

 

 

それは、私や私たち少数の留学生が日本人であることを知りながら、その日本人としてのアイデンティティを根底から否定して“毛沢東思想で指導された日本革命をせよ” などという荒唐無稽な暴論を吐いての攻撃が半年間ほど連続したことがあったからです。その攻撃たるや、空手五段や柔道三段の、“きのうまでの同級生”が目を血走らせて攻撃してくるのです。私は暴力の恐怖の前に、“なぜ、きのうまでの友情がかくももろく崩れ去ってかつての仲間を襲うのか”という驚きと悲しみの感情のほうが先でした。

 

帰国後もさまざまな組織活動をリードする立場に就きましたが、そこでも無理解と誤解と悪意にもとづく誹謗や攻撃にも会いました。ですから、今回くらいのことではひるみもしませんでした。と言いたいところですが、「ガン」という業病によって死に直面するかもしれないという精神的な負担はかなりのものがありました。

4月24日に3度目の退院をしてからの毎日は、一見、何でもないようにふるまいながらも、実はそのプレッシャーに毎日さいなまれていたのです。

実際、いつも会議などで会っていた数十年来の親しい仲間の夫が、胃がんで余命三か月の診断がくだったというメールを見たのも今朝のことでした。

 

そしてきのうの11日は、ある覚悟を持って2人で病院へ行って大腸ポリープのガン化についての検査結果を聞きに行きました。まるで死刑判決か無罪放免を聞きに行くかのように感じていました。

結果は「根治しています」でした。

「しばらくはここに来なくても良いですよ。半年後の10月に念のための検査をして、そのあとは1年に1回の検査になります」ということで、無罪放免でした。

 

医師のその言葉を聞きながら、私は隣にいたワイフに抱きつきたくなる衝動を抑えていました。とんでもない大声で「よかった〜〜〜!!」と叫びたい気持ちにもなっていました。多くの友人や息子・娘、そして4年生になったわが孫娘たちに早くこの喜びを伝えたいと思いました。孫はきっと「わ〜い!おじいちゃんよかったね〜、バンザーイ」というだろうなと一人ニコニコ想像していました。

 

この日の診療費は70円。昼に近かったのですが、ワイフが「きょうのランチはとなりのイトーヨーカ堂でおいしいものを買ってお祝いしようよ」と言いました。反対のはずがありません。でも、レジが終わると「今日はあなたのお祝いだから5637円はあなたが出すのよ」と言われました。

ま、ともかく病院の帰りはきのうの天気のように晴れやかな気分になっていました。

 

ブログをお読みの皆様。個人的なことを書いて恐縮なのですが、ご了承のほどをお願いします。

休講が続いている「シルクロード講座」についても、再開の時期を見計らっています。

9月予定のウズベキスタンの旅も終息状況を図りつつ頭に描いています。

 

5月12日 野口信彦

| お知らせ | 10:51 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE