シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 「無罪宣告」 | main | 香港への人権抑圧強化に強く反対します。 >>
無頓着でした

先日、「無罪放免」のブログを書いたところ、想像以上の方がたからの反響(主としてお祝いのメッセージ)が寄せられて驚きました。感謝の気持ちを感じたことと驚きも隠せませんでした。

 

わたし個人のことに引き寄せて言わせていただけば、古くからの友人・知人、無論、15年来の活動を進めてきた、シルクロード分野の長年のお付き合いある方がた、この20数年来のシルクロード・ツアーに参加されたことのある方がた、そしてスポーツ関連でのつき合いのある方がた、100人近くの仲間からドット寄せられました。うれしいことです。

 

一方で、あのブログとその反響から思うに、実に多くの方がたが「胆嚢炎」を患い、「大腸ポリープ」を取り除き、「大腸がん」をはじめとした各種のガンを患っている(いた)ということでした。

 

ある友人は10年ころ前、ガンを患い暗澹とした気持ちで「シルクロード講座」などに通ったということを書かれていました。そのころの私は彼が「がん」で暗い気持になっていたことを知りながらも、彼の気持ちや立場を本当に理解する力が弱く、表面的にとらえていた面がありました。

 

「語彙」の少ない私は、そのことをお詫びする適切な言葉も見つけられないままお礼の返信を送りました。そして、そのような各種の病気を抱えている方がたがなんと多くいるのだろうと改めて思いました。

また、街を歩いていて気がつくことは、脳梗塞など頭や心臓などの病気で体が不自由になっている方の多いことにも、最近目がいくようになってきています。自分が高齢化し、病気などにかかると、そういうことが良く見えるようになってきたのでしょう。

私の今回の一連の「病気」の原因は、長年にわたる偏食や多量(でもないと思っていたのですが・・・)のアルコール摂取(なんか医学用語のようになっていますね)などが原因だろうと思います。

 

直接的な原因は2月のアフリカ旅行だったと思います。長年にわたって体を鍛えておかなかった怠慢によって、ヴィクトリア滝で歩けなくなったこと、今でもよくわからないのですが、片目が、突然、パニックのようにグルグル回りだしたことなどが、3月以降の一覧の病気の“静かなるスタート”だったように思います。

ですから今年になって2月のアフリカ旅行とその後の3回の入・退院からはほとんどロクなものを読んでいません。

 

「人類史における世界の感染の歴史」のようなものに挑戦してみたいと友人たちに宣言していたのですが、多くの専門家たちが書いているということもあって、その気も失せました。

ところが5月11日の「無罪宣告」以降、その気になってきたのです。単純なんですね私は。“書きたい”という欲求が沸々とわいてきたのです。

 

何を始めたいのかは、機会があれば書きますが、いまはまだ発表する段階ではありません。

| コメント | 10:58 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE