シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 無頓着でした | main | WHOからブルーインパルス >>
香港への人権抑圧強化に強く反対します。

戦前、日本が朝鮮半島や中国、アジア各国を侵略しようとした際、日本で反対運動が起きないようにとの目的で、「治安維持法」を定め「特高警察」を設置しました。

 

日本軍部の朝鮮や中国への侵略戦争に反対する人びとが「侵略戦争反対!」の声を挙げたのは当然のことでした。

しかし、時の政府と特高警察は多くの個人や団体に弾圧を加えて、数千人の人びとを拷問などによって虐殺し、さらに数多くの人びとを逮捕・拷問して「転向」を迫ったのでした。

 

このような1世紀近くも前の日本で起こった忌まわしい人権抑圧法と同質である「国家安全法」が、きのう、中国北京の国会に当たる全人代(全国人民代表大会)で採択されました。

 

1997年7月1日、イギリスが香港を植民地としていた状態から香港が中国に返還されました。当時、中国政府は香港とその後ポルトガルが返還したアモイ(厦門)を含めて「一国二制度」を採用して、中国国内とは扱いを区別していました。なぜならば、今、中国に入る外貨のほとんどが香港を経由して入ってくるからです。

 

当時から現在も中国各地の空港へ行くと、香港とアモイへ行くには国際線でないと行かれません。1966年に私が文革下の中国から日本へ帰る際には、広東の空港まで行って、そこで一泊してから翌日、汽車で香港へ入って一泊してから日本行きの飛行機に乗って帰って来たのです。

 

余談ですが、私たちが希望した日にちのBOAC便は中国政府の妨害で乗ることができずに、翌日に変更せざるを得ませんでした。しかし予定した日に乗るはずの飛行機は、離陸に失敗して香港の山に衝突し全員が死亡したということをあとになって知りました。北京では死を覚悟し、香港では危うく死ぬ寸前だったのですね、わたしは。

 

ともかく中国の全人代の決定は、日本の悪夢でもあった治安維持法に相当する稀代の悪法「国家安全法」によって暗黒の日々が続きそうです。新疆のウイグル人たちと同じような境遇に立ちいたってしまったのです。

 

どこの国でもそうだと思うですが、国家予算に占める軍事費の比率はどこでもトップを占めているのですが、中国に限っては一貫して「国家安全局」の予算がトップを占めているのです。

 

街のお母さんたちが、子供のいたずらが激しくて、親の言うことを聞かないと「そんなに親の言うことを聞かないと安全局に連れて行くからね!」というと、子供のヤンチャはぴたりと止まるほどだと聞いたことがあります。

 

いま、百万を超える多くのウイグル人が囚われていますが、その捕われている家庭に安全局の職員が勝手に入り込んで、寝食を共にしている例が多いそうです。もちろん、家賃も食費もその家庭もち。なかにはお父さんのいない家に男の職員が入りこんでお母さんをレイプすることも多いといわれています。なぜかというと、漢族とのハーフが生まれれば、その子も漢族として登録するからです。

 

私が数十回新疆にいた際も、ウイグル人の芸術関係の大学を訪問したことがありました。2005年に「日本シルクロード文化センター」創立の際に、ウイグル人によるムカームの演奏家たちや新疆芸術楽団の美しい少女たちの踊りを披露してくれたお礼に伺ったのですが、日本でお会いしたウイグルの指導者や大学の指導者たちと一緒に、安全局員だと名乗る女性も同席していました。彼女は私に、これから新疆各地を訪問されるそうですが、安全局から専門のガイドをつけましょうか?と“親切にも”言ってくれたのです。

 

ウイグル人のスパイも相当数います。俗に「ウイグル人の3人に1人は安全局のスパイだ」と言われているくらいです。スパイになる動機は「お前の毎月の給料と同額を出すから、お前のまわりに起こるおかしな動きを連絡しろ」というそうです。中国でも最も貧しい収入の少数民族にとっては、つい、手を出したくなる金額だといえます。

 

10年ほど前だったか、南新疆・ホータンの郊外で「特別警察」が“テロ活動の謀議を図っている連中がいる”との通報で襲撃して、10人近くの人びとを全員殺害したというニュースがありました。

これは、数日後に迫った結婚式の打ち合わせをしているところをのぞいたスパイが、“テロの陰謀だ“という情報を通告した結果だとみられています。

 

昨年の香港における大きな抗議活動は、香港の議会による議決に反対する行動だったのですが、今回以降は、全人代での決議ですから、これまでと規模の違う大弾圧が加えられることが予測されます。

これに抗するには、香港の市民以外にも、中国国内の運動や国際的な世論の後押しが不可欠となります。

コロナ禍とは質の違う事柄ですが、こちらは人智を徹すればできないことではありません。人が人を勝手に抑圧することは21世紀の今では通用しないことを知らしめましょう。

 

| シルクロードの光と影 | 10:56 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE