シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< WHOからブルーインパルス | main | 黒人男性殺害に反対する世界各地の運動について、その遠因を探る >>
差別、その忌まわしき加害の人の業・劫・傲・拷

今朝、朝食を食べながら“自粛も解除されて、そろそろシルクロード講座再スタートだな”と思い受かべながら“自分がシルクロードを学んだきっかけは何だったのだろうか”などとあれこれ考えていました。

 

「中華思想と小中華思想」「有色人種差別」「体の障害を原因とした差別」など、数え上げれば数限りなく存在しています。毎日報道されるテレビや新聞などにはその類のニュースが踊り狂うように報道されています。

 

黄土高原の中心地にいるというだけで、“すぐれた漢族”と自認し、その周囲は「東夷・西戎・南蛮・北狄」などのような、さげすむべき昆虫や害獣などのように言いあらわされます。

日本民族などは、さしづめ立派な“東夷”になっていたようです。

 

この考え方は、古代のことだけでなく21世紀の現代でも通用させているようです。

 

「小中華思想」という言葉はあまり聞きなれていないと思います。

戦前の日本軍部は「日本はアジアの盟主だ」として、遅れたアジア各国を「指導」して「大東亜共栄圏」を構築しようと破滅への道を突き進みました。

日本軍部の「大東亜共栄圏」構想図

 

いま、一部のウイグルの若者たちに「わがウイグル民族5千年の歴史・・・」という人が増えています。

ウイグルは一般に4世紀から13世紀にかけて中央ユーラシアで活躍したチュルク系民族であり国家です。遊牧ウイグルは西暦850年にキルギスに襲われて滅亡しました。五千年もの歴史があるとはいえません。

彼らの言いたいところは、現在のシベリア南部・モンゴルの北部にかけて人類初の騎馬遊牧民スキタイや匈奴などの有力な騎馬遊牧民が現れましたが、“自分たちは匈奴の末裔だ”と言いたいのかもしれません。言いたい気持ちは理解できますが、少し無理があるようですね。そのスキタイの起源でも紀元前8世紀前後と言われています。

 

この“古ければ良い”あるいは“大きければいし”とする考え方が現在の中国政府の政策の基本になっています。

チベット鉄道をラサまで向かう途中の駅は、仕事で利用する漢族の官僚や幹部・工作員たちを除いては、ごくわずかの地元のチベット人(主として遊牧民が多いのですが)しか利用していません。貧富の差があるからでしょう。

人もあまり乗り降りしないところに、長さ100メートルもの駅舎があります。小さな橋に巨大な橋を架けます。“どうだ、オレはこんな大きなものを造れるんだぞ!”と、数十年前にあったCMソング“大きいことはいいことだ〜!”そのままです。まるではなたれ小僧の言い草です。

 

私が最初に感じた差別と迫害は、「奴隷売買」でした。家族が幸せに村の中やあぜ道などを歩いていると、突然、白人の奴隷商人が襲撃して家族もろとも拉致して売買します。その日を限りに彼らは生涯、妻や夫や子、父母や兄弟姉妹と会えなくなり、手足を鎖でつながれて、はるかアメリカ大陸などに売り飛ばされます。

それがつい最近までこの地球上に存在していたのです。sの考え方が大統領をはじめとして、いまだにその亡霊にしがみついているのです。

 

アフリカにおける奴隷貿易の様子

 

 

米・ミネアポリスのアフリカ系黒人を警官が首を押さえつけて殺害したことに抗議する行動が、アメリカ全土から欧州や世界に広がっています。

5月22日東京の渋谷でも、なんの問題もないクルド人を警官が逮捕しようとして暴行を加えたことに反対する抗議デモが、翌日200人ほどでおこなわれました。

「息ができない」「私たちを殺すのをやめろ」とホワイトハウスの前で

繰り返す人たち(29日、ワシントン)

カリフォルニア州ロサンゼルスでは少なくとも2台のパトカーが燃やされ、

機動隊が抗議者と衝突した(30日、ロサンゼルス)

5月22日、渋谷でクルド人を暴行した様子

 

私たちはこれらの出来事に敏感でなくてはなりません。

人が人として安穏に幸せに暮らせることに、それを阻もうとすることに敏感でなくてはなりません。ましてや権力者が自分の利益のためにマスコミを抱え込んだり、検事を自分の保身のために検事総長にしようとすることなどには、もっともっと怒らなければならないことです。

| シルクロードの光と影 | 11:12 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE