シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 黒人男性殺害に反対する世界各地の運動について、その遠因を探る | main |
▲茵璽蹈奪冓弧世糧達は、侵略と植民地化をもたらした

私は、文明が発達することに異論はないのですが、と、このブログを書き始めようと思ったのですが、別の私の「心」が表題のような“ささやき”をはじめました。

 

アフリカ東部に起こった人類は、生きるために、食べるものを求めるために「出アフリカ」を繰り返しました。

現生人類(ホモ・サピエンス)は何度かの挑戦のあと、アフリカを出てアラビア半島などから世界各地に散らばりました。いわゆる、グレートジャーニーですね。

わたしは、グレートジャーニーこそ、シルクロードを学ぶ者の原点だと思っています。

 

見知らぬ世界や土地・自然などを訪ねて旅をする、ここにシルクロードの本性があると思っています。

現生人類は他の人類と違って種族保存の本能や能力に優れていたのでしょう、他の人類は滅亡していく中でも生き残り、現在に至っています。

そういう意味では、20〜30万年前に出現した現生人類こそ、真の冒険者と言えるでしょう。

 

しかしその後、稲作を発見し、鉄を手にして武器をつくり、それらを発達させていきました。最近に至って文明を手にするに至った人類は、ヨーロッパの狭い土地から広い土地を望むようになりました。

ヨーロッパ世界が他の大陸を発見し、世界の形を変えたのはコロンブスだといわれています。

 

その前にひと言。私たちは教科書などで、世界で初めてアメリカ大陸を発見したのはコロンブスで、初めて世界を一周したのはマゼランだとも教わりました。

ここは注意してお読みいただきたいのです。

アメリカ大陸を世界で初めて発見したのは「コロンブス」で、世界で初めて地球を一周したのが「マゼラン」だという「説」「考え方」「思考」のことです。

ここでいう「世界」とはヨーロッパのことを言うのです。我々のいるアジアやヨーロッパ以外の人たちは、この「世界」に加わっていないのです。

ですから、世界で初めてという言葉は、「ヨーロッパ世界では初めて」というように読むほうが正しいのだと思います。

 

その後、発見されたアメリカ大陸にヨーロッパ各地から「白人」が、新天地を求めて大挙して渡り、アメリカ合衆国という白人主体の国をつくってからは、欧米志向という考え方が形成されてきました。労働力が足りないのでアフリカから黒人を奴隷として強制連行してきたのです。

産業革命を通じて、この欧米が文化的にも軍事的にも人類の最先端を行くようになりました。

 

先進文明を学ぶことは当然のことなのですが、それがあまりにも行き過ぎると、何でも欧米が一番で、それ以外のアジアやアフリカなどは遅れているという考えになっていきます。

 

20年ほど昔のことです。私の職場にいた女性がオーストラリア人と再婚するという話がありました。彼女は私のいた団体の「女性委員会」のメンバーでした。そこへ同じ委員会の女性が事務所へきて、別の女性からその話を聞きました。「うわ〜、素敵ねえ〜、素晴らしいわ〜〜」といいました。じゃあ、再婚相手がアジアのほかの有色人種であったなら、アフリカ系の黒人であったなら、彼女はそのような言い方はしなかったといいます。私は本人に確認しました。すると彼女は「クロンボはイヤよ」です。驚きました。

 

数年前、パリでテロが起こって10数人が殺害された事件がありました。同じ日、シリアで数百人が内戦で殺されました。新聞やテレビはパリの報道でもちきりでした。

これっておかしくないですか?同じ人命なのに・・・・・

 

 

※体力復活のため、毎日、午前と午後にウオーキングやジムへ通っていて、あまり時間が取れません。

 毎日ブログを書くことは難しいのです。ご了承ください。

| コメント | 10:22 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE