シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 「白人優性思考」と「欧米崇拝志向」 | main | 悩み多きシルクロードへの途 >>
息子の子どものこと

きょう、夜中の2時ころから目が覚めて寝られない。いつもそうなのだが・・・・

3時ころ、机に向かってPCを開いた。というのは、息子が「今週、息子に会いに九州へ行く」と言っていたからだ。ついに息子が自分の子どもと23年ぶりに会える。福岡空港へ向かうというF.B.を目にした。

 

詳しい経緯は控えるが、23歳で4歳年上の大学院生と結婚した息子は、やがて男児を得た。しかしその子が3歳のとき、息子が死に瀕しているという電話を、彼の妻になった女性から受けた。「死ぬ勇気もない癖に、今日も自殺を図ったのよ。バカみたい」と言い捨てた彼女に抗議をしてから、翌朝、私は羽田で一番早い便で福岡空港へ向かった。もう20年も前のことか。

 

極度のうつ状態の彼と会ってから保育園へ3歳の孫を迎えに行った。彼から話を聞こうとしてもロクな言葉が返ってこない。しゃべれないのだ。夕刻、息子の車に少しの荷物をまとめて1200劼鯀って狛江の我が家へたどり着いた。それ以来、彼は強度のうつ病で我が家にひっそりと居ついていた。

 

その孫息子が23歳になったという。10日ほど前に、「お母さんのお誕生日祝い」ということで、娘と孫、そして息子夫婦が我が家に集まった。“仲良し家族”が全員集まったのだ。その席で今のお嫁ちゃんからこの話が切り出された(彼女は、あと数年で50歳だが、可愛いのでわたしは「お嫁ちゃん」といっている)。

息子の母親(私の妻ですが)は、「今日の私のお誕生プレゼントで最もうれしいプレゼントよ」と言って涙ぐんでいた。あのかわいい赤ちゃんだった孫息子が、二度と会えないと思っていたお父さんに会えるのだ。

大好きなおじちゃんとおばちゃんと、おばあちゃんのお誕生会での寧音ちゃん

 

 

なんで互いの存在を知りえたかというと、お互いに「何かのアカウントを調べていて知った」という。ここでは、文明の発展がそのような結果を生んだのだろうと思う。

今日は2人で北九州のどこかへドライブをするという。水害が起こっているので・・・と心配している。

 

お互いにどういう顔をするのだろうか、どんな会話をするのだろうか?心配しても仕方がないが、23年ぶりの息子に会える喜びをかみしめながら、うろたえるであろう息子を思うと心が張り裂けそうにもなる。

 

きれいなお嫁ちゃんには、2人の超イケメンの大学生が2人いる。

私たち夫婦は一挙に3人もの男の子が増えたのである。

昨年1月、日比谷のレストランでの結婚を祝う会で。母と2人の息子

私たち夫婦も彼らと会うのが楽しみでした

2人

| コメント | 11:01 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE