シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< ―東トルキスタン共和国政府の成立と崩壊― | main | 東トルキスタンの歴史概況と中国の民族政策 ―イスラームの国際的影響と21世紀―   いわお たかし  2000年9月19日 >>
―東トルキスタン共和国の成立と崩壊―─什能回

 

 

2.桎梏

 

この東トルキスタン共和国が崩壊してから、すでに半世紀以上が経過した。しかし、時間と運動の形態を超越しても、この運動の現在に与えた影響ははかりしれない。東トルキスタンの民族独立運動は、現在のウイグル民族の歴史を貫く太い糸のような存在であり、現代中国にとってきわめて厄介な桎梏となって立ちはだかっているのである。

 

新疆には数十万の人民解放軍が駐屯している。そのほかに、即座に軍隊組織として編成される数十万の「新疆生産建設兵団」がおり、各単位(農民・工場・高校や大学など)には「民兵」も配置されているのである。司法・行政・文化・教育などありとあらゆる諸民族支配の法の網がかぶせられており、中国共産党の支配の構造は、いささかの揺るぎも見せない。

現在の中国の地図と、赤印が新疆ウイグル自治区の位置です。

新疆の南(下)にあたる部分がチベットで、チベットの周囲の多くの場所(青海省の全域はかつてチベット国でした。さらに甘粛省・四川省と雲南省の一部もチベット国を形成していました。

さらに新疆の東(右)に位置している細長い場所が内モンゴルです。それだけで現在の中国の半分かそれ以上の面積を占めることになります。

 

 

しかし、“民族の自決と独立”の声は、新疆・チベット・内モンゴル諸民族の胸に深く刻まれており、欧米各国のチベットの「ダライ・ラマ支持決議」のように世界各国の少なからぬ世論は彼らを支持している。国際情勢は確実に変化しており、21世紀初頭にはこの問題におけるドラスティックな変化が起こることが予測される。

 

現代中国の民族問題をめぐる国際政治を見るうえで、この東トルキスタン共和国の樹立と崩壊を正しく認識・評価することは、多民族国家中国に組み込まれたトルコ系諸民族を理解し、21世紀の中国の未来像を把握する上で、大きな価値があるものと思われる。

 

※この原稿は1998年ころのものです。

 ですから、そのころまでの新疆の状況を反映したものですし、その後の20年余にわたる激動の情勢は反映されていません。

 2020年の現在からみれば、この頃には想像だにできなかった事態になっています。わたしもこの数年は、新疆の地に足を踏み入れていません。おそらく、入国拒否に遭うだろうと思います。

 

私はここで、新疆の独立をのぞむ多くの方がたにメッセージを送りたいと思います。

 

まず、民族の独立ということは、この東トルキスタン共和国の教訓にもあるように、外国の、しかも大国に依存して実施しようとすれば、手痛い裏切りとしっぺ返しを食らうということです。

自主独立の立場で考えることです。

大切なことは、世界中に散らばっている多くのウイグル人が、共通の目標で団結することです。

 

そしてもうひとつは、世界の世論を味方にするには、”暴力はダメだ”ということです。数人か十数人で漢人の警察や軍人を襲撃して殺しても、百万の軍隊には勝てるわけがありませんし、世界の世論はそれを許しません。共通の目標で団結して、ひとつの指導部を形成し、非暴力ですすめること以外に、目的を達成することはできないと思います。

 

「革命は暴力だ!」と言ったのは、まさに毛沢東そのものだったのです。

ガンジーのように、そしてダライラマ14世のように!!!

(完)

 

 

参考文献

 『東トルキスタン共和国研究』中国のイスラムと民族問題 王柯著 東京大学出版会刊

 『研究誌 季刊中国』一九九八年冬号「シルクロード―中国・西域の歴史と少数民族」   野口信彦著 日中友好協会刊

 同二〇〇〇年冬号「イスラム教の動向と中国の民族問題」野口信彦著 日中友好協会刊

| シルクロードの光と影 | 07:09 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE