シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 東トルキスタンの歴史概況と中国の民族政策  ―イスラームの国際的影響と21世紀― | main | 東トルキスタンの歴史概況と中国の民族政策 ―イスラームの国際的影響と21世紀― >>
東トルキスタンの歴史概況と中国の民族政策 ―イスラームの国際的影響と21世紀―

   21世紀に強引に進められるグロ―バル・スタンダード化の波に抗して、イスラームがどんな動きを進めるのか、私たち自身がその潮流の中に身を置いて流されながらも、見聞きしたイスラームを軸に世界を考えなければならない時代が確実にきていることを実感している。

 21世紀、日本はこのイスラームにいかに対応していくのか。日本と日本人に課せられた最も大きな課題の1つであろう。

エアーズロック

 

2000年9月、平和と民族の祭典・オリンピックゲームがオーストラリアで行なわれた。その開会式は、かつての白豪主義・差別から脱却しようとたたかっている先住民のアボリジニとオーストラリアの歴史をひもとく内容と構成になっていた。そして、アボリジニの聖地・巨大な岩エアーズロックのウルルから3か月余の長旅を終えた聖火のスタジアム内のリレーはすべて6人の女性であり、最後の点火はアボリジニの女性陸上選手のキャシー・フリーマンさんであった。そして、韓国と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)選手団がともに手を取り合っての入場行進があった。平和と民族融合そして女性の進出を象徴するこのシーンは世界の多くの人びとの胸を打った。

キャシー・フリーマン

 

 まもなく21世紀を迎える中国はアジア全体の景気失速の影響をもろに受けており、ますます拡大する貧富の差、失業と農民の生活苦そして盲流、環境・自然破壊そして民主主義と人権問題などがよりいっそう深刻になっていくことが予測される。しかし、それ以上にチベットや新疆における問題が今まで以上に大きく浮上してくることは容易に予測できることである。中国10数億のなかでいわゆる「少数民族」の人口は1割弱の約9千万人である。

 

ただし、「少数民族」という表現は正しくない。この用語は現在の中国の支配民族である漢民族の中華思想による表現であり、多数民族である漢民族以外の諸民族を比較して少数民族と称しているのである。ほんらい、それぞれの固有の民族名称を使用すべきである。日本は大いに中華思想で固まっているので(これを小中華思想という)、無意識に少数民族という言い方を使用している。

また逆の考え方として、「我がウイグル民族は5千年の歴史を有し・・・」といったり、同じ新疆の他の民族を蔑視するような傾向がある。「オレの家ではカザフ人を小間使いで使っている・・・」などのたぐいが最近顕著になっている。反面教師である。

 

 中国における民族問題は現在、少なくともいくつかの点で軽視できない重要な問題が存在している。チベット、新疆などにおける各民族の分離・独立の動きが一向に沈静化しない。弾圧されても屈しないという運動の底深いエネルギーがどこからもたらされてくるのか。中国に存在する諸民族の多くは、ここ20年間の急激な経済・社会・文化の各分野での漢民族化に反対する動きはもとより、中国共産党が政権を獲得して以来、いや匈奴、突厥の昔から漢民族との熾烈な闘いのもとで、みずからの生存の歴史、文化と誇りが脅かされるとの危機感をつのらせている。その主要な原因は、中国共産党による「民族区域自治」政策であり、その政策にのっとって執行されている“民族の識別”工作であることは論を待たないであろう。

 

 新疆ウイグル自治区――豊富な地下資源を沿海部の改革開放のために供給する役割を担わされている状況と、漢民族による絶えまない各民族にたいする抑圧と支配の構造から脱しようとするウイグル、カザフ、回など各民族による分離・独立への希求はとどまるところを知らない。彼らのその思想・運動の拠ってきたるところは、1940年代に東トルキスタンを震撼させた三区革命=東トルキスタン共和国革命政府の樹立とソ連、中国などの国際政治に翻弄された結果としての革命政府の崩壊であった。

 

また、ウイグル民族などによる分離・独立の政治的・歴史的根拠を、国際世論によって合意を形成できる根拠をどこに求めるのかという問題も一つの重要な課題になっているのである。

| イスラーム関連 | 09:26 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE