シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
ある歴史教育教師の手紙 朝鮮通信使ものがたり−8

「朝鮮通信使と下関」について、豊浦高校の生徒が下関で発表会を実施

 

現在、全国的な歴史教育のメーリングリストがあります。私は以前からそのメンバーでしたが、山口県の磯辺さんという方からのメールに、奇しくも山口県で行われた「朝鮮通信使」関連がNHKで放映されたというものがありました。

このNHKのニュースは、私は相撲を見ていてチャンネルを回していたので数秒しか見ることができませんでした。下記にご紹介します。

 

 

皆さん、こんばんは。山口の磯部です。

夕方のNHKニュース【山口ローカル】で標記の会の様子が流れました。生徒にとってはよい励みになったのかなと思います。

自分のインタヴューもとったんだけど、編集の都合ですみませんと電話がかかってきた。あまりよいコメントではなかったので正直なところは助かったと思った。

ニュースにはちらっと映っていたからいいですというところです。

 

滋賀県での夏の発表を地元でもしたらということで進めた企画でしたが、参加者の反応はとてもよいものでした。

・高校生が地元の歴史について調べて発表するのはとてもよいことだ。

・自分たちの知らないことを若い人から教えてもらいとてもよかった。

等々

生徒は、

・下関について改めて知ることが出来てよかった。

・歴史に対する興味関心が高まった。

等々

朝鮮学校の先生方も来られていて、どういうところを見学に行くと良いですか、相互の交流が深まっていくとよいですねと。

 

下関は、朝鮮半島の問題に関して、近いからかとても難しい面があります。

昨夜、卒業生と飲んでいて、市役所に務める者から、朝鮮通信使ってとても良いものだと思うけど、朝鮮の事ってすぐに色々な投書が来る(批判的なもの、県外からもたくさん)ので難しいですと。

更に、下関って色々地方創生に使えそうな歴史的なものがたくさんあるけど、結局活かす事が出来ないと。山口県もと。下関の人たちの間では、色々なところで維新関係など活かさなきゃという声は上がりますが、実際はそうすることのできる人材がいないと。朝鮮通信使にしても、明治維新にしても、ちゃんと学んで活用できるとよいのですが。

 

今日の会で、在日の方や、朝鮮学校の方からは、朝鮮通信使の精神にたって、現代の問題として、相互の交流を若い人たちが進めて欲しいと言われていたし、自分もその通りだと思うが、実際はかなり高い壁があるように思う。色々なところから変えていくしかないんだとは思うが。

 

高校生による地域と世界のつながりを学ぶ活動はとても意味のある、市民を巻き込める活動だと思う。地域創生みたいなことにもつながると思うし、豊浦の郷土研究班、開店休業にならないようにがんばってもらいたいものです。

 

 

磯辺さま

 

はじめてメールします。

みなさまのメーリングリストは数年前から拝見していますが、メールをするのは初めてです。

数年前に、最近皆さまが発刊された本の執筆を依頼されましたが、その任にあらずとお断りしたことがあります。

 

私は東京在住の野口信彦と申します。

「日本シルクロード文化センター」という小さいですが、国際的な規模のサークルの代表をしています。

実は、私もシルクロードという視点から、中央ユーラシアにおける文明の交流について研究しています。

それには日本と最も身近な朝鮮との文明の交流を調べてみたいと思っていました

10数年前には、対馬・壱岐へ行って研究もしました。

先日、日朝協会都連理事長をしている親友のお誘いで、埼玉県の「川越唐人揃い」へ行ってきました。

その模様を当団体のホームページのブログに掲載中ですので、お知らせしたいと思い、メールしました。

念のため、まだ途中ですが執筆中の原稿を添付しました。

 

きのうのNHKニュースは、そちらのことが放映されていたのですが、チャンネルを回すのが遅かったため数秒で終わってしまいました。

突然のメールで大変失礼しました。 野口信彦

 

 

 

 

 

 

 

 

| 歴史 | 08:43 | comments(0) | - |
朝鮮通信使ものがたり−7  宣教師たちの犯罪

・スペインの「無敵艦隊」

・戦闘指揮に慣れたスペイン・ポルトガルの将校団

・日常的に戦闘訓練を行っている日本の武士。

この三者をまとめれば明の攻略も夢ではない、と思ったのでしょう。

 

天正遣欧少年使節団がローマに行ったのはご存知だと思います。孫引きですが、徳富蘇峰の本に書いてあったという人の話を聞きました。

大砲や鉄砲や弾薬を大量に欲していた各大名たちの要請にこたえて、その代償に若い女を求めていたヨーロッパは、宣教師たちやスペイン・ポルトガルなどを通して、多くの日本の女たちを、この天正遣欧少年使節団が乗船した船の底に詰め込んでいたとのことです。

1586年にドイツのアウグスブルグで印刷された、天正遣欧使節の肖像画。

タイトルには「日本島からのニュース」と書かれている。京都大学図書館蔵

徳富蘇峰(1863〜1957年)

蘇峰學人書齋

 

このかどわかされた女性たちの人数は5000名ともいわれますが、まさか! ゼロを1つ取ったとしても500人。2つとっても50人。ともかく、各大名が自分の領地から強制的に差し出したのでしょう。ひどい話です。

彼女たちはインドやアフリカでも売られて、ヨーロッパにも連れていかれたようですが、その後のことは誰も何もわかっていません。

 

スペインの兵士や水兵たちは思うままに女たちを凌辱していたとのおぞましい姿を帰国後、少年たちが報告しているという話もあります。真偽のほどは分かりませんが、ない話ではないでしょう。どなたか徳富蘇峰の膨大な著書を調べてみてくださいませんか?私にはその術はありません。

 

さらに「島原の乱」では、「踏み絵」や張りつけなど、当時のキリシタンに加えられた弾圧のひどさばかりが言われてます。徳川幕府の弾圧に抗してキリシタンたちが決起して、この乱を起こした悲劇ということになっています。

 

しかし、宣教師たちが、母国スペインの地球戦略を踏まえた行動としてみれば、島原の乱も、スペインのこの戦略の一環としてみると、まったく違った結論になるのではないでしょうか?

いたずらにスペインなど外国勢力を日本に引き入れて、外国の植民地にしようとしたことにたいする判断と、それをもくろんだ九州・四国の大名たちや許さないという判断をしたのでしょう。

 

純粋にキリストを信じて反乱を起こした農民たちは別でしょうが、職を失ってアテもなくなって食い詰めた元武士たちは“必ずローマかスペインから救援部隊が来ると信じて”カネと仕事を求めて抵抗をしたのだと思います。何もかも悲劇と美談で包まれている“島原の乱”も、そのような舞台装置があったと思うと、戦慄すべきことだとは思いませんか?

それとも、これまで通りの教科書を信じますか?

 

秀吉がなぜ、褒賞を与える保障もない朝鮮への出兵を強行したのでしょうか。

スペインがなぜ、手がかりもあまりない明を攻撃しようとしたのでしょうか?

すべてを、なにもかも悲劇の話、にするのでなく、また、“ヨーロッパは良いことをして、秀吉や家康は悪者だ”という図式をうのみにしていいのでしょうか?

 

朝鮮からヨーロッパへ話が飛びましたが、そんなことをも考えてしまいした。

 

宣教師フランシスコ・ザビエル

籠城して戦った原城址

天草四郎時貞

 

 

 

| シルクロード | 05:33 | comments(0) | - |
朝鮮通信使ものがたり−6 秀吉の気概とスペインの無敵艦隊

 

さあ、それでは秀吉の時代のもう一つの物語りを少し詳しく見てみましょう。

 

秀吉は明の征服をもくろんで、手始めに朝鮮を討とうとしましたが、みじめな失敗に終わりました。所詮、道理のない侵略行動だったからでしょう。

 

しかし、この事件を当時の国際情勢全体から見ると、このたたかいは、豊臣秀吉が主導する遠征軍と、明とその属国である李氏朝鮮の軍との間で朝鮮半島を舞台にして戦われた国際戦争で、16世紀における世界最大の戦争であったと言えるでしょう。これを利用しようとした外国勢力がいました。

スペインです

スペインのフエリペ国王

 

旧植民地主義国の雄であったスペインは、中南米を植民地とし、アフリカ、アジア各地も支配していました。そして次に狙ったのが明の中国でした。ここに秀吉の戦略が見えて来て、合作をはかったのです。

 

この時代、スペインによってまだ征服されていなかった国は、東アジアでは、明(朝鮮半島含む)と日本のみとなっていたのです。  

ポルトガル王のジョアン3世の依頼でイエズス会からフランシスコ・ザビエルらの宣教師を日本へ派遣して、主として九州・四国の大名らをキリスト教に改宗させました。

ポルトガルの貴族出身だったザビエル

 

ポルトガルは1510年にインドのゴアを武力占領してアジア進出の拠点とし、さらに翌年にマラッカ王国を占領して南シナ海に進出、中国との接触を開始した。明朝の北京での交渉は失敗し、ようやく1557年にマカオ(澳門)に居留を認められたとされている。

以後、ポルトガルはマカオを拠点として中国、さらに日本との交易を行っていった。マカオのポルトガル商人には公式な交易以外にも密貿易で利益を上げようとする者も多く、そのうちの一部は中国人のジャンク船に乗って漂流して1543年(1542年ともいう)に種子島に漂着し、日本に鉄砲を伝えた。これが契機となって、ポルトガルは日本との南蛮貿易を開始する。その後もマカオは、インドのゴア、マレー半島のマラッカとともにポルトガルのアジア貿易の拠点として繁栄した。またイエズス会のアジア布教の拠点ともなった。(トメ・ピレス著『東方諸国記』岩波書店)より

 

スペイン国王は、まず宣教師を派遣し、キリシタンが増えると、次は軍隊を送り、信者に内応させて、その伝道地の国土を征服するから、世界中にわたって領土を占領できたのです。

スペインが、日本に最初にやってきたのは、天文18(1549)年のことでした。尖兵はフランシスコ・ザビエルの宣教師「部隊」でした。

 

当時のスペイン宣教師とは表向きはキリスト教の伝道ですが、裏では立派な軍事組織を抱えていました。当時のアジアの拠点はマカオでした。キリスト教の伝道と見せかけ、それぞれの国民に受け入れられやすそうな調子の良いことを言っては改宗させ、頃合いを見計らって軍隊を送り込み、人民の殺戮や財宝の強奪、植民地占領などを行っていたのです。

マカオの聖母聖誕司教座堂

2016年の李斌生司教

| 古代朝鮮の歴史 | 04:50 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE