シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
▲茵璽蹈奪冓弧世糧達は、侵略と植民地化をもたらした

私は、文明が発達することに異論はないのですが、と、このブログを書き始めようと思ったのですが、別の私の「心」が表題のような“ささやき”をはじめました。

 

アフリカ東部に起こった人類は、生きるために、食べるものを求めるために「出アフリカ」を繰り返しました。

現生人類(ホモ・サピエンス)は何度かの挑戦のあと、アフリカを出てアラビア半島などから世界各地に散らばりました。いわゆる、グレートジャーニーですね。

わたしは、グレートジャーニーこそ、シルクロードを学ぶ者の原点だと思っています。

 

見知らぬ世界や土地・自然などを訪ねて旅をする、ここにシルクロードの本性があると思っています。

現生人類は他の人類と違って種族保存の本能や能力に優れていたのでしょう、他の人類は滅亡していく中でも生き残り、現在に至っています。

そういう意味では、20〜30万年前に出現した現生人類こそ、真の冒険者と言えるでしょう。

 

しかしその後、稲作を発見し、鉄を手にして武器をつくり、それらを発達させていきました。最近に至って文明を手にするに至った人類は、ヨーロッパの狭い土地から広い土地を望むようになりました。

ヨーロッパ世界が他の大陸を発見し、世界の形を変えたのはコロンブスだといわれています。

 

その前にひと言。私たちは教科書などで、世界で初めてアメリカ大陸を発見したのはコロンブスで、初めて世界を一周したのはマゼランだとも教わりました。

ここは注意してお読みいただきたいのです。

アメリカ大陸を世界で初めて発見したのは「コロンブス」で、世界で初めて地球を一周したのが「マゼラン」だという「説」「考え方」「思考」のことです。

ここでいう「世界」とはヨーロッパのことを言うのです。我々のいるアジアやヨーロッパ以外の人たちは、この「世界」に加わっていないのです。

ですから、世界で初めてという言葉は、「ヨーロッパ世界では初めて」というように読むほうが正しいのだと思います。

 

その後、発見されたアメリカ大陸にヨーロッパ各地から「白人」が、新天地を求めて大挙して渡り、アメリカ合衆国という白人主体の国をつくってからは、欧米志向という考え方が形成されてきました。労働力が足りないのでアフリカから黒人を奴隷として強制連行してきたのです。

産業革命を通じて、この欧米が文化的にも軍事的にも人類の最先端を行くようになりました。

 

先進文明を学ぶことは当然のことなのですが、それがあまりにも行き過ぎると、何でも欧米が一番で、それ以外のアジアやアフリカなどは遅れているという考えになっていきます。

 

20年ほど昔のことです。私の職場にいた女性がオーストラリア人と再婚するという話がありました。彼女は私のいた団体の「女性委員会」のメンバーでした。そこへ同じ委員会の女性が事務所へきて、別の女性からその話を聞きました。「うわ〜、素敵ねえ〜、素晴らしいわ〜〜」といいました。じゃあ、再婚相手がアジアのほかの有色人種であったなら、アフリカ系の黒人であったなら、彼女はそのような言い方はしなかったといいます。私は本人に確認しました。すると彼女は「クロンボはイヤよ」です。驚きました。

 

数年前、パリでテロが起こって10数人が殺害された事件がありました。同じ日、シリアで数百人が内戦で殺されました。新聞やテレビはパリの報道でもちきりでした。

これっておかしくないですか?同じ人命なのに・・・・・

 

 

※体力復活のため、毎日、午前と午後にウオーキングやジムへ通っていて、あまり時間が取れません。

 毎日ブログを書くことは難しいのです。ご了承ください。

| コメント | 10:22 | comments(0) | - |
黒人男性殺害に反対する世界各地の運動について、その遠因を探る

かつて、ヨーロッパによる世界各地への探検は、押しなべて領土拡大を目的とした侵略活動が目的であり、植民地化や奴隷売買が目的になっていました。

 

6月2日のブログで私が書きたかったことは、わたしがなぜシルクロードを勉強することになったかについて言いたかったのです。それが尻切れトンボになっていました。

これは少し書き続けたいと思います。

 

私の体験です。

明治・大正と昭和を生きた私の母は関東大震災を深川で経験していました。

1923年(大正12年)9月1日の駿河湾沖で起こった巨大地震は次第に北上して10分間以上も揺れ続けました。母のいうことには「道の両側の大きな木が揺れて刷毛(ハケ)で道を掃くように揺れ続けていた」といいます。死者は10万人以上。

震災直後、地元の消防団や自警団などが警察や軍人に指導されて”朝鮮人が井戸に毒をまいたゾ〜〜“と言いながら朝鮮人を見かけ次第、竹やり、日本刀や金づちなどで殺しまわっていたといいます。

 

そこへ18歳くらいの兄と16歳くらいの妹が、両親が殺されたあと、自分たちも殺される危険を感じて、我が家に飛び込んできて助けを求めたと言います。

父母や我が家で働いていた者たちは、彼らが家から出ないように気を配り、自警団などが来ても我が家を探させないようにしていたといいます。しかし、兄妹はあまりの恐怖のために、3〜4日後になって、とうとう我が家から飛び出してしまったそうです。

 

2人は100メートルも行かないいちに捕まってしまい、その場で斬り殺されてしまったと言います。いつも母は、この話になると涙を流しながら話します。「お兄ちゃんも妹もお人形さんのようにかわいい顔をしていた」と言っては泣いていました。私が小学生のころから、戦争の話とともに、その話は数えきれないほど聞かされました。母は幼い兄と私に「人間は肌の色が黒くても赤くても、どこの国で生まれても、みんな同じ人間なんだから、決して差別していけないよ」と繰り返し言い聞かせていました。もう一つ言い聞かせられたことは「決して人様のものに手を出してはいけないよ」ということでした。父が入退院を繰り返して不在だったので、このしつけには人一倍気を使っていたようです。

 

私と妻が今年2月にアフリカ南部の旅に出たのは、“まだ行ったことのない国アフリカへ行ってみたい”という理由とともに“アフリカから奴隷として捕まってアメリカや世界各地へ連れていかれた、そのアフリカへいってみたい”という気持ちもあったのです。

 

アメリカでアフリカ系の男性が警官に殺されて事件は次第に大きな輪になってアメリカ全土からヨーロッパ各地、世界各地での抗議行動に広がりつつあります。米軍の正規軍を出動させて弾圧しようとしたトランプ大統領も、選挙戦の見通しはだいぶ暗くなりつつあるようです。

「息ができない」「私たちを殺すのをやめろ」とホワイトハウスの前で

繰り返す人たち(29日、ワシントン)

ジョージ・フロイドさんの追悼場所でひざをつき、こぶしを掲げる男性。このポーズは人種差別への抗議を意味するものとして、長年使われてきた

抗議する人びと

 

この事件に関連して、この数日の新聞・テレビでは、歴史的に著名な探検家や奴隷商人あるいは大会社の経営者あるいはベルギーの元国王まで批判され銅像などが引き倒されている模様が報じられています。

「海のシルクロード」関連では、なんといってもバスコ・ダ・ガマが筆頭にあげられ、コロンブスもあげられるでしょう。

 

アフリカ関連では、海路はバスコ・ダ・ガマと航海王子、陸ではリビングストンがあげられるでしょう。彼らの冒険行や陸路の探検活動から奴隷商人や一獲千金を夢見て大会社を経営し、奴隷をこき使う資本家が生まれて行ったのですから。

考えなければならないのは、これまで日本ではこれらのことが、単なる探検に成功した“偉人の物語”として学校でも教えられてきたことです。

| 歴史 | 16:17 | comments(0) | - |
差別、その忌まわしき加害の人の業・劫・傲・拷

今朝、朝食を食べながら“自粛も解除されて、そろそろシルクロード講座再スタートだな”と思い受かべながら“自分がシルクロードを学んだきっかけは何だったのだろうか”などとあれこれ考えていました。

 

「中華思想と小中華思想」「有色人種差別」「体の障害を原因とした差別」など、数え上げれば数限りなく存在しています。毎日報道されるテレビや新聞などにはその類のニュースが踊り狂うように報道されています。

 

黄土高原の中心地にいるというだけで、“すぐれた漢族”と自認し、その周囲は「東夷・西戎・南蛮・北狄」などのような、さげすむべき昆虫や害獣などのように言いあらわされます。

日本民族などは、さしづめ立派な“東夷”になっていたようです。

 

この考え方は、古代のことだけでなく21世紀の現代でも通用させているようです。

 

「小中華思想」という言葉はあまり聞きなれていないと思います。

戦前の日本軍部は「日本はアジアの盟主だ」として、遅れたアジア各国を「指導」して「大東亜共栄圏」を構築しようと破滅への道を突き進みました。

日本軍部の「大東亜共栄圏」構想図

 

いま、一部のウイグルの若者たちに「わがウイグル民族5千年の歴史・・・」という人が増えています。

ウイグルは一般に4世紀から13世紀にかけて中央ユーラシアで活躍したチュルク系民族であり国家です。遊牧ウイグルは西暦850年にキルギスに襲われて滅亡しました。五千年もの歴史があるとはいえません。

彼らの言いたいところは、現在のシベリア南部・モンゴルの北部にかけて人類初の騎馬遊牧民スキタイや匈奴などの有力な騎馬遊牧民が現れましたが、“自分たちは匈奴の末裔だ”と言いたいのかもしれません。言いたい気持ちは理解できますが、少し無理があるようですね。そのスキタイの起源でも紀元前8世紀前後と言われています。

 

この“古ければ良い”あるいは“大きければいし”とする考え方が現在の中国政府の政策の基本になっています。

チベット鉄道をラサまで向かう途中の駅は、仕事で利用する漢族の官僚や幹部・工作員たちを除いては、ごくわずかの地元のチベット人(主として遊牧民が多いのですが)しか利用していません。貧富の差があるからでしょう。

人もあまり乗り降りしないところに、長さ100メートルもの駅舎があります。小さな橋に巨大な橋を架けます。“どうだ、オレはこんな大きなものを造れるんだぞ!”と、数十年前にあったCMソング“大きいことはいいことだ〜!”そのままです。まるではなたれ小僧の言い草です。

 

私が最初に感じた差別と迫害は、「奴隷売買」でした。家族が幸せに村の中やあぜ道などを歩いていると、突然、白人の奴隷商人が襲撃して家族もろとも拉致して売買します。その日を限りに彼らは生涯、妻や夫や子、父母や兄弟姉妹と会えなくなり、手足を鎖でつながれて、はるかアメリカ大陸などに売り飛ばされます。

それがつい最近までこの地球上に存在していたのです。sの考え方が大統領をはじめとして、いまだにその亡霊にしがみついているのです。

 

アフリカにおける奴隷貿易の様子

 

 

米・ミネアポリスのアフリカ系黒人を警官が首を押さえつけて殺害したことに抗議する行動が、アメリカ全土から欧州や世界に広がっています。

5月22日東京の渋谷でも、なんの問題もないクルド人を警官が逮捕しようとして暴行を加えたことに反対する抗議デモが、翌日200人ほどでおこなわれました。

「息ができない」「私たちを殺すのをやめろ」とホワイトハウスの前で

繰り返す人たち(29日、ワシントン)

カリフォルニア州ロサンゼルスでは少なくとも2台のパトカーが燃やされ、

機動隊が抗議者と衝突した(30日、ロサンゼルス)

5月22日、渋谷でクルド人を暴行した様子

 

私たちはこれらの出来事に敏感でなくてはなりません。

人が人として安穏に幸せに暮らせることに、それを阻もうとすることに敏感でなくてはなりません。ましてや権力者が自分の利益のためにマスコミを抱え込んだり、検事を自分の保身のために検事総長にしようとすることなどには、もっともっと怒らなければならないことです。

| シルクロードの光と影 | 11:12 | comments(0) | - |
WHOからブルーインパルス

アメリカのトランプ大統領が29日、WHO(世界保健機構)との関係を断絶すると表明しました。

新型コロナウイルスの収束に向けて国際社会が一致して協力し合うことが不可欠な今、これは世界各地から批判されるべきことです。

 

WHOの活動に批判があるならば、WHOの一員として批判し、是正していくべきなのですが、彼には、世界がどうなろうとも秋の大統領選に勝つことしか考えていないのでしょう。トランプは同時に、中国の全人大で「国家安全法」を香港へも導入することを決めたことに関して、香港に対する優遇措置を撤廃する手続きを始めると発表しました。

 

これは全く困ったことですが、アメリカの中央情報局(CIA)を経由した、ヴォイス・オブ・チャイナとヴォイス・オブ・チベットがあります。この双方の地における中国当局の弾圧や政策を暴露して、世界に訴える役割を持っているのですが、これを理解し、まわりに説明するのに困っています・・・

ウイグル人やチベット人にしてみれば、“敵の敵は友人”だというのでしょうが、ハテサテ・・・

 

「困っています」と書きましたが。こう考えればいいのだと思います。CIAは世界に名だたるスパイ組織です。その情報をもとに世界の各地で政権を転覆させたり、反乱分子や軍部にクーデターを起こさせるなど悪逆の限りを尽くしてきました。一方で自由の女神に象徴されるように、自由と民主主義を標榜している国ですから、ウイグルやチベットの人びとに心を寄せてその戦いを世界に知らせていく、と、これは褒めすぎですかねェ〜〜。ともかくウイグル人やチベット人が大いに助かっていることは確かなようです。

 

きのうかおとといのテレビで、チベットにおける「パンチェン・ラマの転生」が放映されていました。これも説明することが難しいので、困っています。

21世紀の今、科学を無視して、唯神論の立場で世の中を判断することは非科学的なものだということは重々承知しているのですが、チベットの人びとが定めたダライ・ラマやパンチェン・ラマの継承方法を、他人があれこれあげつらう必要はないものとも考えています。

 

数十年前、山仲間たちとチベットのラサから聖なる山カイラスに向かう旅の途中、夕食時のテントに入り込んできた小さな虫や蚊のようなものを、手をはたいてつぶそうとする日本人に対して、ドライバーたちは「いけません。この蚊は前世、人間だったかもしれないですから・・・」と言われて驚いたことがあります。

チベットの首都ラサの中心的な寺・ジョカン寺で五体投地をするチベット人

同上

 

前夜、そのような出来事があった次の日、ランクルが小さな川を渡渉するとき、上流からたくさんの魚が流されてきました。すると驚いたことにドライバーたちは、次々と車から飛び降りて、それぞれ木や棒を拾って叩きつけながら魚を取り始めたのです。その日の夕食はおいしい焼き魚だったのですが、前夜の彼らの話は一体、何だったのだろうかと思ったものです。

 

「山川出版」が2010年(1版3刷)に発行した『中央ユーラシア史』小松久男著 では、チベット学の権威である石濱裕美子さん(早稲田大学教授)が「チベット仏教と王権」でこう書いています。

ジョカン寺の修復作業に無償動員された市民たち。

そのまなざしには中国の権力者たちへの怒りが込められていました。

ただ、作業をしながらの彼女たちの歌声は、天使のような歌声でした。

 

 

転生は地獄・畜生・餓鬼・天・人・阿修羅という「六つの生存領域=六道輪廻=りくどうりんね」のなかでおこなわれ、悪い行為を積めば、地獄・畜生・餓鬼などの悪しき境涯(悪趣=あくしゅ)に堕し、善い行いを積めば、天・人・阿修羅などの善い境涯(善い趣)に生をうけることができる。また始まりのない昔から繰り返されてきた輪廻は、すでに命あるものを、かつての父、母、子として関係づけるため、仏教徒はすべての命あるものにたいして慈しみと憐れみ(慈悲)の心をもつことが要請される。

彼女は5月30日のテレビでも、“素朴な”質問に終始、困った顔で渋々、回答していたのが印象的でした。たぶん“こうやって説明しても理解されないだろうな”と思いながらでしょう。

おわかりになりましたでしょうか。私は3分の1くらい理解できましたが・・・

ダライラマのいたポタラ宮。かつて5000人ほどいた僧侶たちは

15年ほど前では「チベット人の僧侶は12人だけで、

あとは中国の若い兵士が変装している」とのことでした。

 

23年前のカイラスへの旅は、毎日、このようなスタックが10回以上繰り返された

チベットのある部族の青年たち。彼らの親の代までは、旅人を捕まえて

強盗・殺人・レイプなどをし放題でしたが「1年に1度、仏さまにお祈りすれば

罪は消える」と豪語するものもいたといいます。

 

きのうブルーインパルスが20分ほど東京上空を乱舞しました。「コロナで困っているときに、無駄な税金を使ってそんなことをするものではない」との批判が多かったですね。子どものころから飛行機が好きだった私と、今プロの航空写真家として生きていて、ドローンを生業としている息子は別の考えです。息子は「左の人は批判しているけれど、見て感動できるものの美しいものは美しい」と言っています。

 

私は?ちょっとコメントを考えています。きょうには間に合わないと思いますが・・・

| シルクロードの光と影 | 16:52 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE