シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
7月13日は、林俊雄先生の「遊牧国家とは何か?―匈奴を例として―」の講座です

少し早いですが、7月のシルクロード講座のご案内です。

 

下の表示は、日本シルクロード文化センター会員やシルクロード講座の常連の方がたに送っている内容です。

わが事務局長が毎月、作成してくれます。

私はこのうちのはがき大のものを利用して、主に会員でない友人たちに送っています。

PC技術が下手なもので、表示の中の写真部分を出すことができませんが、それは当日のお楽しみに・・・・

 

5月の講座で林先生のお話を伺ったのですが、この講座には過去最高ともいえるほどの多数の聴講者が参加されました。

これに味を占めたわけではありませんが、私自身が林先生のお話をいつも聞かせていただいてきたので、その喜びを皆さんと共有したいと思っただけです。

 

今回は初めてのことでしたが、林先生から事務局にアンケートが来て、騎馬遊牧民の歴史がいいか、考古学的なものがいいか、など三択を迫られました。

私たちのクラブは、主に歴史的なことを主に学んできましたから、全員が下記のような内容を選択しました。

また、多くの関心ある方がたのご参加を呼びかけます。

 

2019年6月18日 野口信彦

 

日本シルクロード文化センター主催
シルクロード講座のお誘い

シルクロードの歴史に興味をお持ちの方、シルクロードを旅したいと思っている方、
日本シルクロード文化センターでは、毎月1回シルクロード講座を開催しております。
ラクダに乗った隊商が沙漠を行き交うというイメージとはひと味違う、シルクロード諸民族の歴史、現代シルクロードの真実をともに学び、そこに住む人々の生活や文化を楽しみませんか。 どうぞお気軽にご参加ください。

                  -->

第104回:2019年7月13日(土)13:00〜16:00 みんなの広場

シルクロード講座

「遊牧国家とは何か?―匈奴を例として―

 

講師:林俊雄(創価大学名誉教授・東洋文庫研究員)  

第102回の講座が好評で、その場で7月にもう一度林先生に話していただく事になりました。

<要旨>
匈奴以降モンゴル高原に興った遊牧国家は、南の大国、中国と比べると経済力・人口の点で圧倒的に劣っていた。
それにもかかわらず、なぜそれらの遊牧国家は中国と互角に対抗し、ときには中国をしのぐほどにまで強大な勢力となったのか。
それらの最初に興った匈奴を例として、その国家体制、社会制度、軍事組織、経済構造、風俗習慣、宗教観念などを明らかにする。
使う資料は主として漢文史料(史記と漢書)だが、考古学資料も併用する。

   

 http://silkroad-j.lomo.jp/kouza/image/20190713-1.jpg
http://silkroad-j.lomo.jp/kouza/image/20190713-2.jpg

四重の土塁と壕で囲まれた匈奴時代のイヴォルガ集落址。 ロシア連邦ブリャーチア共和国の首都ウラン・ウデの中心から南西へ11km、セレンゲ川の旧河床の西岸にある。

後半は質問と交流の時間です。

 参加費:1,000
 場所:みんなの広場」(小田急線和泉多摩川駅徒歩5分)
 東京都狛江市東和泉2-20-12
えのき2番館 1F

地図はこちら

<問合せ・申込み> 野口まで 電話:03−3480−4478 携帯:080−5483−6740
E-mail:silkroad_japan(a)silkroad-j.lomo.jp

| 遊牧騎馬民族 | 10:31 | comments(0) | - |
八甲田へ行ってきます

多忙のため、なかなかブログを書く時間と精神的余裕がありません。

八甲田山のブナ林を見てきて、心機一転を図ってきます。

 

野口

| コメント | 04:03 | comments(1) | - |
ウズベクの暮らしとドゥタールと歌声と

 

講座のようす6月8日の第103回シルクロード講座は、ウズベキスタンの伝統楽器ドゥタール奏者の駒崎万集さんのお話と演奏でした。

 

青年海外協力隊としてウズベキスタンのブハラで2年暮らした駒崎さんが見たもの、食べ物、スザニやアドラス織り、青い陶器などの伝統工芸品、人々の暮らし、おまつり、衣裳、お薦めの街や、お店などたくさんの写真を駆使して話して下さいました。

生地は絹
伝統工芸品スザニのクッションカバー、生地は絹。刺繍が素晴らしい。
スカーフ
アトラス織りのスカーフ
アドラスを使った素敵なデザインの上着
アトラスを使った素敵なデザインの上着

 

音楽教師としての苦労や、子どもたちの様子も興味深く見せてもらいました。

楽器がないので鍵盤用紙で練習
楽器がないので鍵盤用紙で練習
音楽を教えた子どもたち
音楽を教えた子どもたち。制服は女の子は青い服に白いエプロン。頭には白い花の髪飾り。
それさえ守れば服のデザインも色あいも、エプロンの形も様々。男の子は白いワイシャツ。
お祭りにはみんなおしゃれ
お祭りにはみんなおしゃれに着飾って。オリジナリティがすごい。
子どもたちは音の高低が分からないので、作った教材

音楽
・歌は強い。歌の力。
・音楽で大切なことは世界中で変わらない。
・文化を理解する、理解している事を示せる。
・現地では古いものでも、私にとっては新しい!→相手にとっても同じ。

 

ウズベキスタンのよい所
・細かいことを気にしない
・レディファースト
・優先席がない(そんなものなくても必要な人にさっと譲ってくれる)
・みんなマイペース
・民族衣裳が素敵
・食べ物は美味しい(油はすごいけど)
・安全
・日本が好き
・文化、歴史が濃い、深い
・家族第一

 

観光客ではなく、実際に暮らし、人々に接してきてのウズベク人観は、とてもおもしろく、なんとなく遠い国だったウズベキスタンが身近に感じられ、観光旅行でない時間を過ごしてみたいと思いました。

 

 

ドゥタールを弾きながらの歌声に魅了されました。 駒崎さんはウズベキスタン滞在中に、伝統楽器ドゥタールに魅せられ、習得。日本に帰ってきてからも腕を磨き、本格的に演奏活動を開始。ウズベキスタン、タジキスタンの美しい伝統音楽をドゥタールのソロ、弾き語りで演奏するスタ イルを確立して、ウズベキスタン、タジキスタンの大使館イベント、ライブ、各種コンサート、ラジオ等で精力的に演奏をしています。この講座でも演奏を披露してくれました。

ドゥタールは、棹はアンズ、胴は桑、絹糸を張ったつ2弦の楽器です。

小さな会場だったので、生演奏と美しい歌声に魅了されました。

 

素敵な時間をありがとうございました。(報告:周東)

 

 7月6日には、北区の志茂ふれあい館で、第263回まちかどコンサート「シルクロードの響き〜ウズベキスタン・タジキスタンの音楽〜」に出演されるそうです。入場無料。興味のある方は是非!

 

 

 

 

 

| シルクロード講座の報告 | 16:22 | comments(0) | - |
モンゴルの旅、ミーティングをしました

 6月1日午後、7月末に実施するモンゴルの旅の参加者によるミーティングを行いました。

 会場は千年以上の歴史を持つといわれる狛江の名刹「泉龍寺」の敷地内にある「仏教文庫」です。

 

 引退された泉龍寺の元のご住職は駒澤大学の教授。奥さんはうちの奥さんと同じ桐朋学園の大学の先生でした。

 ですので、敷地内に「仏教文庫」をつくって、大量の図書類などを保管するとともに、中小の会議室も備えています。

「現代シルクロード研究会」など、不定期の講座などで利用させていただいています。

 

 午後1時からの開催ですので15分くらい前に会場に行きましたら、すでに3人の方が来ていました。わたしもそうですが、年を取ると何事も時間より相当早く動くものですね。

 これまでのシルクロードの旅で何度も一緒に行っている鎌倉のMさん。

 女性2人でいつも大騒ぎしながらやってくる“恐怖のおばさまたち”。

参加者は18人でしたが16人が出席しました。やはり女性が多数です。

 

 ミーティングが始まっても、連絡のなかった2人に電話しました。1人は「仕事を休めなかったので、ごめんなさい・・・」という看護師の方。

  もう1人は、口ごもりながら「あのう、申し訳ないんですが、キャンセルしたいんですけど・・・」という女性。

 

キャンセルの女性は、最後の最後になって申し込んできた方で、かなりの人生経験のある女性ですが、パスポートが切れたままで、再発行するのに、「忙しい」ということで1か月もすぎてから申請に行ったと言う方。“こんなに苦労して飛行機のチケットを確保したのに、いまさらになってキャンセルかよ〜〜”という思いはあったのですが、こればかりは文句を言っても仕方ありません。

 

ミーティングでは2年前まで旅行社の社員で添乗経験が豊富なYさんから、旅のあれこれの諸注意、旅行者はこれが一番聞きたいところです。

次は、外国語大学の大学院でモンゴル研究をしている若い女性から「モンゴル語の基礎知識」。

モンゴル語の基礎やモンゴルの状況などをお話ししてくださった、

東京外国語大学大学院で研究をしている篠田泉さん。

どうやら成城のお嬢様のようでした。

 

最後は、突然の出演だったのですが、若く美しいモンゴル女性による馬頭琴の演奏です。彼女はうちの奥さんの舞踊公演の時にも来たのですが、入場して10分ほどして突然帰ってしまったことがあります。わがままだったのです。

 

演奏の予定はなかったのですが、若い人の心はわかりません。その彼女は最近、どこかの芸能事務所に所属したようで、撮影は厳禁。ネットに無断で出されることを懼れていました(1〜2週間ほど前にテレビにも出演していました。だから何だということではありませんが・・・)。

会場風景です。

 

初めて会う方も、久しぶりの方も、懇親会ではすでに和気あいあい。にぎやかで楽しい集いになりました。

 

きょう6日になってから、彼女にいつもついてくる女性が「私もモンゴルに行きたい」と言ってきました。

1日が土曜日でしたので、「月曜日の3日までに行くかいかないのかはっきりしないとダメですよ」と言ってあったので、行かないと思っていたのですが、そういうこと。

きょうはジムに行くことにしていたのですが、それをキャンセルして旅行者に連絡を取りなんとか行けるようになりました。ヤレヤレ です。

| モンゴル関連 | 11:48 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE