シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
今週末から河西回廊の旅に出ます―2

 4日目はいよいよ今回の旅の目玉でもある炳霊寺石窟へ。河をせき止めて造った人造湖で、モーターボートで2時間近くも突っ走ります。その翌日は天水市の麦積山石窟へ。麦を積み上げたような恰好をしているとのことなのですが、私には全然そのようには見えません。

炳霊寺石窟へはこの人造湖を2時間近く突っ走ります

回廊にこのような仏像が無数に並んでいます。

ここまでの写真は、炳霊寺石窟

 

眼もくらむような高さにある麦積山石窟

ここまでの写真は私の撮影ですが、麦積山石窟です。

 

 翌日は青海省の西寧市へ。「のこちゃん」の家族はこの街に住んでいます。翌日は青海湖観光。そして、医学博物館などを観光して翌日、西安市へ。

中国の地図で、赤いところが青海省です。ここは清朝時代、すべてが

チベットの国でした(インターネットから)。

青海湖

ここの2枚は私の撮影です

 

 西寧では観光の目玉がタール寺なのですが、今年になってから、ここは駐車場から数キロも離れた所に設置されて、歩いて小一時間もかかるようになったとのこと。どこかの誰かからどこかの誰かへの袖の下が通って、どこかの官庁がこの理不尽なことを認めたようです。連日の旅の最終コースに近いので、おそらく疲労も蓄積していることだと思い、ここはキャンセルをせざる得なくなりました。

ここは西寧市の医学博物館

西寧市のここはチベットのアムド地区。五体投地の巡礼者も多くいます。

目標はタール寺。

 

 

 西安では、兵馬俑、大雁塔、陝西省古代博物館、長安旧城(西門)へ。

旧長安の城壁。ここから西のシルクロードへ旅立って行きました。

上の写真の城壁から見た西安市内。この道がず〜〜〜っと西へ続いています。

兵馬俑

 

 ここでも陝西省古代博物館が休館日とのことで別の博物館になりました。

 

 今回の旅の仲間には84歳の方がいます。拙宅のすぐ後ろに住んでいますが、毎日歩いたり階段を上り下りしたりのトレーニングを積んでいます。

 

 兵庫県からの常連の人、彼女は大阪の大学を定年退職したので、晴れて自費で行くことになりました。

彼女は大阪の女子大学でモダンダンスを教えていたそうで、このありさま。

 

 むかし、朝日の写真部にいた80歳近い方もいます。

 

 のこちゃん情報では、あちらも日本と同様に、例年にない暑さだそうです。

 暑さ対策と疲労回復、夏の旅はこれが最大の課題になりそうです。

 どんな旅になるか面白そうです。帰ってからの報告を待ちください。

敦煌・鳴沙山の観光用ラクダは、最近では長時間労働で過労死しているそうです

 

 

 そうそう、最近の中国は、見境なく外国人を捕まえています。

 アメリカの青年は帰国後、亡くなりました。ノーベル賞受賞者の劉暁波氏も獄殺されました。日本人の社員もつかまって6人中4人が釈放されましたが、2人はスパイ罪で拘留中です。

 反革命を煽ったり、国家を打倒せよなどといわないで、良心的な主張をしているだけでも捕まるのですから、私もどうなるかわかりません。

 

 では行ってきます。それまでこのブログはしばらくお休みです。

| 河西回廊 | 10:31 | comments(0) | - |
今週末から河西回廊の旅に出ます

 8月5日から、日本シルクロード文化センター企画・主催の表記のツアーに行きます。

 

 旅行法の関係で主催事業とはなりませんが、ここは日本シルクロード文化センターの会員仲間の旅行。わたしもかつて2012年に行ったことがありますが、こんどのコースは私が組みました。

 

 旅の企画は青海省西寧市在住のチベット人ガイド通称「のこちゃん」。彼女とは二度三度と旅を共にしたことがあります。以前、ご主人と一緒に和光大学へ留学。アルバイトはお蕎麦屋さんと居酒屋さんだったそうで、彼女の日本語は、チャキチャキの江戸っ子の話し方。下手なわかものより正しい日本語を話します。航空便は西遊旅行にお願いしました。

 

 で、肝心の旅のコースですが、次のようなものです。

 

 羽田から上海に飛んで、国際空港の浦東空港へ。そこから国内空港の虹橋空港へはバスに乗って1時間くらい。私は何度も行っているのですが、北京から中国入りすることが多かったもので、上海をわたしが案内していくのは久しぶりです。

 

 以前、北京空港で時間があったので市内観光をしていて、ウルムチ行きの飛行機に乗り遅れたのです。無論、時間前には飛行機の乗り場へ行ったのですが、ナント!飛行機は我々10数人を積み残したまま飛んで行ってしまったのです。そんなことがあったので、プロのガイドを頼みました。

 

 上海からは西安経由で夜の11時近くに敦煌へ着きます。

 そうなんです。河西回廊を敦煌から東へ戻るコースをとったのです。

敦煌・莫高窟

 

 

 敦煌では2泊して、莫高窟、鳴沙山、月牙泉や陽関へ行きます。ただし今、中国政府は「内需拡大」だそうで、観光地はどこもかしこも超満員だそうです。おそらくいや絶対に私たちのコースもそうなっていることでしょう。

 敦煌の2日目からは「榆林窟」へ。私も敦煌は4〜5年ぶりですので榆林窟へはまだ行ったことがありません。

榆林窟

 

 

 この日のうちに林窟から嘉峪関へ走って、各地の長城などを見ます。そして3日目は、馬蹄寺石窟へ。

馬蹄寺

 

 

 そこには以前会ったことのある西のもうひとつのウイグル族である裕固族の方がいます。

左が、裕固族の男性、その右がウイグル族、その右がチベット族、右端がヤマト族。

 

 

 そこからは汽車で酒泉〜張掖〜武威を経由して蘭州へ行きます。この蘭州が曲者で、先進工業地帯として発展中で、ということは工場排出規制も何もない、煙モクモク出し放題の蘭州です。数年前に行ったときは、くしゃみ・鼻水・せき出放題で塗炭の苦しみを味わいました。街から100キロ離れてもその害は衰えません。私にとっては恐怖の町蘭州です。

| シルクロード | 09:54 | comments(0) | - |
現代シルクロード研究会の報告―2

 その後、紆余曲折があって、ロシア帝国はモンゴル帝国の継承国家として出発しました。ですから、モスクワの貴族たちにはタタール出身者が多かったのです。

13世紀初頭のモンゴル周辺地図

 

 

 その後、14〜17世紀、モスクワは好条件を出してジョチ・ウルスの子孫の王族や貴族をモスクワへ移住することを勧誘、多くのタタール人がロシアに移住し、キリスト教徒に改宗していきました。

 1581年、ドン・コサックのイェルマクがシビルのクチュム・ハーンの支配する町イスケル(シビル)を占領。この年にロシアのシベリア支配が始まったとロシア史ではいいます。

モンゴルの騎馬兵

 

 シベリアの語源となった「シビル」は、漢文資料に登場する遊牧騎馬民の名前「鮮卑」です。

 

 1584年 イェルマク自身は、クチュム・ハーンの反撃を受けてイルティシュ河畔で戦死してしまいます。1598年、クチュム・ハーンはコサックとタタールの混成軍に敗れ、草原に逃げたのですが、結局、ジョチ家の別の子孫であるノガイ族に殺されました。ロシアのツアーリ、ボリス・ゴドゥノフは、捕虜となったクチュムの子らを、皇子(ツアーレヴィチ)と尊称し、優遇したといいます。

出陣へ(ムィコーラ・プィモネーンコ、1902年)

 

 コサック(ポーランド語由来の英語、ロシア語でカザーク)は、ロシア史の定説ではウクライナの逃亡農民といわれていますが、アタマン(トルコ語で百人隊長)と呼ぶ首領を選出し、自立的軍事共同体を形成して、荒野で人馬一体の生活をしていました。

ドニプロ川の河岸でのコサックの見張番。

 

 語源はトルコ語のカザフと同じで「自分の部族から分離して自由行動をとった人びと、冒険者の生活を営むに至った集団」(ロシア正教が言っている)です。黄金のオルドが分裂したあと、ジョチ家の支配から離れてロシア正教徒になった遊牧民集団がコサックの起源であろうといわれています。

コサックのピラミッド。ウクライナ・コサックに遡る騎馬術。

 

一方、カザフ民族は、ウズベク族から分かれた集団です。

 

 コサックは、モンゴル帝国の後裔の遊牧騎馬民と正面衝突しないように、彼らの本拠地の草原からはるか北方の河川沿いに東方へと進んだ。このあと各拠点に建てた砦(オストログ)が町に発展、それぞれの町から南下する。シベリアの森林地帯は人口が少なく征服が容易だったが、草原のジョチ家の後裔の諸国の征服が完了したのは1860〜70年代でした。

コサック・ママーイ。コサックの理想像。

登録コサックの連隊長(18世紀)。

遊び中のコサック(ティモフィイ・カルィーンシクィイ、1786年)。

 

きのうと今日の写真・図版は、いずれもウィキペディアから拝借しました。

 

| モンゴル関連 | 10:15 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE