シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
あ〜!天安門!

きのうブログを書いてから、まだまだ書き足りていないことがあります。

天安門事件のことは多くのメディアが書いていますから、おおよそは理解できると思います。

大事なことは、この事件に至る問題の根源が書かれていないことです。

 

中国共産党は、自らが権力を握る以前から派閥闘争が激しかったということがあります。

解放戦争当時、人民解放軍が別の人民解放軍を攻撃して全滅させた事件がありました。これは、やっと党のリーダーになった毛沢東が、自分の路線に賛成していない幹部の指揮下の軍隊を攻撃したということです。万を超える兵士が全滅しました。

 

解放後、「人民裁判」が行われました。貧農や農奴をこき使っていた富農・豪農や地主たちを村人たちが裁判をして判決を下しても良いという方針でした。

これで推計400万人が殺害されました。富農・豪農たちの家族や使用人たちも裁判の対象になったからです。小さな子どもたちも殺されました。

これは、社会主義をめざすという理想からは遠く離れた虐殺行為です。

 

また解放後、中国南方方面では、台湾に逃げた蒋介石国民党の残党が居残って、テロ活動を繰り返していました。軍隊や地元の党の幹部を狙い撃ちにして殺害するというテロ活動です。間違えてかどうか、住民たちにも多くの被害が及びました。中国語では、この「テロ」という言葉を「恐怖」と書きます。この「テロ分子は住民の中に存在する」ということで、互いに疑心暗鬼になって住民同士が互いに相手側の住民を殺しあうという悲劇が起こりました。数は把握できていませんが数百万人が殺害されたといわれています。

 

「反右派闘争」もあります。毛沢東が「中国共産党には間違ったことを言う幹部もいるし、間違った路線があるかもしれない。知識人の皆さん、思う存分、党や幹部を批判してください」と提唱したのです。はじめはオズオズでしたが、次第に声が出てきました。その声が最高潮になったころ、毛沢東が「これはどうしたことだ」という論文を、党機関紙「人民日報」に発表して、意見を提出した知識人たちを一網打尽にしたのです。

 

やがて文革前にその「ほとんどが冤罪だったので名誉を回復する」措置が取られました。しかし、文革が始まると、その「前歴」が問題なって、三角帽子をかぶせられて、市中を引き回され、多くの人が殺害され、自殺しました。

 

中国では「自殺をする」という行為は、「罪を認めない」、「あくまでも抵抗する」という意思なので、「墓まで暴かれ」て、その名誉と精神を痛めつけることになります。

 

「文化大革命」と称した中国共産党による国民殺害の大犯罪行為は、数千万人が殺され、1億人以上が職を追われ、逮捕・軟禁され、数千キロ離れた土地に追放されるなど、想像を絶する殺害・迫害に遭った国家犯罪です。

これまで上述した、あれこれの事件やこの文革は、いずれも毛沢東が自分の権力に影響が及ぶことを未然に防ぐために自ら興した「逆クーデター行為」でした。

その結果としての天安門事件だということです。

 

天安門や西長安街で殺された遺体を、広場に集めてホースで水を大量に撒いて、遺体を広場の地下に流し込んだのです。5千人を上まわる遺体がどこかの川に流されました。

政府が死者数を「319人」だとはよくも言えたものです。政府自身も誰もがその数字を信じていません。

 

このころ1989年前後の世界の動きは、ベルリンの壁が11月に崩壊し、東西のドイツが統一された歴史的な年でした。それらが契機になって、ソ連が崩壊し、東ドイツが統一され、モンゴルや中央アジアなどが民主化されていったのです。

 

中国共産党が自らの政策や路線に自信があるのであれば、自らの政策と路線を国民に問えばいいことです。自信がないから武力で弾圧したのです。この図式は誰でもが簡単に理解できることです。

| シルクロードの光と影 | 06:55 | comments(0) | - |
あ〜!天安門!

 きょうのテーマは、ご承知のように「天安門事件」から30年が過ぎた記念の日に関してです。

 「あ〜!天安門」という表題は、私が北京へ留学した最初の中国語教科書の項目にあった言葉です。

 “天安門は、私たちの中国を救ってくれた中国共産党のシンボルだから、これを敬愛しよう”という意味合いがあったのです。

 

 その天安門前広場は広大な広場です。文革のとき、紅衛兵100万人の集会があった時もラクに入れました。

私自身もこの広場は、数々のドラマと悲しみと怒りを感じたところでした。

 

 

 その天安門で、中国共産党は“人民を守る”はずの中国人民解放軍を使って、その守るべき対象の「人民」を虐殺したのです。虐殺です。機関銃や戦車で踏みつぶしたりして多くの市民や学生たちを無差別に虐殺したのです。

 

 1989年の事件ですから私は文革の嵐のもとで帰国を果たしてから、20年余リが過ぎていました。わたしは文革の根本的な根源は何だったのかということを考えていましたので、とても大きな関心がありました。

 

 その年の夏、新疆シルクロードの帰りに西安経由で北京に2〜3日滞在してから帰国する際、ガイドのお嬢さんから北京空港で手紙を託されました。彼女は学生の頃日本語を学んでいました。卒業後は恋人ができて来年、結婚することになっていました。その彼が天安門事件で当局に追及されていて日本に亡命していたのです。その彼に手紙を持って行ってほしいと、少しの時間に「走り書きしたのです。それを頼まれたのです。

きょうの写真はすべてネットの引用です

 

 普通、このようなことは違法です。あるいはスパイに引っ掛けられやすいのです。その中身が麻薬であったりしたら刑務所に数十年囚われます。しかし彼女は空港にあった紙切れにサッと書いていましたから封筒に入っているわけではありません。

 渡されてからチラっと初めの部分だけ目を通しました。「恋しいあなた・・・」というたぐいの恋文です。それだけで安心して自分のポケットにしまいました。

 

 帰国後、彼女から聞いた番号に電話しました。中野区に住んでいた若い青年の声がしました。ものすごく警戒している様子がアリアリと分かります。「誰だ!誰に頼まれた!」ときつい言い方で中国語で言います。わたしは自分が日本人であること、あなたの恋人から頼まれたことを中国語と日本語で言いました。

 

 2〜3日後、高田馬場駅で会いました。かれは一人で来ましたが、うしろの柱の陰には3〜4人の若者がいました。

 ここ日本の地でも、中国の公安の目は光っているのです。彼ら彼女らの中国の親兄弟がひどい目に合うのです。「ひどい目」というのは、連日、地域の共産党事務所に出頭させられて批判されることから=これを中国では「学習」という=、刑務所に行くことまで何段階もあります。

 

 別の機会の話ですが、チベットでは、銃殺されたチベット人僧侶の実家に安全局から請求書が来ました。それは銃殺に要した銃弾の費用と彼を納めた棺の代金だったと言います。

 

 別の話。

 あるとき新宿駅から成田まで成田ライナーで行きました。そこへ中国人青年が迷いながら近づいてきました。そこから北京の彼の家近くまでずっと一緒でした。

 かれは大学時代に中国共産党に入党しました。「なぜ、入党したの?」と聞きました。彼は言いました。「入党すると会社の待遇や給料や出世も良いからです」といいました。中国共産党の実態がよくわかる話です。

 

 彼に言いました。「天安門では千人を超える学生や青年が殺されたんだよ。そんな党に魅力があるのかい?」というと「いいえ、千人もいません。数百人だといいます」。「国民党の政治から人民を助けるという共産党が数百人であっても人民を殺していいと思うのかい?」「中国共産党は1人であっても人民を殺してはいけないのじゃないのかい」というと彼は黙り込んでしまいました。

 

翌日、奥さんと3人で食事をしました。彼らの住まいは人民解放軍の義父の住まいにいるとのことでした。北京飯店での奥さんはそばかすが彼女の美しさを増すかのような、とてもきれいな奥さんでした。その彼女は「あなた!天安門のことは野口先生の言うとおりでしょ。あなたも以前は、野口先生と同じことを言っていたでしょ!」と夫を厳しく責め立てました。

 

 彼ら夫婦も天安門事件のときは北京大学の学生でした。

| シルクロードの光と影 | 09:54 | comments(0) | - |
官邸は大相撲協会も支配したか ―主役は朝乃山だ!−

せっかくの相撲観戦は、まったく味気ないものになってしまった。

 私がチケットを入手できるのは、写真家で大の相撲フアンのSさんのおかげ。

 東京の田園調布の近く生まれで、お嬢様大学を出た女性で、まだ40そこそこのかわいい女性です。

数年前に出版したチベットの写真集がヒットしていました。その関係で「シルクロード講座」に出ていただいたことがあります。

  彼女を通して東京開催の大相撲観戦チケットを入手できるようになりました。

 

 最近になって知ったことですが、彼女は毎週水曜日に新宿・ゴールデン街の、あるお店で「雇われマダム」をしているそうで、そこで相撲フアンを集めて毎場所、両国に通うようになったといいます。毎回30人程度の相撲仲間が国技館に集います。

 

 今場所はかなり前からトランプ大統領が千秋楽に相撲観戦に来るという話があったので、“日にちがずれてくれればいいのになぁ〜”と思っていましたが、やはり予想通りの千秋楽観戦になってしまいました。

 

 きょうは“迷惑トランプ行状記”で行きますか・・・

 11時過ぎに両国駅に着きました。駅前のタクシー乗り場は警視庁の車で独占されています。営業妨害です。

両国駅前の駐車場です。タクシーは一台も駐車できません。

 

 国技館の入り口には中年の女性が2人、ペットボトルを入れる大きな容器を持って待ち構えています。

 まるで空港のチェックです。両国駅前で買ったウーロン茶も一口飲んだだけで捨てざるをえませんでした。没収です。

ペットボトルや缶もここでおしまいです。

ここでボディチェック

 

 ウェストポーチとカメラだけが所持品だったのですが、荷物検査です

 空港ではいつもそうですが、わたしが身に着けているサスペンダーが反応するんです。

 ここまでだけでも異常なほどの警備体制です。

 国技館の右横50メートルに「江戸東京博物館」があるのですが、この建物の屋上にも2人の警察官が警備しています。アメリカの映画でしたら、狙撃銃などを構えているかもしれません(冗談です)。

となりの江戸東京博物館の屋上にも警備の警官が・・・

 

 30人が集まるサークルのメンバーの多くも、30分から1時間ほど入場に時間がかかったと、おおむくれ。とにかくこれは大迷惑でした。

 

 館内でも驚きました。ペットボトルなどの自販機も「休場」と書いてあります。

 かなり気の利いた洒落ともいえますが、こんなときは駄洒落になります。

 御嶽海はいつものペットボトルを飲めなくて、だいぶモチベーションが下がったそうです。

館内のペットボトルも「休場」です

 

 指定されていた座席は、いつものように2階席の上のほう。テレビ中継で一番遠くから撮影するあたりです。

 升席辺りの最前列には黒い幕が敷かれています。案の定、そこがトランプ大統領たちの椅子のようです。しかし、天皇も相撲好きのフランスのシラク元大統領も後ろの貴賓席で観戦していました。

正午頃の館内はまだまだ閑散としていますが、中央右下当たりの

黒い部分が「貴賓席」です

 

 

 私はちょうど阪神淡路大震災の日に、この升席に座りました。夫婦2人で14万円もしました。

 震災の悲劇で、仲間の被害が頭に浮かんで相撲観戦どころではなかったのですが、4人が座るととても窮屈でした。そこで酒やお茶を飲み、弁当や焼き鳥を食べました(国技館の地下には、どういうことか焼き鳥工場があるのです)。

 

 60年ほど前に、相撲文化である桟敷席をなくすなという声と、土俵に背を向けたり、飲み食いするのは古い習慣だ、なくすべきだという論争が国会であったとの記事を読みました。近いうちに解決するべきことでしょう。

 ともあれ、その席を潰して前後左右を警備陣に固めさせて観戦させる必要があったのでしょうか。

 いつものように「貴賓席」に座らせれば終わる話です。

 

 彼らに対して、なぜ、だれが、このような破格の待遇をさせたのでしょうか

 安倍首相以外の何物でもありません。

 土俵下では、前日、優勝を決めていた朝之山が塩を持って立ちすくんでいます

 相撲の取り組みを中断させてまでの「入場」でしょうか。

この写真は上下ともネットから拝借です。

ほかの写真は私の撮影です。望遠レンズを使わなかったので・・・

この日一番の大喝采は、負けた炎鵬が、頑張って頑張って

粘った相撲でした。

 

 館内はトランプ大統領が入場する前から異常なほどの興奮ぶりです。

会場総立ちで「お出迎え」です

 

 それまでアナウンスは、再三再四、「座布団を投げないでください」と言っていますが、この日は従来とは違うアナウンスが続きました。

 「座布団を投げると処罰されます」でした。

館内の一階部分は升席などがあるので、チケットがないと入れません。

いつもの私は、すいているときには一階の升席に入るのですが・・・

 

 座布団を投げることは良くありません。しかし、この風習は江戸の昔からあったものです。よくないとはいえ「犯罪」ではありません。良識で判断できる類(たぐい)のことです。

 この「処罰」発言も安倍首相の差し金でしょうか?

 

 それよりも、呼び出しの声も聞こえないほどの大歓声でトランプ大統領を迎えるこの姿は何だろうかと思いました。

 当のご本人は、手を振ってこたえていました。満面の笑みで。

 しかし朝之山の相撲、優勝が決まっている力士の相撲が終わって、朝之山が負けても知らんぷり。

 彼は実際には相撲なんて全く関心がないのでしょう

 自分の来年の大統領再選に頭のすべてがいっていて、内容ではなく多くの「人」がいれば、満面の笑みで手を振るだけの「選挙屋」になっているのでしょう。そう見えました。

 

 

「トランプ階段」を特別にあつらえたようです。「白く」というのも

安倍首相の注文でしょうか、それとも「忖度」でしょうか

 

 まさにトランプも安倍首相も自己顕示欲の塊のようでした。

 この自己顕示欲のかたまりの一番の被害者が朝之山と対戦した御嶽海です。

 彼らの取り組みの呼び出しの声も観衆の声で全く聞こえません。

 しかも、時間にして5分くらいは立ったまま、この大騒ぎに黙って耐えて待っているしかありません。

 

 大相撲はトランプが主人公ではなく、関取たちや朝之山たちが主人公なのです

 相撲協会は、この大原則を捨て去って安倍首相に支配され、蹂躙されたのです。

 スポーツでもっとも大切な「自主性」と主体性まで投げ打ってしまったのです

 

 この数日、安倍首相はトランプに付き従って「おもてなし外交」、「こびへつらい外交」をすることになります。トランプは、今度の来日の主な目的は「軍事」と「貿易」だといっています。またまた、数百億円の軍事物資を買い付け、自国の国民が苦しむこともいとわず、アメリカ従属の貿易を呑むのかです。

 行事の声も聞こえません。おそらく多くの観衆はこの2人の相撲の結果を、よく覚えていないかもしれません。

30kgの重さという優勝カップ

 

 観衆はマジックにかかったように、大歓声でトランプに応対していました。

 これは一種の“珍しもの見たさ”でしょう。あの、いつも世界に脅しをかけ、勝手なことを言っているトランプ大統領とはどんな人物なのだろうか、と。

 そして大阪の維新のブームのように・・・・

取り組みが終わっての警備は知らんぷりでしょうか

 まだまだ言いたいことは山ほどありますが、長くなりました。きょうはこの辺でよろしいようで・・・

 

 

 

| 大相撲を論ず | 11:59 | comments(0) | - |
伊藤 蘭さんのこと

 きのうの土曜日の朝、TBSテレビの「サワコの朝」という番組で伊藤蘭さんが出演しました。40数年ぶりに歌手として再デビューするということで評判になっています。64歳になっています。

この写真は、たぶん「キャンディーズ」の頃のでしょう

 

最近の蘭さん。(今日の4枚の写真は、いずれもネットからのものです)

 

 その番組の後半で、サワコさんが、蘭さんの娘の趣里ちゃんが小学校時代に、小夫婦で芝居をしたというエピソードが紹介されました。蘭さんは「学校から芝居に出てくれと言われて驚いたのですが・・・」というエピソードが紹介されていました。

娘の趣里ちゃんと蘭さん

 

 これには一緒に朝食を食べていたうちの奥さんがのけぞって驚いていました。

彼ら夫婦の娘の趣里ちゃんの担任が彼女だったのです。彼女が趣里ちゃんを通してお父さんの水谷豊さんとお母さんにも出てもらいたい、とお願いしたそうです。

 

 それで、両親は驚いたけれど快諾をして出演したとのこと。脚本はワイフが書いたのですが、「小坊主」の役を蘭さんにとお話したら、お父さんのほうが「それはわたしのほうがよいでしょう」といって代わったそうです。

私は彼のドラマはあまり見ませんが、豊さんは良い夫です

 

 脚本はうちの奥さんが書いたのですが、彼女も舞台経験があるので、結局3人で出演したとのこと。何回か稽古をしたようですが、そのとき彼ら夫婦は、その稽古のために10日間くらいスケジュールを開けて稽古に専念したと言います。

 学校では大評判になって、稽古のたびにいろいろなクラスが代わる代わる「見学」に来ていたとのこと。我が家にも来たことがあります。

 

 ただそれだけのことですが、蘭さんがその数十年前のことをインタビュー番組で話すのも驚きですが、いまだにその時のことを鮮明に覚えているのですね。

“年を取ると昔のことはよく覚えている”ということなのか、それともそのこと自体が驚きのことでいまでも鮮明に覚えているのかわかりませんが、今度会ったときに聞いてみましょう。

 

 私は以前に、そのことは聞いていたのですが、よく覚えていることは、彼ら夫婦は互いに尊敬しあっていて、呼び方も互いに「蘭さん」「豊さん」などと呼び合っていました。とても素敵な夫婦でした。

 きょうはシルクロードと関係のない、ミーハーな話ですが、蘭さんと豊さんの夫婦のあり方について書きたかったのです。

ここは2011年6月のホータン郊外の「ラワク遺跡」でのうちの奥さんです。

彼女は写真嫌いですので少ないのです。

 

| コメント | 05:15 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE