シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
いま、新疆シルクロードは地獄と化している!! ――あるウイグル人の慟哭――

今年2月に池袋でラビア・カーディルさんの「講演会」に行ったときは、驚きました。

日本でも有名な右翼団体の幹部やテレビによく出ている大金持ちや病院長などが主催者・来賓だったからです。

日本では軍部が100年以上前から台湾・朝鮮・中国・インドシナ半島などに「大東亜共栄圏」構想をもとに侵略を開始して2000万人もの人びとを虐殺してきた支配者層の侵略路線をリードしてきた勢力がすべて、右翼団体だからです。その勢力は今でも日本の支配層から手厚く遇されています。

ここはカシュガルから国境地帯へはいった標高3000mの山岳地帯。

この娘さんはキルギス人かウイグル人かのどちらかですが・・・

 

この勢力の主張は1%も国民の支持を得ていません。国民は、このような勢力は唾棄すべき相手だと知っているからです。でも政府や財界が支援をしているので生き残っているのです。

ですから、このような勢力が応援する活動は、国民の誰も支持・賛成しないのです。

 

そして、ウイグルの世界会議などの国際団体やチベットの国際団体は、アメリカのCIAが、主としてラジオ放送などで資金を出しているので、良識のある日本の国民はそのような団体を支持しないのです。あるいは知らないのです。

トルファン郊外の高昌故城入口にあるお土産売り場の、顔なじみの店前です。

 

 

日本のウイグル団体の責任者に、そのことを話そうと思いましたが、今の彼にそのことを話しても理解してもらえないと思い、今はやめています。

ウイグルや各少数民族の人びとと中国全体の平和と幸せの為に、わたしが以前から主張していることを、もう一度書きます。

 

1.新疆にいるウイグル人が、まず、「人権を守る」、「民主主義を守る」、「言論の自由および集会・結社・報   道の自由を守る」の一点で団結すること。

   =このことは世界共通の常識になっています。

 

2.それらの条項は「中国の憲法に明記されていること」だということを広く宣伝すること

    =中国共産党の綱領にこのことが書いてあるし、同時に少数民族を尊重するということも書いてあります

 

3.新疆のウイグル人は、同様の目標のもとに他の民族や漢民族とも協力しあい仲良くすること

=漢族が敵なのではなく、その指導部が悪いのだということを理解すること。なぜならば、多くの漢族も同じようにひどい目に遭っているのです。

 

4.新疆のウイグル人は外国にいるすべてのウイグル人と共通の目的で団結すること

   =いつまでも主導権争いのケンカをしているのでなく、多少は我慢をして共通の目的に徹すること。

 

.全世界のすべてのウイグル人は、この目的に沿った共通の目標=いわゆる「綱領」を持ち、科学的な方針を 持つことのできる単一の指導部を持つこと

    =いまのように喧嘩ばかりしているのであればそれは困難だけれど、共通の目的を見つけて、その一点で     団結することが大事。

6.「自分のことは自分で決める」ことに徹し、外国勢力の指示や指導を受けない、自主独立を守ること

    =CIAの操り人形にならないこと。自分のことは自分で決める、そして実行する。「東トルキスタン共     和国政府の崩壊との失敗」がその教訓であることを学ぶ。

 

7.その他、たくさんあります。

    

| ウイグル情報 | 08:59 | comments(0) | - |
いま、新疆シルクロードは地獄と化しています!! ――あるウイグル人の慟哭――

新疆はいま、地獄の様相を呈しています。

過去30年間くらいで40回程度、新疆シルクロードへ行っている私には、少なくないウイグル人の友人がいます。

しかし、その友人たちからのメールがパッタリと途絶えて数年がたちます。

彼らは全員が、「再教育」を受けているようです。

対象者は。

・過去、外国へ行ったことのあるウイグル人。

・家族が外国にいるウイグル人。

・家族を外国に出している家庭は、直ちに帰国するよう伝える。

・これらの項目に該当するウイグル人は、すべて再教育センターで再教育を受けるということが義務づけられました。

・その他

☆ウイグルの友人たちからの連絡が途絶えていて、かつ、中国当局からの発表が皆無のため、この項目提示は憶測の域を出ていませんが、最小限ここに挙げた項目は事実です。

今回の写真はすべてイメージ写真です。

中国当局が、これらのブログでも監視の目を向けているからです。

ここはホータンのポプラ並木です。

しかし今は、開発の名目でどんどん伐採されています。

「新しい道を造るから・・・」という理由でこの樹木を伐ってお金に換えているからです。

 

これらの事実は、今年初め「世界ウイグル会議」の主席である、ラビア・カーディルさんが来日した時に講演を聞き、知っていました。

その前に、長年の友人からのメールでも知っていました。

そのころ、彼のガイドで恒例の新疆ツアーを企画していましたが、突然の電話「野口さん、ツアーを中止してください」、「では、個人的に一人で行くことは可能か?」「それも無理です」というやり取りがありました。

それ以来、彼の消息は不明です。

数か月後、彼のいる会社から私にメールが来ました。

「今後、新疆の旅行に関しては、彼個人でなく、会社を通して行っていただきたい。彼と個人的なメールや電話はできません」という内容でした。

トルファンのあるホテルのダンサーの娘さん。

あまりの可憐さでシャッターを切りました。

 

 

先日、アメリカの議員が議会で取り上げているテレビのニュースが、ちょこっとだけ放映されていました。

中国政府の憲法にも明記されている、人権・民主主義を守る、集会・結社及び言論の自由あるいは少数民族の保護など、全ての項目があるにも関わらず、いま実施しているすべての行為が憲法に違反しているのです。これはどういうことでしょうか?

そのような重大な問題があるにもかかわらず、日本ではあまり大きく取り上げていません。右翼団体が「反共・反中共」という立場で活動しているのみです。

世界各国でも同様です。「新シルクロード経済圏構想=一帯一路」政策があるからです。

日本であまり大きな報道が少ない原因はいくつかあります。

  • 中国当局からの正式な報道発表がない。

‘本のメディアが、中国に遠慮して取り上げない、

日本の政府も同様の意図で取り上げない

ラビア・カーディルさんを招聘して全国各地で講演会などを主催する団体が、日本のウルトラ右翼団体だから。

い修梁

| ウイグル情報 | 03:37 | comments(0) | - |
お遍路さんも“シルクロード”を歩くことなのかなぁ〜?

牽強付会(自分の都合のいいように、強引に理屈をこじつけること)のそしりを免れませんが、お遍路コースを歩くことも“シルクロード”の概念と同じなのかなぁ〜と思えてなりません。

 

私たちの「シルクロード」の概念とは“人・モノ・宗教・軍隊や交易などで移動する行為”は“シルクロード”だと考えています。

四国のお遍路も秩父の霊場をめぐる歩きも、同じようなことが全国にたくさんあります。

 

これは「お遍路」を編み出した「一遍上人」をまつったお寺でのイベントです。

 

 

そこから、さまざまな文明が交流し、宗教が普及していったのであれば、もうこれは立派なシルクロードでしょう。

いや、逆に“シルクロード”を定義した人のほうに問題があったのだと思われてなりません。

そういう意味では「奥州街道」、「中山道」や「東海道」も同様でしょう。

お寺は山寺が多いので、階段も多い。しかし、私たちはどういうことか

たいした苦労もしないで上ることができた。

仏教の力とか、そういうことではない。自分の力で登ったのである。

 

 

四国でのどなたかの話が印象的でした。

明治維新で汽車や車が日本に入ってくるまでは、どこへ行くにも歩いていたのですね。

そういう意味では「お遍路」なんてたいしたことではなく、日本中を、そして地球上を、人びとはみな歩いていたのですね。

祥子の友人の実家での「お遍路小屋」完成記念のイベントで。

 

閑話休題

こんどの旅で、私の中で明確になったことがあります。

それは、およそ宗教(仏教・キリスト教・イスラム教)などに対する態度です。

たしかに数百万人、数千万人が、それらの宗教の信徒になっています。

それはそれで、真摯に教祖や神の教えを語り、唱え、

守り、信仰を続けています。

 

しかし、四国八十八の寺で見たものは、お年寄りはもちろん、若い夫婦や様々な層・種類の方がたが真剣にお経を唱え、暑さに負けずに歩いていたことでした。

つくづく日本は仏教国だなぁ〜と感じたものでした。

何がそこまでさせるのだろう、とも思いました。

それが宗教だといってしまえばおしまいですが、では、その先はどうするのだろうと思います。

ここは四国最強の500段を超える階段でした。

 

その先はみんなで考えてみましょう・・・

| 旅日記 | 11:17 | comments(0) | - |
10月13日のシルクロード講座へお越しを

 私たち日本シルクロード文化センター主催の「第97回シルクロード講座」=10月13日(土曜日)午後1時〜4時まで=は、河創国(ハ・チャングク)先生による「朝鮮民族の歴史と文化――高句麗壁画古墳を中心に――」とするテーマで行ないます。

 

次に先生から寄せられた略歴をご紹介します。

 

河創国(ハ・チャングク)

△略歴

1965年 大阪生まれ

1990年 朝鮮大学校歴史地理学部(当時)卒業

1995年〜2017年 朝鮮大学校歴史地理学部、文学歴史学部助手、准教授

現在 朝鮮大学校文学歴史学部副学部長

専攻 朝鮮古代史、高句麗対外関係史

※2008年 朝鮮民主主義人民共和国歴史学碩士学位取得

※1998年〜2005年、朝鮮民主主義人民共和国社会科学院考古学研究所との共同研究事業として朝鮮古代住居址、高句麗石室封土墳、楽浪古墳などの発掘に参加。今年も平壌に滞在し、高句麗古墳や古代墳墓の調査発掘に参加。

 

 河創国(ハ・チャングク)先生は、シルクロード講座への抱負を、「朝鮮民族の歴史を、歴代国家の名前の由来や建国者、代表的な文化遺産を紹介しながら概説します。つづいて朝鮮三国時代にさかえた「高句麗」がのこした、古墳壁画(ユネスコ世界遺産)の見所について、写真をみながら解説します。また、古代の朝鮮と日本の交流史を、日本にのこる遺跡などを通じ、ザックリとではありますが、ふれてみたいと思います」と述べています。

 

 私自身は、今年前半期に行われた南北首脳会議と米朝首脳会議で北東アジアが核戦争の危機から、一転して平和と友好の地域へと変わる可能性が出てきたことと関連して、小平市の「朝鮮大学校」で開催されたシンポジウムに参加した折、同大学の国際交流分野の責任者を務めておられた河創国(ハ・チャングク)にお会いしてシルクロード講座への出席を依頼しました。

 

 当日は、私たちがまだあまり熟知していない古代朝鮮の歴史を学ぶ絶好の機会にあると思います。

 ぜひ、ご出席されるようおねがいいたします。

 

 私たちは今までマスコミを通じて様々な北朝鮮の情報を得てきました。

その中には正しい情報もあったでしょうし、意識的な悪意を含んだ内容もあったと思います。

どちらが正しいことなのかも後半部分の質問の時間に遠慮なく質問をしてください。

 4時以降には狛江駅近く居酒屋で懇親会もあります。

 

 歴史に「もし」はありませんが、もし、朝鮮半島に真の平和と南北の融和が訪れた暁には、わたしたちはまだ未知の世界である、朝鮮半島北部の歴史と交流の世界をまなぶことができます。

 “その様な場合にはぜひ、北朝鮮を訪ねてみたい”という会員もおります。

 その様な場合には私もぜひ、北朝鮮を訪ねたいと思います。

 その様なときには、ぜひ、ツアーを組んでみんなで行くことを計画しましょう。

 

 2018年9月29日

 日本シルクロード文化センター代表・野口信彦

| シルクロード講座のお知らせ | 09:58 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE