シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
嬉しいニュース2つ

4日土曜と5日の日曜はわたしが所属しているスポーツ団体の泊まり込みの全国会議がありました。3月に2年に1回の全国総会を準備する会議でしたが、成功裏に終わりました。執行部の理事会が評議員会の意見を聞く会議でしたので、一言も発言できませんでした。これもかなり大変です。

 

日曜は会議が終わってから友人たちと池袋と新宿で飲みました。やはり1カ月もの連載、それに9人で執筆している、4月上旬発行の新著の初校が連日飛び込んできているからです。いまだにタイトルが決まっておりません。どなたか・・・

 

一番大変だったのが、トルファンのARZU TURPAN GULIさんの原稿でした。


5年間、日本を離れていたウイグル人の日本語の原稿ですから、いつも原稿整理をする役割のわたしの仕事が大変でした。

しかもあちらはインターネット環境が極端に悪いところです。メールをすることだけでも難事業の地だからです。

かなりの負担でしたので心と体が癒しを求めていたのだと思います。腹がよじれるほど笑って楽しい酒を飲みました。たくさん飲んだのできのうはお休みしました。

 

でも、嬉しいニュースが飛び込んできました。

若手バレエダンサーの登竜門として知られる「ローザンヌ国際バレエコンクール」第40回大会の最終審査が4日、スイス・ローザンヌで行われ、高校2年生の菅井円加(まどか)さん(17)が初出場で優勝しました。

神奈川県出身、町田市にある私立和光高校2年生。

同コンクールでは、基本的に入賞の8人は同額の賞金を受け取る「同格の入賞者」で順位はあまり強調されていません。

 

しかし、円加さんの場合は「クラシック、コンテンポラリー共に優れている例外的なダンサー」と審査委員長も絶賛するほどの快挙でした。そのため日本人の1位入賞は、熊川哲也氏以来で大型ダンサーの登場と期待されています。またコンテンポラリーに優れたダンサーに贈られる「コンテンポラリー賞」も射止めています。ダントツの1位優勝です。

 

おとといまで連載していたトゥランとアリムの兄弟も、ワレスとハレスもこの高校で学んでいました。お兄ちゃんは和光大学へ行きましたが1年で退学して外国での生活に移りました。わたしたち夫婦の先輩や友人あるいは後輩たちの多くがこの学校で教壇に立っていたからです。
そうそう私の娘もここの中学を卒業していました。ただし、高校は「物足りない」と生意気なことを行って都立三鷹高校に進みましたが。

きのう一緒に飲んだ先輩もここの名誉教授です。そして今も現役でがんばっている教師たちもいます。わたしも何度かこの高校の教壇に立ったことがあります。なんといったか、異業種の者の話を聞くという趣向の時でした。

 

 もうひとつ。

 新日本スポーツ連盟所属の全国スキー協議会が復興支援のために取り組んでいる「春休み子どもスキー」への申し込みが殺到していることです。宮城県だけでも定員の3倍以上の応募がきています。


 

こうした要望の大きさに応えて1人でも多くの子どもたちにスキーを楽しんでもらいたいと宮城県では定員を80名にし、バスを2台に増やすことを検討しています。そのためにもうひとまわり大きな支援募金とボランティアを求めています。さらに学校で案内チラシが配布されたこともあって連日、10人、15人という申し込みが殺到して、あっという間に定員をオーバーして対応に悩んでいます。

 

この行事は、岩手県では沿岸部の教員組合の協力を得て取り組んでいます。

宮城県ではスキー協のクラブ役員や労山会員の協力や地方自治体の協力を得て、そして福島県では、埼玉県加須市に避難している双葉町の子どもたちをスキーに招待しようと支援活動に取り組んでいます。

 

それにはお金とボランティアが決定的に少ないのです。でも、嬉しいニュースです。

| news | 05:43 | comments(0) | - |
嬉しいニュース2つ

4日土曜と5日の日曜はわたしが所属しているスポーツ団体の泊まり込みの全国会議がありました。3月に2年に1回の全国総会を準備する会議でしたが、成功裏に終わりました。執行部の理事会が評議員会の意見を聞く会議でしたので、一言も発言できませんでした。これもかなり大変です。

 

日曜は会議が終わってから友人たちと池袋と新宿で飲みました。やはり1カ月もの連載、それに9人で執筆している、4月上旬発行の新著の初校が連日飛び込んできているからです。いまだにタイトルが決まっておりません。どなたか・・・

 
トルファンのGULIさん

一番大変だったのが、トルファンのARZU TURPAN GULI(グリ)さんの原稿でした。

5年間、日本を離れていたウイグル人の日本語の原稿ですから、いつも原稿整理をする役割のわたしの仕事が大変でした。

しかもあちらはインターネット環境が極端に悪いところです。メールをすることだけでも難事業の地だからです。

かなりの負担でしたので心と体が癒しを求めていたのだと思います。腹がよじれるほど笑って楽しい酒を飲みました。たくさん飲んだのできのうはお休みしました。

 

でも、嬉しいニュースが飛び込んできました。

若手バレエダンサーの登竜門として知られる「ローザンヌ国際バレエコンクール」第40回大会の最終審査が4日、スイス・ローザンヌで行われ、高校2年生の菅井円加(まどか)さん(17)が初出場で優勝しました。

神奈川県出身、町田市にある私立和光高校2年生。

同コンクールでは、基本的に入賞の8人は同額の賞金を受け取る「同格の入賞者」で順位はあまり強調されていません。

 

しかし、円加さんの場合は「クラシック、コンテンポラリー共に優れている例外的なダンサー」と審査委員長も絶賛するほどの快挙でした。そのため日本人の1位入賞は、熊川哲也氏以来で大型ダンサーの登場と期待されています。またコンテンポラリーに優れたダンサーに贈られる「コンテンポラリー賞」も射止めています。ダントツの1位優勝です。


右がワレス、ひだりがワレス
 

おとといまで連載していたトゥランとアリムの兄弟も、ワレスとハレスもこの高校で学んでいました。お兄ちゃんは和光大学へ行きましたが1年で退学して外国での生活に移りました。わたしたち夫婦の先輩や友人あるいは後輩たちの多くがこの学校で教壇に立っていたからです。

きのう一緒に飲んだ先輩もここの名誉教授です。そして今も現役でがんばっている教師たちもいます。わたしも何度かこの高校の教壇に立ったことがあります。なんといったか、異業種の者の話を聞くという趣向の時でした。

 

 もうひとつ。

 新日本スポーツ連盟所属の全国スキー協議会が復興支援のために取り組んでいる「春休み子どもスキー」への申し込みが殺到していることです。宮城県だけでも定員の3倍以上の応募がきています。

 

被災地の木が一本、津波に負けないで立っていました。

こうした要望の大きさに応えて1人でも多くの子どもたちにスキーを楽しんでもらいたいと宮城県では定員を80名にし、バスを2台に増やすことを検討しています。そのためにもうひとまわり大きな支援募金とボランティアを求めています。さらに学校で案内チラシが配布されたこともあって連日、10人、15人という申し込みが殺到して、あっという間に定員をオーバーして対応に悩んでいます。

 

この行事は、岩手県では沿岸部の教員組合の協力を得て取り組んでいます。

宮城県ではスキー協のクラブ役員や労山会員の協力や地方自治体の協力を得て、そして福島県では、埼玉県加須市に避難している双葉町の子どもたちをスキーに招待しようと支援活動に取り組んでいます。

 

それにはお金とボランティアが決定的に少ないのです。でも、嬉しいニュースです。

| news | 05:31 | comments(0) | - |
嬉しいニュース2つ

4日土曜と5日の日曜はわたしが所属しているスポーツ団体の泊まり込みの全国会議がありました。3月に2年に1回の全国総会を準備する会議でしたが、成功裏に終わりました。執行部の理事会が評議員会の意見を聞く会議でしたので、一言も発言できませんでした。これもかなり大変です。

 

日曜は会議が終わってから友人たちと池袋と新宿で飲みました。やはり1カ月もの連載、それに9人で執筆している、4月上旬発行の新著の初校が連日飛び込んできているからです。いまだにタイトルが決まっておりません。どなたか・・・

 
トルファンのGULIさん

一番大変だったのが、トルファンのARZU TURPAN GULI(グリ)さんの原稿でした。

5年間、日本を離れていたウイグル人の日本語の原稿ですから、いつも原稿整理をする役割のわたしの仕事が大変でした。

しかもあちらはインターネット環境が極端に悪いところです。メールをすることだけでも難事業の地だからです。

かなりの負担でしたので心と体が癒しを求めていたのだと思います。腹がよじれるほど笑って楽しい酒を飲みました。たくさん飲んだのできのうはお休みしました。

 

でも、嬉しいニュースが飛び込んできました。

若手バレエダンサーの登竜門として知られる「ローザンヌ国際バレエコンクール」第40回大会の最終審査が4日、スイス・ローザンヌで行われ、高校2年生の菅井円加(まどか)さん(17)が初出場で優勝しました。

神奈川県出身、町田市にある私立和光高校2年生。

同コンクールでは、基本的に入賞の8人は同額の賞金を受け取る「同格の入賞者」で順位はあまり強調されていません。

 

しかし、円加さんの場合は「クラシック、コンテンポラリー共に優れている例外的なダンサー」と審査委員長も絶賛するほどの快挙でした。そのため日本人の1位入賞は、熊川哲也氏以来で大型ダンサーの登場と期待されています。またコンテンポラリーに優れたダンサーに贈られる「コンテンポラリー賞」も射止めています。ダントツの1位優勝です。


右がワレス、ひだりがワレス
 

おとといまで連載していたトゥランとアリムの兄弟も、ワレスとハレスもこの高校で学んでいました。お兄ちゃんは和光大学へ行きましたが1年で退学して外国での生活に移りました。わたしたち夫婦の先輩や友人あるいは後輩たちの多くがこの学校で教壇に立っていたからです。

きのう一緒に飲んだ先輩もここの名誉教授です。そして今も現役でがんばっている教師たちもいます。わたしも何度かこの高校の教壇に立ったことがあります。なんといったか、異業種の者の話を聞くという趣向の時でした。

 

 もうひとつ。

 新日本スポーツ連盟所属の全国スキー協議会が復興支援のために取り組んでいる「春休み子どもスキー」への申し込みが殺到していることです。宮城県だけでも定員の3倍以上の応募がきています。

 

被災地の木が一本、津波に負けないで立っていました。

こうした要望の大きさに応えて1人でも多くの子どもたちにスキーを楽しんでもらいたいと宮城県では定員を80名にし、バスを2台に増やすことを検討しています。そのためにもうひとまわり大きな支援募金とボランティアを求めています。さらに学校で案内チラシが配布されたこともあって連日、10人、15人という申し込みが殺到して、あっという間に定員をオーバーして対応に悩んでいます。

 

この行事は、岩手県では沿岸部の教員組合の協力を得て取り組んでいます。

宮城県ではスキー協のクラブ役員や労山会員の協力や地方自治体の協力を得て、そして福島県では、埼玉県加須市に避難している双葉町の子どもたちをスキーに招待しようと支援活動に取り組んでいます。

 

それにはお金とボランティアが決定的に少ないのです。でも、嬉しいニュースです。

| news | 05:31 | comments(0) | - |
嬉しいニュース2つ

4日土曜と5日の日曜はわたしが所属しているスポーツ団体の泊まり込みの全国会議がありました。3月に2年に1回の全国総会を準備する会議でしたが、成功裏に終わりました。執行部の理事会が評議員会の意見を聞く会議でしたので、一言も発言できませんでした。これもかなり大変です。

 

日曜は会議が終わってから友人たちと池袋と新宿で飲みました。やはり1カ月もの連載、それに9人で執筆している、4月上旬発行の新著の初校が連日飛び込んできているからです。いまだにタイトルが決まっておりません。どなたか・・・

 
トルファンのGULIさん

一番大変だったのが、トルファンのARZU TURPAN GULI(グリ)さんの原稿でした。

5年間、日本を離れていたウイグル人の日本語の原稿ですから、いつも原稿整理をする役割のわたしの仕事が大変でした。

しかもあちらはインターネット環境が極端に悪いところです。メールをすることだけでも難事業の地だからです。

かなりの負担でしたので心と体が癒しを求めていたのだと思います。腹がよじれるほど笑って楽しい酒を飲みました。たくさん飲んだのできのうはお休みしました。

 

でも、嬉しいニュースが飛び込んできました。

若手バレエダンサーの登竜門として知られる「ローザンヌ国際バレエコンクール」第40回大会の最終審査が4日、スイス・ローザンヌで行われ、高校2年生の菅井円加(まどか)さん(17)が初出場で優勝しました。

神奈川県出身、町田市にある私立和光高校2年生。

同コンクールでは、基本的に入賞の8人は同額の賞金を受け取る「同格の入賞者」で順位はあまり強調されていません。

 

しかし、円加さんの場合は「クラシック、コンテンポラリー共に優れている例外的なダンサー」と審査委員長も絶賛するほどの快挙でした。そのため日本人の1位入賞は、熊川哲也氏以来で大型ダンサーの登場と期待されています。またコンテンポラリーに優れたダンサーに贈られる「コンテンポラリー賞」も射止めています。ダントツの1位優勝です。


右がワレス、ひだりがワレス
 

おとといまで連載していたトゥランとアリムの兄弟も、ワレスとハレスもこの高校で学んでいました。お兄ちゃんは和光大学へ行きましたが1年で退学して外国での生活に移りました。わたしたち夫婦の先輩や友人あるいは後輩たちの多くがこの学校で教壇に立っていたからです。

きのう一緒に飲んだ先輩もここの名誉教授です。そして今も現役でがんばっている教師たちもいます。わたしも何度かこの高校の教壇に立ったことがあります。なんといったか、異業種の者の話を聞くという趣向の時でした。

 

 もうひとつ。

 新日本スポーツ連盟所属の全国スキー協議会が復興支援のために取り組んでいる「春休み子どもスキー」への申し込みが殺到していることです。宮城県だけでも定員の3倍以上の応募がきています。

 

被災地の木が一本、津波に負けないで立っていました。

こうした要望の大きさに応えて1人でも多くの子どもたちにスキーを楽しんでもらいたいと宮城県では定員を80名にし、バスを2台に増やすことを検討しています。そのためにもうひとまわり大きな支援募金とボランティアを求めています。さらに学校で案内チラシが配布されたこともあって連日、10人、15人という申し込みが殺到して、あっという間に定員をオーバーして対応に悩んでいます。

 

この行事は、岩手県では沿岸部の教員組合の協力を得て取り組んでいます。

宮城県ではスキー協のクラブ役員や労山会員の協力や地方自治体の協力を得て、そして福島県では、埼玉県加須市に避難している双葉町の子どもたちをスキーに招待しようと支援活動に取り組んでいます。

 

それにはお金とボランティアが決定的に少ないのです。でも、嬉しいニュースです。

| news | 05:31 | comments(0) | - |
楼蘭で農耕地跡発見 中国
 今朝4日の各紙は、「楼蘭で農耕地跡発見」というニュースが出ていました。

 時事通信電もありましたが、ここでは共同電をコピーしてお伝えします。

 2日の新華社電によると、中国科学院地質・地球物理研究所の研究者は、紀元前からシルクロードのオアシス都市国家として栄えた「楼蘭」の遺跡で、広大な農耕地跡が確認されたと明らかにした。これまで歴史資料から農耕が行われていたことは分かっていたが、遺跡は発見されていなかったという。

 同研究所は、遺跡が区画分けされ、かんがい用水路を備えていたことなどから農耕地と判断。楼蘭遺跡からは幅10〜20メートルの運河跡も見つかっており、「豊富だった水資源が枯渇し、かんがい農業が衰退したことも王国滅亡の原因の一つとなった」と推測している。

 楼蘭遺跡は新疆ウイグル自治区にあり、19世紀末から中央アジア探検を重ねていたスウェーデン人、ヘディンによって発見された。(共同)

イメージ写真です。

 

 時事通信電でも、見出しに「紀元前後の遺跡 楼蘭に農耕地 中国、水不足も王国滅亡原因に」とあります。

 今後も一層の解明が進んで、灌漑用水だけでなく、その全貌が明らかになることを期待したいものです。とにかく中国国内の歴史遺産は、最低限の公表も少ないところですから。

 しかし、この話は当たり前のことです。何をいまさらと思います。なぜなら、流浪甚だしい沙漠の水流はたえず激しく変化し、右に左に地表に地下に、その流れが動いています。

 わたしの家の近くの多摩川でも、府中市に押立という地名がありますが、対岸の稲城市にも同じ地名の場所があります。昔、私が住んでいましたから間違いありません。もっと下流にも対岸に同じ地名の場所があります。多摩川が動いているので、同じ村が分断されたのです。

 チベットへトレッキングに行った時も、「ここは旧集落ですが、河がなくなったので、今はあちらが新市街になっています」という説明を何度も聴きましたので決して珍しくありません。

 

 ところで私事ですが、きのう検査入院から退院しました。3泊4日が4泊5日になってしまいました。心臓検査の結果は全く問題なし。「ちょっと心配」といわれたじん臓も、「入院を長引かせるほどのものではない」とのことで、無罪釈放が決まりました。

 病院では夕食が6時半ころ、消灯時間が8時過ぎですので、時間の使い方に苦労しました。でも真夜中にパソコンを使っても、テレビをイヤホーンで見ても、あまりうるさく言われませんでした。

 2日目からはワイフにパソコンを持ってきてもらって、今週土曜日の「シルクロード講座」の資料づくりやその日の午前中に開く役員会のレジュメ作りなど、かなり忙しく充実したときでした。

 8階の窓からはスカイツリーも新宿の赤い灯も池袋の灯も見えました。しかし検査とはいえ入院はイヤです。健康に越したことはありません。何よりの収穫は、心臓もじん臓も太鼓判を押され、癌の気配も全くないということでした。

 

じん臓に関しては、「あまりたくさんお酒を飲まない」「醤油をジャブジャブかけない」「肉や油ものだけでなく、野菜をたくさん食べること」ときつく言われました。いえ、これは国家試験を取った医師の話しではなく、我が家の総司令官殿のご託宣でした。

でも、久しぶりのカツオの刺身とビールと焼酎はおいしかったですよ。

| news | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE