シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
いま新疆シルクロードは地獄と化している!! ――あるウイグル人の慟哭――

これからご紹介する文章は「次世代 総研」というところが発行したものです。

私は世事に疎いものですから、上記の団体あるいは出版社が、どのような性格のところなのか知り得ません。しかし、現在のウイグル問題については、かなり正鵠を得ているものと判断しましたので、そのままコピーして掲載します。ご了承ください。野口

 

2014年07月01日 更新

 中国の民族問題といえば、チベット問題を想起する読者も多いだろう。しかし近年では、ウイグル人を巡る民族問題も緊張を高めている。相次ぐウイグル人による事件を受け、中国は全国的な「対テロ戦争」を宣言した。しかし戦うべき敵はもともと存在しなかった。武断的な支配によって中国が自ら生み出してしまったものでしかない。民族や階級、地域といった境界線を強化し「内なる敵」を生み出してしまった隣国の失敗を日本は繰り返してはならない。

 10年以上にわたり「テロとの戦い」を続けるアメリカ。しかし、いまだにその泥沼から抜け出せずにいる。
 そして今、中国も国内の少数民族ウイグル人との「テロとの戦い」にのめりこもうとしている。ただし、両国には大きな違いがある。海外の脅威と向き合う米国とは違い、中国はその武断的統治により国内に「テロリスト」を作り上げてしまったのだ。
 中国を覆うウイグル人への恐怖とは何か? その背景とは? 日本に対する影響とは?
 これらの問題について考えて行きたい。

 

 中国を覆うテロの恐怖

 

多民族国家・中国には漢民族以外にも政府に認定された55の少数民族が存在する。その一つがウイグル人だ。

 ウイグル人の人口は政府発表で約800万人。その大半が中国西部の新疆ウイグル自治区に居住している。
 ウイグルの名を冠する同自治区だが、総人口約2200万人のうちウイグル人は40%あまりを占めるに過ぎない。入植が進む漢民族と人口ではほぼ拮抗している。
 (筆者註 ウイグルの人口は実際は1000万人を超えているといわれている。また、漢族の占める人口比は、とっくに5割を超えていると思える)。


 中国の民族問題というと、チベット問題が取り上げられることが多かったが、昨年からウイグル問題が緊迫化している。主要な事件だけでも以下のとおり続発している。
 
 2013年10月28日、天安門車両突入事件。ウイグル人3人を乗せた車が天安門前に突入、炎上。容疑者を含め5人が死亡した。
 2014年3月1日、昆明駅暴力テロ事件。ウイグル人5人が刃物で通行人を殺傷、29人が死亡。
 2014年4月30日、ウルムチ駅自爆事件。容疑者2人を含む3人が死亡。
 2014年5月22日、ウルムチ市朝市自爆事件。容疑者4人を含む43人が死亡。
 2014年6月20日、ホータン地区検問所放火事件。警官5人が死亡。
 2014年6月22日、カシュガル地区警察ビル車両突入自爆事件。容疑者13人が射殺された。
 
 他にも派出所襲撃事件、デモと警官隊の発砲など情勢緊迫を伝えるニュースは枚挙に暇がない。いつ市民を巻き込むテロが起きても不思議ではない。そうした恐怖が中国社会に広がっている。

| ウイグル情報 | 07:02 | comments(0) | - |
いま新疆シルクロードは地獄と化している!! ――あるウイグル人の慟哭――

 

 これからご紹介する文章は「次世代 総研」というところが発行したものです。

 私は世事に疎いものですから、上記の団体あるいは出版社が、どのような性格のところなのか知り得ません。しかし、現在のウイグル問題については、かなり正鵠を得ているものと判断しましたので、そのままコピーして掲載します。ご了承ください。 野口

 

ウイグル問題が米中の新しい火種に 200万人拘束情報も

2018.09.02 07:00

 中国の新疆ウイグル自治区では「中国からの独立」を叫ぶ少数民族のイスラム教徒ら200万人が身柄を拘束されており、自治区内に巨大な収容所が数十カ所も建設されていることが明らかになった。収容所建設は数年前から始まっており、収監者は自治区の全人口である800万人のうちの25%にも達している。英紙「フィナンシャル・タイムズ」が、ドイツのミュンヘンに拠点を置く世界ウイグル会議のドルクン・イサ代表の話として報じた。

 イサ氏は収容者数について、「今年初めには100万人ほどが収容所にいると聞いた。釈放された人がいるという話を聞いていない。いったん収監されたら、一生出られない。半年以上経ったいまも連行は続いており、いまや200万人以上だが、正確な数字は私たちにも分からない」と答えた。

 同紙によると、同自治区では、中国当局による「反テロ対策」により両親と親戚が拘束され、子供が孤児状態になったケースが何千件にも上っている。

 正確な収容所数は不明だが、米ワシントン大学に留学し、修士課程を修了した中国人留学生の張肖恩氏が米国の衛星監視システムで撮影した同自治区の画像を解析した結果、いまのところ21カ所の収容施設を発見している。そして、いまも建設中の収容施設が数カ所分かっているという。

 張氏は北京大学卒業後、ワシントン大に留学後、いまはカナダのブリティッシュコロンビア大学の博士課程で人権問題を解決するため、法学を専門に研究している。

 

張氏は1989年6月の天安門事件に関するドキュメンタリー映画を観て、中国共産党政権による人権無視の実態を痛感。同自治区での独立運動やチベット問題などに関心を持ち、法律の知識が中国の人権問題に立ち向かう力になると考え、研究を続けている。

 張氏が今年3月、中国版ツィッター「微博(ウェイボ)」で、反共産党の論文を発表すると、数時間後には中国内在住の両親が警察に呼び出されるなどの圧力が加えられたという。

 中国外務省は、6年間北京に駐在してウイグル問題などを報じてきた、米ニュースサイト「バズフィード」のメーガ・ラジャゴパラン支局長の記者ビザの更新を拒否。同支局長は国外退去を余儀なくされている。

 これに対して、在中国外国人記者協会は同氏へのビザ更新不許可について、「遺憾で受け入れられない」との声明文を発表するとともに、中国外務省に対して説明するよう求めている。また、北京の米国大使館も「中国に在住する記者の活動が著しく制限され続けている」として懸念を表明。

 これを受けて中国外務省報道官は8月下旬の記者会見で、「内政に干渉してはならない」と強く反発するなど、ウイグル問題は貿易問題に次いで、米中間の新たな外交問題に発展しつつあるようだ。

| ウイグル情報 | 10:16 | comments(0) | - |
いま、新疆シルクロードは地獄と化している!! ――あるウイグル人の慟哭――

今年2月に池袋でラビア・カーディルさんの「講演会」に行ったときは、驚きました。

日本でも有名な右翼団体の幹部やテレビによく出ている大金持ちや病院長などが主催者・来賓だったからです。

日本では軍部が100年以上前から台湾・朝鮮・中国・インドシナ半島などに「大東亜共栄圏」構想をもとに侵略を開始して2000万人もの人びとを虐殺してきた支配者層の侵略路線をリードしてきた勢力がすべて、右翼団体だからです。その勢力は今でも日本の支配層から手厚く遇されています。

ここはカシュガルから国境地帯へはいった標高3000mの山岳地帯。

この娘さんはキルギス人かウイグル人かのどちらかですが・・・

 

この勢力の主張は1%も国民の支持を得ていません。国民は、このような勢力は唾棄すべき相手だと知っているからです。でも政府や財界が支援をしているので生き残っているのです。

ですから、このような勢力が応援する活動は、国民の誰も支持・賛成しないのです。

 

そして、ウイグルの世界会議などの国際団体やチベットの国際団体は、アメリカのCIAが、主としてラジオ放送などで資金を出しているので、良識のある日本の国民はそのような団体を支持しないのです。あるいは知らないのです。

トルファン郊外の高昌故城入口にあるお土産売り場の、顔なじみの店前です。

 

 

日本のウイグル団体の責任者に、そのことを話そうと思いましたが、今の彼にそのことを話しても理解してもらえないと思い、今はやめています。

ウイグルや各少数民族の人びとと中国全体の平和と幸せの為に、わたしが以前から主張していることを、もう一度書きます。

 

1.新疆にいるウイグル人が、まず、「人権を守る」、「民主主義を守る」、「言論の自由および集会・結社・報   道の自由を守る」の一点で団結すること。

   =このことは世界共通の常識になっています。

 

2.それらの条項は「中国の憲法に明記されていること」だということを広く宣伝すること

    =中国共産党の綱領にこのことが書いてあるし、同時に少数民族を尊重するということも書いてあります

 

3.新疆のウイグル人は、同様の目標のもとに他の民族や漢民族とも協力しあい仲良くすること

=漢族が敵なのではなく、その指導部が悪いのだということを理解すること。なぜならば、多くの漢族も同じようにひどい目に遭っているのです。

 

4.新疆のウイグル人は外国にいるすべてのウイグル人と共通の目的で団結すること

   =いつまでも主導権争いのケンカをしているのでなく、多少は我慢をして共通の目的に徹すること。

 

.全世界のすべてのウイグル人は、この目的に沿った共通の目標=いわゆる「綱領」を持ち、科学的な方針を 持つことのできる単一の指導部を持つこと

    =いまのように喧嘩ばかりしているのであればそれは困難だけれど、共通の目的を見つけて、その一点で     団結することが大事。

6.「自分のことは自分で決める」ことに徹し、外国勢力の指示や指導を受けない、自主独立を守ること

    =CIAの操り人形にならないこと。自分のことは自分で決める、そして実行する。「東トルキスタン共     和国政府の崩壊との失敗」がその教訓であることを学ぶ。

 

7.その他、たくさんあります。

    

| ウイグル情報 | 08:59 | comments(0) | - |
いま、新疆シルクロードは地獄と化しています!! ――あるウイグル人の慟哭――

新疆はいま、地獄の様相を呈しています。

過去30年間くらいで40回程度、新疆シルクロードへ行っている私には、少なくないウイグル人の友人がいます。

しかし、その友人たちからのメールがパッタリと途絶えて数年がたちます。

彼らは全員が、「再教育」を受けているようです。

対象者は。

・過去、外国へ行ったことのあるウイグル人。

・家族が外国にいるウイグル人。

・家族を外国に出している家庭は、直ちに帰国するよう伝える。

・これらの項目に該当するウイグル人は、すべて再教育センターで再教育を受けるということが義務づけられました。

・その他

☆ウイグルの友人たちからの連絡が途絶えていて、かつ、中国当局からの発表が皆無のため、この項目提示は憶測の域を出ていませんが、最小限ここに挙げた項目は事実です。

今回の写真はすべてイメージ写真です。

中国当局が、これらのブログでも監視の目を向けているからです。

ここはホータンのポプラ並木です。

しかし今は、開発の名目でどんどん伐採されています。

「新しい道を造るから・・・」という理由でこの樹木を伐ってお金に換えているからです。

 

これらの事実は、今年初め「世界ウイグル会議」の主席である、ラビア・カーディルさんが来日した時に講演を聞き、知っていました。

その前に、長年の友人からのメールでも知っていました。

そのころ、彼のガイドで恒例の新疆ツアーを企画していましたが、突然の電話「野口さん、ツアーを中止してください」、「では、個人的に一人で行くことは可能か?」「それも無理です」というやり取りがありました。

それ以来、彼の消息は不明です。

数か月後、彼のいる会社から私にメールが来ました。

「今後、新疆の旅行に関しては、彼個人でなく、会社を通して行っていただきたい。彼と個人的なメールや電話はできません」という内容でした。

トルファンのあるホテルのダンサーの娘さん。

あまりの可憐さでシャッターを切りました。

 

 

先日、アメリカの議員が議会で取り上げているテレビのニュースが、ちょこっとだけ放映されていました。

中国政府の憲法にも明記されている、人権・民主主義を守る、集会・結社及び言論の自由あるいは少数民族の保護など、全ての項目があるにも関わらず、いま実施しているすべての行為が憲法に違反しているのです。これはどういうことでしょうか?

そのような重大な問題があるにもかかわらず、日本ではあまり大きく取り上げていません。右翼団体が「反共・反中共」という立場で活動しているのみです。

世界各国でも同様です。「新シルクロード経済圏構想=一帯一路」政策があるからです。

日本であまり大きな報道が少ない原因はいくつかあります。

  • 中国当局からの正式な報道発表がない。

‘本のメディアが、中国に遠慮して取り上げない、

日本の政府も同様の意図で取り上げない

ラビア・カーディルさんを招聘して全国各地で講演会などを主催する団体が、日本のウルトラ右翼団体だから。

い修梁

| ウイグル情報 | 03:37 | comments(0) | - |
ドレスの裾が長すぎる! 中国で警察が少数民族の女性の服を切って回る

きょうはインターネットのニュースで発見した、新疆ウイグルの問題です。

ともかく、ご覧ください。  野口

 

 

7/21(土) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

 

 

新疆ウイグル自治区カシュガルにある、中国最大のモスク「エイティガール」

中国の新疆ウイグル自治区で、ウイグル族の女性が丈の長いトップスやドレスの裾を警察に切られたという。新疆ウイグル自治区では、警察がウイグル族を厳しく監視している。

宗教的な過激思想を取り締まるため、当局はイスラム教を信仰するウイグル族のいかなる宗教的表現をもその取り締まり対象としている。

女性はロングスカートやブルカを身に付けることを禁じられ、住民はラマダン(注:イスラム教徒の5
つの義務の1
つ。約1カ月間、日中の飲食を断ち、神の恵みに感謝する)の断食を禁止されている。一方で、数十万人のウイグル族――100万人と言われることもある――が、ひげを伸ばしているとか、海外の家族と電話をしたとか、場合によっては何の理由もなく、裁判抜きで「再教育施設」に送られている。

そして今、ソーシャルメディアに投稿された写真は、警察が女性たちを呼び止め、彼女たちのロングスカートやドレスの裾を街中で切る様子を捉えたようだ。一部の女性はこうした服装を宗教的な理由というより、着心地の良さで選んでいるだけにもかかわらず、だ。女性の1人はヘルメットをかぶったままで、どうやらスクーターに乗っている途中で警察に止められたようだ。

参照:DOAM(Twitterの投稿より)
https://twitter.com/doamuslims/status/1017691347615145985/photo/1

“強制的な同化:東トルキスタン(注:新疆ウイグル自治区のこと)で、中国当局はウイグル族のムスリム女性のドレスの裾が長すぎると言って切っている。”

ハサミを使っている全員が地元警察ではなさそうだが、彼らは皆、丈の長いドレスを腰あたりで切ろうとしているようだ。

世界ウイグル会議の広報担当ディルクサット・ラクシット(Dilxat Raxit)氏はラジオ・フリー・アジア(RFA)の取材に、これは「ウイグル族の女性に対する攻撃だ」と語っている。

「世界のどこに、腰よりも長い女性のドレスを切って回る政府があるでしょう。まったくもってばかげている」ラクシット氏は言う。

「国際社会はこんな方法でウイグル族の女性を侮辱する中国を許してはならない」

新疆ウイグル自治区では、ウイグル族は男女にかかわらず厳しい監視下に置かれている。

当局は、住民の携帯電話に監視アプリをインストールし、12歳〜65歳の住民全員のDNAサンプルや指紋、虹彩スキャン、血液型の情報を集め始めた。また、当局は音声サンプルも収集していて、盗聴した電話の相手を特定するのに使用される可能性がある。

さらに、この地域ではウイグル族の活動を追跡、阻止するため、4万台の顔認証カメラも導入されていて、AFP通信は最近、新疆ウイグル自治区のある県では、967のモスクに監視カメラが設置され、イマームが政府の台本に沿った指導を行っているかどうか、当局がチェックしていると報じた。

[原文:Police are reportedly cutting too-long dresses off ethnic minority women in the middle of streets in China]

(翻訳、編集:山口佳美)

| ウイグル情報 | 03:00 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE