シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
中国共産党の「民族政策」とはなにか

 昨日の続きです。

イスラムの「ラマダン」の日。富めるものが貧者を救うという考えで、日没後は食事がふるまわれます。

ここはカシュガルのエイティガル寺院の横道の小さな広場。

「一緒に食べて行けよ」の声がかかります。

今はこんな光景も見ることができません。

 

 政府にとって少数民族を拘留する理由はいくらでも創りあげることができます。

 その理由の第一は、「少数民族」だということです。

 政府にすれば、少数民族はそもそも今の政府に忠実ではないから、という理由です。

“少数民族は、そもそも漢民族の中国共産党と政府を信頼していない”からということが、中国側の“気持ち”です。

 

  なぜ、そのような感情が表れるのでしょうか。少し長くなりますが、中国が、なぜ今、このような残虐で激しい少数民族弾圧を加えているのでしょうか。中国共産党の民族政策の変遷と辺境諸民族に関して探ってみましょう。

 10数年前、『季刊中国』に請われて執筆した「中国共産党の民族政策の変遷と辺境諸民族」をダイジェスト風に切り取ってご紹介していきます。

 

 一言で言えば、中国共産党の民族政策は、党のそのときの状況に合わせて帰られてきたということです。

中国共産党は、その辺疆諸民族の統治のために、結党後間もなく「民族の自決権」と「連邦国家構想」という民族政策をかかげました。

 主な理由は、ソビエト連邦(当時)やコミンテルンの政策を教条的に採用したためと、野党としての理念目標。宣伝スローガンだった側面がありました。

 

 しかし、中国共産党の民族政策は、革命闘争の過程で幾度も変更・変遷を遂げました。中国共産党は1949年に、権力を獲得したのち、すなわち新中国建国と前後して「民族区域自治政策」を打ち出し、なおかつ「民族識別」工作をも実行し、その後、分離・独立の運動が激しくなった現在でもいささかの動揺もみせません。その「民族区域自治政策」のモデルは内モンゴルの自治だった。

 

 一方、1933年に続いて抗日戦争末期の混乱期に1944年の新疆で起きた「東トルキスタン共和国政府」の樹立は、新疆諸民族と統治側の国民党政府はもとより、中国共産党にとっても驚天動地の出来事でした。1年半あまりで夭折・崩壊したこの「民族革命政府」の理念は、21世紀に入った今日においても、その精神と理念が辺疆諸民族に継承され、こんにちにおける分離独立運動として受け継がれています。

 

 ここでは、中国共産党における民族政策の変遷と、その政策がなぜ、最終的に「民族区域自治」政策に移行し、「民族識別」工作を行ったのか、そして「東トルキスタン共和国政府」が、どのような過程で樹立され、崩壊に至ったのかについてふれてみたいと思います。

そのエイティガル寺院も、今は軍警の休憩所がつくられています。

自転車で通りかかったウイグル人が、軍警に呼び止められました。

私服も含めて10人くらいが取り囲んでいます。

このあとウイグル人たちが、血相を変えて集まってきて、一触即発の状況。

私たち外国人は、このようなところにいてはまずいことになります。

すぐに移動しました。

 

※今日の写真は私の撮影したものです。

| シルクロードの光と影 | 10:18 | comments(0) | - |
国際世論でウイグル民族の救援を

 中国共産党と中国政府によるウイグル民族や新疆の各少数民族に対する人権侵害や抑圧は、わたしが今まで知る限りのことを書いてきたこと以上の惨状を呈しているとともに、国際的な支援と救援の動きとなっているようです。

 

 これから記す内容は主として直近のロイター電によるものです。

 

カナダ、イギリス、フランス、ドイツやオランダなどの15か国の駐中国大使らが、中国当局に書簡を送り、新疆ウイグル自治区党委員会の陳全国・書記との会談と新疆の人権状況の説明を求めました。

 

 書簡は「新疆でのウイグル族らイスラム教徒に対する扱いを強く懸念している」とし、「状況を明確にするため、陳書記の都合がいいときに会談することを求める」と明記しています。

 

 これに対し、中国外務省の華春蛍(か・しゅんえい)副報道局長は15日の記者会見で、「なぜこのような要求を通じて、連名で中国に圧力をかけるのか。このようなやり方は非礼であり、受け付けることはできない」と批判。「各国大使は、駐在国内のことに干渉すべきではない」などと非難しました。

新疆のバザールで羊を売るウイグル人

 

 新疆で数十万人によるウイグル族らが不当に拘束されていることに関し、国連の人権理事会の場や国際NGOなどから懸念が相次いでいます。

 

 しかし、中国政府は「根拠のないうわさを信じ、夢中になるべきではない」(王毅〈おうき〉外相、13日の会見)などと国際社会の懸念を否定し、詳しい説明を拒否しています。

  (ロイター電の報道はここまで)

 

 一般に中国人は、日本人などの発言に比べて欧米に発言を必要以上に重視します。

 何かの会議があると、中国の報道は、会議の内容ではなく、まず先に、ヨーロッパの報道陣が何人来たかを報道するくらいですから・・・

今日の写真は、すべて通信社のネット写真です。

 

また、昔トルファンで開催された「国際トルファン学会」に早稲田の高名な先生(たしか坂内先生だったかもしれません)方と出席した際、たまたまバックパッカーとして偶然、会議に傍聴者として顔を出したヨーロッパの青年を、理由もなく主席団の席に座らせたことがあります。高名な早稲田の先生より先に発言させ、その内容があまりにトンチンカンで稚拙な内容なので、通訳のグリさんは怒りに燃えて席を蹴って退出したほどです。

 

 今の中国の党と政府は、そのヨーロッパの国々が出した声明さえも断固拒否するのですから、ウイグル族らを弾圧する決意は固いようです。

 

 ウイグル人の数多くが外国へ脱出して学んでいます。卒業しても帰国したがりません。家族でさえも、「せめてあなただけでも帰国しないで、その国で幸せに暮らして・・・」という気持ちが強いのです。

 

 ですから、中国政府はその家族に圧力を加えて「お前の息子か娘を帰国させろ」と迫るわけです。帰国しないと拘留します。

 それと気づかないでたまたま留学先から帰国すると、たちまち拘留です。

 昔、外国に行ったことのある者がいると、王流していわゆる学習させ、反省文が不十分だとさらに拘留です。

 

 続きは明日にしましょう。

| シルクロードの光と影 | 03:49 | comments(0) | - |
いま新疆シルクロードは地獄と化している!! ――あるウイグル人の慟哭――

下記の文章は、私たちがいつもガイドをお願いしているガイドが所属しているウルムチの旅行会社からのメールです。なぜか、親友の彼からのメッセージはなかった。私たちをいつもガイドしてくれるガイドNからは、昨年末に緊急電話があって以来、行方がしれません。おそらく再教育センターに拘束されているのだと思います。彼が日本に1年間ほど来たときは拙宅にステイしました。それほど私とは親密だったのです。

今日の写真もイメージ写真です。

今後はウイグル人の友人の顔の写った写真は使えないですね。

この写真は、ウイグルの地では、どこでも見られる絵です。

ウイグル人は踊りが好き、歌が好き。

この絵が今でもみられるのか、心配だ。

 

 

このメールを送ってきた漢人の人物を、私は誰だか推測できます。

 

いつだったか私がウルムチのホテルに投宿したとき、たまたま彼が宿泊の手続きをしてくれたのですが、翌朝の朝食券が1枚余りました。彼はそれを持って帰って、翌朝はおしゃれをした奥さんとその友人2〜3人を連れてきて食事をしていたことを覚えています。

この写真は12月のホータン郊外の小さな集落のバザールの光景です。

いま、ウイグル人の「ロバ車」はホータンやカシュガルなどの都市へ入ることはできません。

交通の障害になるからということです。

すべてが開発優先、漢人優先です。

 

 

その彼(たぶん)からの会社からのメールです。

 

野口さんへ

久しぶりです、お元気ですか? 

お陰様でいま現在、私たちも元気です。

 

このメールアドレスは事務所共通用のもので、何かありましたらこのメールに送ってください。今まで使ってきた個人用のメールは使えないことになっています。

 

それから、携帯電話も国際電話は受けられないので、事務所の固定電話にかけてください。

事務所の電話:+86-991-2325○○○   ○○○○○○  

よろしく お願いします。

 

最近は観光客があんまりないので、仕事も少ないです。

野口さんは今年はどこへ行く予定ですか。

では、とれあえず 連絡まで

2018.4.12

この写真も12月のウルムチ中心部の夜店です。

どんなに寒くても、かれらは夜店が好きです。私もですが・・・

 

 

電話もメールも個人のものは使えないことになっています。

中国憲法で言う「通信の自由」が、ここでは平気で破られています。

このように、いま、新疆ウイグルとチベットは先進国であるのに、法律がないがごとくの無法地帯になっているのが現状です。

今の新疆ウイグル自治区の党委員会の書記(最高責任者)はチベット自治区から移転になった人物です。

 

私の友人の妹の夫の父親は、かつて新疆ウイグル自治区人民代表大会の、日本で言えば官房長官のような人物だったのですが、その人も今はどうなっているのか、皆目わかりません。

いったい、この事態はどういうことなのでしょう・・・・・・

| シルクロードの光と影 | 08:56 | comments(0) | - |
いま新疆シルクロードは地獄と化している!! ――あるウイグル人の慟哭――

次は、私の長年の研究仲間で、いま、北欧スウェーデンの首都ストックホルムに住んでいるウイグル人の友人から、血を吐くようなメールが来ています。それを紹介しながら私のコメントを入れます。太字の車線の文字が彼女のメール内容です。

 

大変ご無沙汰していました。申し訳ありません。

お元気でいらっしゃいますか。

奥さんもお元気でご活躍されていらっしゃるでしょう。

おかげさまで、私たちも元気に生きています。

大きな変わりはありません。

※今日の写真もすべてイメージ写真です。

 

ここはカシュガルのエイティガル寺院の近く。ラマダンの時期の夕食の時間です。

みんな日暮れを待っています。私があいさつすると「寄っていきなよ」と声をかけてくれます。

 

 

残念ながら、妹はまだまだそのキャンプにいます。

筆者註 )紊気鵑郎G2月にウルムチからのツアーでトルコに行ったとのことで。日本の私たちの普通の海外ツアーと何ら変わらない旅行に行ったことがとがめられて、帰国した空港からそのまま「再教育センター」のようなキャンプに拘留されて、現在もまだキャンプにいるとのことです。

 

母は、3ヶ月間共産党の政治勉強に通ったようです。

筆者註◆”卒がちで間もなく80歳になるお母さんは、10年ほど前、日本に在住していた娘と孫に会うために日本へ来たことのある方です。“海外へ行ったことのある者は再教育だ”という主旨であったならなんという時代錯誤でしょうか。そのどこがいけないのでしょうか?

お母さんはかつて文化大革命の時に、ブドウ園を経営していただけの理由て、「地主」だと批判されて、三角帽子をかぶせられて、市中引きまわしにあったそうです。

 

家族とはまだまだ連絡を取ることができず、悲しい毎日です。

ただ、北京のある大学にいる私の漢人の友人をとおして情報を得ています。

このような事情はいつまで続くのかはわかりません。

いま、ウイグル人は、歴史の中で一番残酷な日々に当たっています。

カシュガルのレストランの娘さん、20歳だといってました。

後ろにはちゃんと母親がついています。

 

 

ところで、野口さんはお元気でご活躍され、海外流行はされていませんでしたか?

息子の奥さんが軽い「産後うつ病」になり、この3ヶ月間、孫の面倒をみました。

あかちゃんはもう5ヶ月となりました。

ご家族の皆さんにどうぞよろしくお願いします。

ではお元気で

○ ○ ○ より

 

カシュガルからパキスタンへ向かう「カラコルム・ハイウエイ」。

以前は少し雨が降ると通行止めになっていました。

 

| シルクロードの光と影 | 03:09 | comments(0) | - |
いま新疆シルクロードは地獄と化している!! ――あるウイグル人の慟哭――

消息不明になっているあるウイグル人の家族のもとへ、当局からの請求書が届きました。その請求内容は、驚くべきことに、拘束していた人を銃殺するために使った銃弾の代金と殺害された人の遺体を家族のもとへ送り届ける「棺桶」の代金だといいます。

いま、新疆やチベットの地では、公開裁判のない“裁判”がひそかに行われていて、そのようなことが起きています。

 

さらに衝撃だったことは今年の1月、南新疆の街カシュガルの空港である日本人旅行客が、次のような掲示が張られているのを見たそうです。

 

中国の空港では、一般旅客の通路とは別に、政府や軍の幹部のために特別に早く通すための通路があるのですが、そこに次の言葉が付け加わっていました。「人体器官運輸通道」。

これはいま中国で「全民検診」ということが勧められているのですが、要するに“人体の腎臓や肝臓などを急いで通すので道を開けておきなさい”という掲示です。

 

その「人体器官」が、最近になって急速に増えているそうです。その結果、1900万人の生体バンクが完成し、その対象者は、ウイグル人・チベット人や独立志向の人びと、少数民族あるいは気功集団・法輪功・キリスト教少数派などです。当然、それらの人はすでに殺害されているわけです。

 

さらにこれらのドナー登録で巨大な利益を得るものが続出しています。

それらの為に、この「特殊旅客・人体器官運輸通道」が、当局は当たり前のこととして、良心の呵責も痛痒も感じないで掲示したものと思えます。

国際的な団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」も、このことについてはかなりの労力を使って活動しているとのことです。

私がなぜこの写真を使うのかは不明ですが、要するに記事と関係のない写真を使用しているからです。

きのうまでの写真も同じ理由です。

ここは新疆の首都ウルムチのロシア風ホテルのレストランです。

 

国際的な批判が高まっている一連の出来事に関して、中国政府は「内政干渉だ」と反論していますが、すでに「人権批判は内政干渉ではない」ことは国際的な常識になっていることを中国政府は知らないのか、あるいは無視しているかのどちらかでしょう。

 

次の文章は、先日、ネットに出ていた私も知らない人の訴えです。

文章と内容は極めて穏便で、彼あるいは彼女の安全に配慮したものになっています。

敦煌・莫高窟

 

消息を絶ったウイグル人学生を救って!

 

マレーシア工科大学で学んでいたグリゲイナ・タシマイマイティさんの消息が、故郷の中国・新疆ウイグル自治区に戻った昨年12月26日以来、分からなくなっています。

グリゲイナさんの家族や友人は、政治的再教育のための施設に拘禁され、拷問や虐待の危険にさらされているのではないか、と懸念しています。

 

現在、新疆ウイグル自治区当局は、ウイグル族などイスラム教徒の少数民族に対して強硬な取り締まりを行っており、宗教家や海外につながりがある人たちが狙われています。そんな状況を心配した友人や家族は帰国を止めようとしましたが、グリゲイナさんは連絡が取れなくなった両親のことが心配だからと、反対を押し切って帰省しました。

 

グリゲイナさんはマレーシアを発つ前に、無事の合図としてウィーチャット(微信・中国のソーシャルメディア)のプロフィール写真を毎週変えると友人と約束していました。帰国後、写真が差し変わったのは1度だけで、数週間後には陰鬱なモノクロ写真に変わりました。刑務所にいるように見えるものでした。

同じ敦煌・莫高窟です。

 

 

拘束されているグリゲイナさんを今すぐ釈放するよう、中国当局に要請してください!

 

ウイグル自治区では弾圧の対象になった人たちが「反過激主義センター」「政治学習センター」「教育と転換センター」などと呼ばれる再教育施設に、不当に拘束され、中国の法律や政策を学ばされます。報道によれば、自治区政府は留学中のウイグル人全員に帰国を命じる方針を打ち出し、帰国した学生たちを懲役刑にしているとのことです。

 

 

| シルクロードの光と影 | 07:01 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE