シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
第90回 シルクロード講座の報告  (報告者 大塚純子) 

2月のシルクロード講座は1週間前に開きましたが、日本シルクロード文化センター役員の大塚純子さんにレポートを書いていただきました。写真は一部を除いて末尾にまとめて掲載します―野口

  

 

 開催日時:2018年2月10日(土) 13:00〜16:00

 会場: 「みんなのひろば」  狛江市和泉2-20-12-103

 

 テーマ:「カザフ牧畜民が生み出す美しき装飾世界―手芸技法の紹介を中心に」

 講 師:廣田千恵子さん(カザフ装飾文化研究者)

(講師プロフィール):モンゴル国バヤン・ウルギー県に2年滞在しカザフ人とともに生活しながら彼らの文化を学ぶ。帰国後は全国各地でカザフ刺繍ワークショップを開催。また、留学中からWEBサイト「カザフ情報局KECTE」を通じて情報発信をおこなっている。現在は千葉大学大学院後期博士課程在籍中。

 

 モンゴル国内のカザフ人の人口は約10万人、モンゴル国の総人口のうち約4%を占め、そのうちの約9万人はモンゴル国の最西北のバヤン・ウルギー県に居住している。

モンゴル内のバヤン・ウルギー県の地図

 

 ロシアの南下政策が始まるにつれてカザフの一部の牧畜民たちは南へ北へと移動しこの地に落ちついた人々は、そのあとにモンゴル・ロシア・カザフスタンの国境が定まったためカザフに帰れなくなりモンゴル国民となった。モンゴル国内の少数民族と位置づけられ、カザフ人は少数民族中、人口第1位でその89%を占めている。

 

 バヤン・ウルギー県では全人口(約11万人)の4割が牧畜を専業としている。この地のカザフ人の文化とは遊牧、イヌワシを用いた狩猟、ドンブラなどの民族楽器・音楽、天幕型家屋の内側を飾る室内装飾の製作その技法、文様です。

 今回の講座は、このうちの天幕型家屋(キーズ・ウイ=フエルトの家の意)の伝統的室内装飾の作成技法とその文様、材料等の紹介です。

 

  • カザフの天幕型家屋(ユルタ)とモンゴルの天幕型家屋(ゲル)は少し違う

・カザフのユルタは屋根が高くモンゴルのゲルよりも大きい。

・モンゴルのゲルは真ん中に屋根を支える支柱があり屋根をしっかりささえている。カザフのユルタは屋根が2段になっていて高く、屋根は支柱で支えるのではなく全体のつり合いを取ってかぶせるので支柱がない分やや柔い。

カザフのユルタ

 モンゴルのゲル 

  • カザフの天幕内の装飾とモンゴルの天幕内の装飾は違う。

 ・カザフでは室内を装飾布で飾る伝統がある。色彩鮮やかで技法に富み、砂防や害虫の侵入を防いだり、風を通したり塞いだり室内の温度調節をする簾に似た機能を持つ装飾布もある。バヤン県は冬は―30℃〜―40℃の半乾燥地帯で防寒対策は欠かせない土地柄である。

・ユルタの造りはゲルより頑丈な造りではないので、重量のある装飾布を多く架けるには注意が必要である。

*この地のカザフ人は、夏は高い山に移動して天幕型住居に住み、冬は山を下りて定住用の固定木造住宅(スタック・ウイ)に住む。固定住宅の中は冬に使うストーブで空気が汚れ装飾も汚れるので室内装飾は少ないという。^

・モンゴル人は常に移動に適した天幕式ゲルに住む。モンゴル人のゲルの中は装飾が少ない。装飾は家具そのものに彫刻・彩色をほどこし簡素である。

移動の際には解体、運搬、建造がしやすいことを旨としている。

 

3.カザフの装飾作成技術一覧(カザフ語表記)

  • 彫る(Oio)オヨ     木材を彫刻する。フェルトを切り取る。
  • 縫う(Tiry)ティゴ     刺す。縫う。*針を突き立てるイメージで布にさす。

            壁掛け布を作成する技法で、道具は針・かぎ針

            フエルトに刺す場合は()サロ

  • 巻く(Opay)オラオ   巻く。包む。くるむ。*芦の茎に糸や裂いた布等を

            巻き付け、これを簾のように編んでいく技法。

            砂防壁を作成する技法

  • 織る(Tepy)テロ    織る。拾い集める。*一か所に集めるイメージ

            手織紐を作成する技法

  • 織る・編む(Toky)トコ 織る。編む。*物を構築するイメージ

 

4.文様を作り出す技術

 )イΑ憤貳姪にティゴ)*縫い方によってさらに名称が分かれる。

             ・刺し縫いする

             ・縫い合わせる

             ・押し縫う

             ・仮縫いする

           *道具=針(イネー)、大針(テペン)あるいはかぎ針(ビズ)

           *素材、フェルト、布、皮

∋表する(刺繍=ケステ)

・かぎ針刺繍、手刺繍、大針刺繍、(縫い目によって)○○刺繍

 大きな布のまま製作できる。壁掛け布、マット、ベッドカバー、マットレス等

 の装飾によく使われる。技法は難解ではなく反復練習すればだれにでもできる。 

  ・刺し子≠刺繍とは別の分類。 布が丈夫になる。

・左右対称の整頓された模様を表現するための技法 

・ケステ=〇表 一覧表は)イΔ汎韻

 ・織は芦を刈り取って乾燥させ、茎の一本一本に糸や細く切った布、紐を巻き付け

  これを何本も並べて簾を作るように織紐で括っていく技法で、芦の間隔を変えて用途に合わせ、砂防壁に仕立てたり、風を通す暖簾に仕立てたり、虫を防ぐ簾にもなる。

 ・機織り機は無く、簡単に木の枝を何本か固定し、間に縦糸を通し、これに横糸を

  くぐらせていけば布が織れる。

  縦糸の本数を多くすれば布幅は大きくなるが、文様の都合で一般的、伝統的に

  縦糸の本数は決まっているようだ。

  草原でも、道端でも、家の中でも簡単にこの仕組みで布を織ることができるので、

  場所や時間を選ばずに作業ができる。熟練すれば高度な文様の布もできる。

 

5.文様 

文様は動物の角、耳などがモチーフになっており、左右対称の図形が繰り返される。

 布全面を刺繍で埋め尽くすのが特徴。微細に正確に埋め尽くす。

 かぎ針網や刺繍では繰り返し文様の他に、自由な絵柄、色使いが出来る。

 しかし、これも基本的にはびっしり布地を埋め尽くすのが伝統である。

 

6.装飾品は商品化されていない。

 カザフ人の装飾布は生活の必要から生まれ、技術が高く昇華したものであって

 手空きの時間にコツコツと造りだされた。したがって売るほどに造るものではなく

 市場にはほとんど出回らない。

 したがって手に入れるのは難しい。

 大作は絢爛豪華で目を奪われるが、技法は難解とまではいえず、素材、糸、布地も手近に入るもので作られ特別高価なものでもない。化学繊維も使用するし、時代につれて登場する新しい素材も取り込んでいる。今までもこれからも大量清算は可能ではない。

 

 この宝物はこれからどう発展していくのだろうか。

モンゴル西北部地方の美しい景色にあこがれている身としては、遠くない将来にこの地を旅し、カザフ人のユルタに立ち寄って装飾品の数々を見せて頂きたいと思う。

                                

| シルクロード講座の報告 | 06:51 | comments(0) | - |
盛況でした! 1月のシルクロード講座

1月13日(土曜日)。今年初の「シルクロード講座」を開きました。

この日の会場は「泉龍寺 仏教文庫」。

 

狛江駅北口から直線でおよそ100メートル。静かな環境のその境内のはずれにある仏教文庫は、私たちが2〜3ケ月に1回開いてい行なっている「現代シルクロード研究会」の会場となっています。

 

こちらの会場のシルクロード講座は毎月定例というわけにはいきません。お寺さんですから葬儀や法要、仏教研究の予定などの日程が組めないからだと思います。したがって「毎月第2土曜日午後」というシルクロード講座の日程は組めないのです。

で、この日の講師はペルシャの歌姫ナヒードさん。

今回は「イランのおもてなし」についてイランと日本の違いを話していただきました。

もうこれで3年連続の1月の出演です。

 

お話の内容は、たとえば“お客さんを大切にする”ということ。

知らない人と知り合っても、必ず食事か何かを勧める。

あるいは何かをすすめられても「3回」は“いりません”と遠慮をするなど、日本とのあまりもの違いに驚くやら大笑いするやら・・・

面白おかしい話もあれば、フーンとうなづいて感心するお話もありました。

 

この日は横浜から参加の女性や、常連さんがお誘いした方の参加、あるいは狛江と縁が深かったという中野区在住のウォーキングクラブの長老の参加などで20名近い参加の大盛況でした。

なかでも横浜から参加された方は、自ら「シルクロードを勉強したいので」と申し出て入会。もと税関に勤めていたのでPCは得意。わがクラブの弱点を補ってくれそうです。

 

講座終了後の全員写真

わたしの55年来の親友・石井賢二とワイフとナヒードさんと

楽器を持参したナヒードさんは、講座で演奏するのを忘れました。

それで懇親会の席で・・・・

ナヒードさんの席の前に置かれた「八海山」のマス酒。

でも彼女はそれほどのん兵衛ではありません。

| シルクロード講座の報告 | 04:49 | comments(0) | - |
茶馬古道を旅した気分ー第86回シルクロード講座

9月9日の第86回シルクロード講座は「チベットへ続く茶馬古道」でした。カワカブ会代表の小林尚礼さんに話していただきました。小林さんには2015年1月の第58回シルクロード講座で「ブータン 山と森と神の国」と題してブータンの聖地のことをお聞きして大好評でした。(そのときの報告はこちら。)

 

今回は、中国の南西部からチベットにかけて、3,000 キロ以上に渡ってつづく古道「茶馬古道(ちゃまこどう)」の話でした。

茶馬古道は1 千年以上昔から、チベットと中国が茶の交易を行ってきた道で、茶の原産地とされる雲南南部の亜熱帯の森や、四川の茶山から始まり、少数民族が暮らす地域を通過して、横断山脈の深い谷と雪山に分け入ってゆきます。そして、平均高度4000m のチベット高原をこえて、チベット仏教の聖地ラサヘいたります。

 

お話は、まず茶の原産地で、日本の茶畑とは景色の違う茶の栽培の様子、樹齢1000年を越す古茶樹との出会いや、雲南地方の少数民族のそれぞれのお茶の飲み方、プーアル茶の作り方、いにしえの茶馬古道の一部が今も残る街並、キャラバン宿、茶を栽培してない村や町でも必ず店先に並ぶ固めた茶葉、バター茶の作り方など、豊富な写真で紹介してくださり、興味深いことばかり。早速質問が飛び交います。


バター茶の作り方(撮影 小林尚礼)
 

休憩を挟んで、小林さんが取材で2008年に踏査したチベット部分のお話へ。雪に阻まれて超えることが出来なかった5,250mの峠を、逆側から挑戦したり、落石が道を塞ぐ片側絶壁の崖の1本道を自力で石を退けながら車を通す話、雪道を足跡を辿りながら進んで行って目的地にたどり着けたけれど、実は熊の足跡だったなどの冒険談にひきこまれます。ただし、単なる冒険ではなく、あくまでも茶馬古道を探る旅。ところどころで、その証拠を確認して行きます。そして到着したチベットのラサ。いろいろ変わっているけれど、人々の祈りの姿は変わらないということでした。

ラサのポタラ宮が見えた(撮影 小林尚礼)

 

最後はカワカブ会の今年6月の茶馬古道の旅第3部、梅里雪山からラサへの旅の写真を見せていただきました。来年10月前後に第4部ラサからネパールを計画されるそうです。

 

時間があっという間にすぎてしまった3時間でした。多くの参加者が恒例「鮮の庄」での懇親会に引き続き参加して盛り上がりました。(報告 周東)

| シルクロード講座の報告 | 02:19 | comments(0) | - |
きのうシルクロード講座でお話ししました。

「シルクロードの真髄を極める旅―西域南道から河西回廊、青海と長安―」

 きのう10日(土曜日)午後、表記の講座を開きました。

一生懸命、お話ししました。

講座が終わって・・・

 

 この間、公私ともに多忙で、といいたいところでしたが、わたしに「公」なんてありません。「私」の多忙さばかりですが、極端に多忙で疲労困憊しました。

 とくに、行き先を急に変更せざるを得なくなった河西回廊の旅の準備は、3日間でパワー・ポイントをつくりました。それでも110枚ほどの写真を一枚一枚説明することができました。

 15人ほどの聴講者のうち8人のツアー参加者のうち、兵庫県と千葉県の方を除いて5人が参加されました。驚いたことに宮崎県からの参加者が、この日の講座のために、朝一番で起きて参加してくださいました。

また、お1人は講座終了直後に参加を申し出てきました(飛行機の座席があるかどうか12日にならないと分かりませんが)。

懇親会で。ツアー参加者中、最年少の愛子さん。右は懇親会を取り仕切るうちの奥さん

 

 

 わたしも一生懸命旅先の特徴を覚え、過去の旅を思い起こしてお話ししました。なかなか難しかった敦煌莫高窟の窟の説明もできました。

ツアー参加者中最年長(84歳)の加藤さん

 

 

 講座を終えて、本当にほっとしているところです。でもまた、7月22日(土)には「現代シルクロード研究会」の講義があります。それがおわると、いよいよ8月5日から河西回廊の旅が始まります。

 来月の講座は、わがクラブの若手役員・田中浩太による「イヴン・ファドランと旅する10世紀の中央ユーラシア」です。是非、ご参加ください。

 

| シルクロード講座の報告 | 10:39 | comments(0) | - |
はじめまして ちゃるぱーさ です。   野口信彦

 13日の土曜日、第83回目の「シルクロード講座」を開きました。

 出演は、音楽ユニット・ちゃるぱーさ(佐藤圭一、やぎちさと)さん。

 どういうことか3年前の前回、わたしはどこかのシルクロードに行っていて、お目にかかっていなかったのです。

「左手の拳を結んで上向きにするとアフガニスタンです」と佐藤さんが説明すると、

彼あきらくんが実演してくれます。

 

 音響などを持参する「ちゃるぱーさ」は、携帯用の音響や楽器の搬入があるので、早めに来ました。前回はまだ1歳前の赤ちゃんだったあきらくんも、今回は3歳の可愛い盛りの坊やでお出ましでした。4年前の孫娘を思い出します。

ご両親の演奏中でも、あきらくんはコックリコックリをはじめました。

でもご両親は、そのまま演奏を続けます。三人のイキはピッタリです。

やがてお布団を出してもらって、オネムリです。大人たちは彼ばかり気にしていました。

 

 あいにくの雨でしたが、あきらくんは両親が準備中でも、お二人から片時も離れないで遊んでいます。この日は2組の主役の1人でした。

 

 7月のシルクロード・ツアーに参加するMさんから翌日、早速、メールが来ました。

 

 「ちゃるぱーさ」の演奏 すごくよかったです。

 心地よい音楽でした。アキラ君の助演もよかった。

 乾いた風の吹く木陰で聞いたら どんなに素晴らしいだろうと思いました。

 ・・・これで参加費 1000円 安いです。ありがとうございました。

 参加者の中に、2010年モンゴル旅行で一緒だった神(じん)さんがいたような気がします。勘違いですか?

では、6月10日にまた。            M子

 

 神さんは来ていましたよ。

 

 ちゃるぱーさは、今度は11月4日の日本シルクロード文化センター恒例のイベントに出演してくれます。

 

 この日ははじめ、佐藤圭一さんからアフガニスタンの過去と現在、政治、宗教そしてミュージック・シーンなどのお話がありました。この話だけの講演会も必要かなとも思いました。

 

 アフガンの人口の半数を占めるパシュトゥーン人はアフガニスタンと同じ意味で、その意味は「気高くて強い人たち」だということ。ビンラーディンは訪問者としてアフガンに来たので、客人としてもてなさざるをなかったので、敵(アメリカ)に差し出さなかったということなど、はじめて聞く話もたくさんありました。

 

 

 そういう点でいえば、昨年の我が日本シルクロード文化センターの年一回のイベントを、アフガニスタンを中心にして構成しましたが、大使に講演をお願いして「来る」という確約だったものが、案の定、大使館の別の者が来たということとは別に、アフガンのソ連侵攻から内乱・内戦、アメリカの攻撃に至る焦眉の課題の話がほとんど出ないで、アフガンが天国か極楽であるかのような話しかしなかったということがありました。

 

 佐藤さんは、そのことについては「彼らは、国内の最も悲しいことを語りたくないのでしょう」という意味のことを言っていましたが、私はいまだにこのことについては納得できていません。まだ抗議しています。心の中でですが。

 

また、国内の民族構成、言語、イスラームのこと、バーミヤンなど古代遺跡のことなどなど、わたしにとっては、この種の話をこそ聞きたかったのだという思いでいっぱいでした。

おくさんの「やぎ ちさと」さん。

とても素敵な女性であり、良きママでした。

「ママさん」でなく「ママ」という言い方に私の称賛の気持ちが込められています。特にその音=音楽に対する感性、太鼓に特化した感性がとても素敵でした。今度はソロを聞きたいのです。

 

懇親会も、彼の独断場です。

| シルクロード講座の報告 | 09:58 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE