シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
シルクロードと賢治、その続き

先日、シルクロードと宮沢賢治を書いてから、賢治への想いが消えません。今日はその続きを・・・・

 

 

越境するイーハトーブ

「雨ニモマケズ」の草稿

 

イーハトーブは東北地方に限定されず、故郷の海岸や延々と続く丘や山々を超えていく。そして大洋の島々まで伸び広がり、砂漠と大陸を横断し、東方と西方にまたがった理想郷へと昇華していった。さらに『銀河鉄道の夜』で描かれた透明な軌道を走り、はるか天空まで昇りつめ、「永久の未完成これ完成である」(『農民芸術概論綱要』)の彼方へ、永遠へと向かうのである。

イーハトーブは賢治の心の中にある理想郷だ。賢治が生まれた岩手の風土がそのモチーフになっている

 

賢治はすさまじい精神力でイーハトーブの世界を描き続けることで、生命を燃え尽くした。そして今、私たちは作品の中に描かれたイーハトーブによって、賢治が追い求めた夢とは何かを知るのだ。

 

宮沢賢治と中国

 

環境問題への意識がまだ普及していなかった100年ほど前、宮沢賢治はその概念を創出して昇華させ、さらに作品の主題として取り入れた。そしてそれを「イーハトーブ」と自ら呼んだ。

 

賢治のこのような時代を先取りした意識の源は、有史以来の中国思想に深く関係している。春秋戦国時代の老荘思想では人間と環境に対する関係性が説かれた。万物が混成していると主張する斉物論(せいぶつろん)は、人間と自然界における多様な生命が相互に作用して融合するという生成観を表している。賢治はこうした老荘をはじめとする東方の賢者の知恵を融合させていたのである。

 

中国の古典で賢治が最も好きだったのは『西遊記』であったと、弟の宮沢清六さんが明らかにしている。かつて賢治が在学した岩手県盛岡高等農林学校(現在の岩手大学)の図書館に、当時賢治が愛読した『西遊記』と思われる蔵書が保存されている。

 

賢治は身体を岩手県の郷里に置きながら、心は西域、天竺への漫遊に何度も旅立った。それは共に北緯40度前後に位置する岩手県とシルクロードを結ぶ心の通路であり、イーハトーブの夢を描く空間であった。日常生活もたびたび西域とシンクロし、時には「悟空」(『春と修羅 第二集』)を呼び出して同行させたり、時には父親への手紙の中に「一躍十万八千里」(1918年2月23日)と旅の心境を表したりした。

スタイン採取の有翼天子像

 

西域の古城である「高昌(こうしょう)」の遺跡の写真が宮沢賢治記念館に飾られており、その古城の近くにある「沙車(さしゃ=現在の南疆ヤルカンド(莎車))」や「亀茲(きじ)=現在のクチャ」(『小岩井農場』)などの地名もたびたび自身の作品に登場させている。彼は『西遊記』に示されている地図に沿って創作の筆を進め、西域の砂漠や上海の夜景を記した。さらに古琴の演奏を楽しむなどして、シルクロードに通じる中国に翔(かけ)る思いを綿々と記述した。

橘瑞超採取の有翼天子像(東京国立博物館蔵)

 

 

賢治と中国の関係はわたしたちに多くの示唆を与えてくれる。中華文明に影響された日本文化の深層においては、アジア的な哲理が常に作用してきた。それは静謐(せいひつ)で調和的な世界観と、万物は常に連動しているという重々帝網(じゅうじゅうたいもう)なる世界観が融合し、現代に生きるわれわれの価値観を大きく揺さぶってくれるのである。

 

(この文章は、王敏(ワンミン)の文章とワイフの所属していた「賢治の学校」から拝借したものを引用しています)。

| シルクロード | 05:31 | comments(0) | - |
ドレスの裾が長すぎる! 中国で警察が少数民族の女性の服を切って回る

きょうはインターネットのニュースで発見した、新疆ウイグルの問題です。

ともかく、ご覧ください。  野口

 

 

7/21(土) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

 

 

新疆ウイグル自治区カシュガルにある、中国最大のモスク「エイティガール」

中国の新疆ウイグル自治区で、ウイグル族の女性が丈の長いトップスやドレスの裾を警察に切られたという。新疆ウイグル自治区では、警察がウイグル族を厳しく監視している。

宗教的な過激思想を取り締まるため、当局はイスラム教を信仰するウイグル族のいかなる宗教的表現をもその取り締まり対象としている。

女性はロングスカートやブルカを身に付けることを禁じられ、住民はラマダン(注:イスラム教徒の5
つの義務の1
つ。約1カ月間、日中の飲食を断ち、神の恵みに感謝する)の断食を禁止されている。一方で、数十万人のウイグル族――100万人と言われることもある――が、ひげを伸ばしているとか、海外の家族と電話をしたとか、場合によっては何の理由もなく、裁判抜きで「再教育施設」に送られている。

そして今、ソーシャルメディアに投稿された写真は、警察が女性たちを呼び止め、彼女たちのロングスカートやドレスの裾を街中で切る様子を捉えたようだ。一部の女性はこうした服装を宗教的な理由というより、着心地の良さで選んでいるだけにもかかわらず、だ。女性の1人はヘルメットをかぶったままで、どうやらスクーターに乗っている途中で警察に止められたようだ。

参照:DOAM(Twitterの投稿より)
https://twitter.com/doamuslims/status/1017691347615145985/photo/1

“強制的な同化:東トルキスタン(注:新疆ウイグル自治区のこと)で、中国当局はウイグル族のムスリム女性のドレスの裾が長すぎると言って切っている。”

ハサミを使っている全員が地元警察ではなさそうだが、彼らは皆、丈の長いドレスを腰あたりで切ろうとしているようだ。

世界ウイグル会議の広報担当ディルクサット・ラクシット(Dilxat Raxit)氏はラジオ・フリー・アジア(RFA)の取材に、これは「ウイグル族の女性に対する攻撃だ」と語っている。

「世界のどこに、腰よりも長い女性のドレスを切って回る政府があるでしょう。まったくもってばかげている」ラクシット氏は言う。

「国際社会はこんな方法でウイグル族の女性を侮辱する中国を許してはならない」

新疆ウイグル自治区では、ウイグル族は男女にかかわらず厳しい監視下に置かれている。

当局は、住民の携帯電話に監視アプリをインストールし、12歳〜65歳の住民全員のDNAサンプルや指紋、虹彩スキャン、血液型の情報を集め始めた。また、当局は音声サンプルも収集していて、盗聴した電話の相手を特定するのに使用される可能性がある。

さらに、この地域ではウイグル族の活動を追跡、阻止するため、4万台の顔認証カメラも導入されていて、AFP通信は最近、新疆ウイグル自治区のある県では、967のモスクに監視カメラが設置され、イマームが政府の台本に沿った指導を行っているかどうか、当局がチェックしていると報じた。

[原文:Police are reportedly cutting too-long dresses off ethnic minority women in the middle of streets in China]

(翻訳、編集:山口佳美)

| ウイグル情報 | 03:00 | comments(0) | - |
座敷わらしと宮沢賢治とシルクロードと

 私事で恐縮なのですが、7月初めに岩手県の二戸市・八戸市に行ってきました。用件は、息子の再婚の件で相手の実家へご挨拶に行ったということです。それはそれで、個人的なことですので省きますが、泊まったところが「座敷わらし」で有名な宿でした。

 

 私自身はそのような迷信の類はまったく意に介さないのですが、面白いお話として頭に入っていました。しかし、一昨日のテレビで、この宿のことが面白おかしく放映していましたので、偶然とはいえ面白いのでブログに書いてみようと思いました。

 

 はじめて息子が自分の財布でとってくれたこの宿は、名前が「緑風荘」。

夜はお母さんを挟んで久しぶりに親子3人で川の字になって寝ました。

 次に緑風荘が作成した宿の紹介を転記します。

 

 緑風荘

緑風荘は、岩手県二戸市、金田一温泉にある「座敷わらしに会える宿」として有名な温泉旅館。
座敷わらしがよく目撃されるのは奥座敷の「槐(えんじゅ)の間」で、その姿を見た者は大変な幸運に恵まれるという伝説が残されている。

座敷童子(ざしきわらし)とは、北上山地を中心として信じられている旧家に住むとされる精霊である。
その容姿や伝承は日本各地で異なるが、年格好は5
歳前後の子供であることが多いということ、そして最も代表的な逸話として、座敷童子のいる家は栄え、座敷童子の去った家は衰退するということが挙げられる。柳田国男「遠野物語」によって広く知られることになった。

 「座敷わらし」はお化けや妖怪の類かと思っていたのですが、違うんですね。福をもたらすんですね。

 

 

槐(えんじゅ)の間

 

この座敷わらしには名前があったんですね。それも同様にご紹介しましょう。

 

 亀麿

緑風荘における座敷わらしの伝承は、一般的に知られていることと少し異なる。名前は亀麿(かめまろ)と呼ばれ、二戸市のゆるキャラにも採用されている。公式サイトによると、
『およそ670
年くらい前の南北朝時代、南朝の後醍醐天皇に仕える 藤原朝臣藤房(万里小路藤房)が北の足利軍に追われ現在の東京都あきる野市に身を隠した。 その後さらに北上し、その道中で二人の子供の内、当時6歳だった兄の亀麿が病で倒れその幼き生涯を閉じる。 その際「末代まで家を守り続ける」と言って息を引き取ったそうだ。その後、守り神<座敷わらし>として奥座敷の槐(えんじゅ)の間に現れるようになったと言い伝えられている。その姿を見たり、不思議な体験をした人は大変な幸運(男=出世 女=玉の輿)に恵まれる』といわれている。

亀麿様-(YOUTUBEよりキャプ、漫画家つのだじろう氏による亀麿のイラスト、

目が瞬きをする怪奇現象が当時話題となった)

この宿は4年ほど前に火事にあったようですが、それまでは2〜3年先まで予約で泊まれなかったということです。

今回もそのような座敷わらし面白さでの客がほとんどでしたが、私たちは歓迎の酒宴でしたたかに飲んで、宿に帰って、寝て、朝起きて出発しただけでした。

 

 

 シルクロードと宮沢賢治

 いやいや、座敷わらしとシルクロードとは何の関係もないのですが、同じ岩手県で思い出されるのは宮沢賢治です。 

実は宮沢賢治の作品には、西域・シルクロードを謳ったものが多いのです。

詩「奏鳴四一九」では、「これは吹雪が映したる/硼砂(ほうさ)嵐Rap.Nor(ロプノール。湖)の幻燈でございます/まばゆい流砂の蜃気楼でございます」と謳っています。

 

地上の「シルクロード」に対して、天空には「天の川」いわゆる銀河があります。賢治には「シルクロード」を素材にした作品がかなりあり、宮澤賢治の「銀河鉄道の夜」から「シルクロード」を想い起こすことができます。童話『雁の童子』もあります。このように「銀河鉄道とシルクロード」は、たえざるハーモニーを私たちに醸し出してくれます。

 

 しかし考えてみるに、西域〜中国〜朝鮮半島を経由してやってきた大陸文明は、対馬・壱岐から北九州を経由して奈良・京都に着き、そこからさらに日本全国に拡散していきました。

 二戸・八戸へも奥羽街道、今では東北道になっていますが、その文明の道をネットワークにしていったのですね。

 シルクロードここにも、あり!だと思います。

 

 往復1500kmのドライブは息子と交代で運転しました。やはり若い人はすごいものだと思いました。買って半年過ぎたマイカーですが、初めてオートワイパー(雨を感じるとワイパーが動き出す)、オートライト(暗くなるとライトがつく)などを教わりました。

 

 出発前に息子に言われて、高速道路でスピード違反のカメラを感知して注意してくれる装置も25,000円で買いました。それをつけると「300メートル先にカメラがあります」、「ここは事故が多いから注意を」とか「この先、何キロ先工事中」などと細やかに注意してくれます。これには驚きましたが、息子にも驚きました。成長したものだ。と。

 

でもテレビのロケの仕事などで年間10万kmも車で日本中を走っているので、彼にとってはそれくらいは当然なのでしょう。生まれつき勉強嫌いの私は、“車は前へ進めばいい”、スピード違反で捕まれば“これで警視庁の収入が増えたのだから仕方ない。スピード違反した自分が悪いんだ”くらいの感覚でしたから、それは当然のことでしょう。でも、スピード違反はしてはいけません。

 

衰えつつある、体力・反射神経・視力とたたかいつつ、新しい知識を身に着けて安全運転と交通違反で捕まらない技術と知識(おかしいかな?)で日本中をかけめぐるぞー!

| シルクロード | 09:55 | comments(0) | - |
シルクロードのブラックホール

 

シルクロードを研究するものとして、現在におけるブラックホールは、アフガニスタンとイラクでしょう。私はいまだに行くことができていません。

 

いまでは、これにシリアが加えられるでしょうが、そうそうサウジアラビアもあまり行くイメージのないところです。

わたしは個人的にはシリア、ヨルダンやイランなどは行っていますが、今でも“治安の悪いところ”ともいわれています。しかし、シリアを除いてヨルダン、イランは、実際は全然安心なのですが・・・

 

しかしみなさん、もう一つブラックホールがあるのです。

それは朝鮮半島北半部です。

今まであまりにも“危険な国”“独裁国”“人権なき国”“テロ国家”などのレッテルが強烈に張り付けられていたので、シルクロードのロマンを感じるには、あまりにもかけ離れていたのだと思います。

 

先週の19日、私は初めて小平の朝鮮大学校へ行きました。そこで元外交官だった浅井基文さん(元広島平和研究所所長、大阪経法大学客員教授)の講演と、北と南の大学教授やジャーナリスト3人の「討論会」があったのです。

講演会のテーマは、対決から平和へ ――今後の朝鮮半島の行方――と題するものでした。

 

南北首脳会談、米朝首脳会談で朝鮮半島に立ち込めていた“核戦争の危機”が一挙に対話と平和の方向に進み始めたのです。まさに歴史的な出来事です。

20世紀、72年のニクソン・毛沢東会談による米中国交回復、86年のレーガン・ゴルバチョフによる米ソ首脳会談によって、冷戦構造による核戦争の危機から対話へと歴史が開けていった大きな出来事がありました。そしてソ連の崩壊にいたったのです。

 

今回の米朝首脳会談は、まさに21世紀初頭における最大のできごとだといえます。

朝鮮半島と北東アジアさらには世界に平和が訪れる出来事の次には、国交正常化から国交回復へという道と展望が開けてきます。

そうすると、学術文化の分野における開放と交流が続きます。

まさにシルクロードのブラックホールに孔があき、西域から中国を経過して朝鮮半島で花が開いた古代文明が、日本へと続いた歴史が明らかにされてきます。

 

朝鮮大学校には「歴史博物館」がありました。受付に書籍類の販売がされており、そのパンフレットを発見しました。歴博のパンフが私を呼んでいたのんです。80年代に東京で高句麗展が開催されたときに展示されたものがすべて寄贈されたとのことです。

来週には大学校の国際交流委員会の幹部にお願いして歴史博物館を訪れることになりました。そこの事務局長が案内してくださるとのこと。

 

余談ですが、私が北京留学中のこと、1965年当時、日本国内でも争われていた「日韓条約」に反対する運動がありました。かつて日本が、朝鮮半島全体に途方もない犠牲と損害を与えたにもかかわらず、韓国との交渉だけで賠償をするというやり方に多くの国民は違和感を覚え、反対もしていたのです。

そしてあるとき、北京在住の日朝両国留学生の代表団で会談を行うことになりました。私がそのときの日本側代表でしたが相手側と会談を行いました。そのときの北朝鮮側の留学生たるや、まるで外務省の高級官僚のように、完璧に自国政府の政策をふまえて論じ、たたかいの方向をさし示していたのです。政策のテクノクラートでした。

討論会での3人のハイレベルな弁論もそのときのことを鮮明に思い出させてくれました。

 

しかし、それはともかく今回の講演会を通して、そして私を通して朝鮮半島北半部とのシルクロード交流の突破口ができればよいと考えています。

わが日本シルクロード文化センターの会員にも“渤海を研究したい”という人が現れています。来年には、北方面へのシルクロードツアーを実施したいとも思っていますが、“その辺りの歴史遺産は軍事基地を通らなければいかれないところなので”かなり難しいということです。そうなると許可が出ません。

 

さあ〜どうするか〜〜

まあ、何とかなるでしょう。

未来は明るいんだから〜〜〜〜〜

 

2人で軍事境界線を越えて北朝鮮側に入った際の握手の写真

軍事境界線を越えて韓国側に入った北朝鮮最高指導者金正恩と韓国大統領文在寅

トランプ大統領と金正恩委員長ら両国代表団による会談

両首脳の会談

| シルクロード | 10:32 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE