シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
朝鮮通信使ものがたり−2 国際色豊かな友好と交流のつどい

会場のお寺に入ると、まだ受けつけの準備中。参考資料としての書籍を購入したのですが、おつりが出てくるまで5分以上かかりました。本当に“主婦がボランティアでお手伝いしているという姿”でした。「おつりは3日でも4日でも待ちますよ」というと、大笑いしていました。

慣れない受付で、はじめはテンヤワンヤでした

 

お寺の境内が開会式やパレードのあとのイベントの会場なのですが、まだ人影も疎(まば)ら。しかし、境内の端の方に、おなかやおへそを出した(おなじことかな)比較的若い女性やおばさんたちの群れがいました。リンボーダンスのグループの方たちです。

ベリーダンスの皆さんです。

 

この日の参加グループ名を書いてみましょう。国際色豊かで実に多彩です。

けやき学園=子どもたちが通信使の楽隊を模した衣装と演奏がありました。

子ども通信使=将来の国際友好をになう子ども隊の衣装とパレードです。

榎本弥左衛門=川越の豪商。1655年の第6回朝鮮通信使を江戸で見学して、川越に持ち込んだ人物。

朝鮮通信使=三使:正使、副使、従事官。正使役の柳鐘○さん:釜山文化財団代表理事。この人は往時の正使の子孫だそうで、この日も子孫という方が何人もいました。

この人が「正使」の子孫の柳さん

 

誕古団(テゴタン)=韓国の伝統音楽を通して、日朝・日韓の友好を願う在日コリアン・韓国人・日本人のグループ。

テゴタンの皆さんだかよくわからなくなってきましたが、かれらは川越高校の皆さんのようです。

 

カトリック埼玉西部有志の会=「世界のみんな兄弟さ。隣人さ、友達さ」と、フィリピン・ベトナム・日本、みんなで踊り、合唱します。

埼玉朝鮮初中級学校舞踊団

朝鮮学校舞踊団のみなさんたちです。女の子たちはお化粧をしてみんなきれいでした

 

平和の翼コーラス

日朝協会 東京・埼玉・群馬県連

はなこりあ=「はな」は「ひとつ」

よさこい鳴子踊りとアリランをミックスした「よさこいアリラン」

ベトナムグループ「シンチャオ」

「シンチャオ」はベトナム語で「こんにちわ」

アオザイがとてもきれいでした

 

現代の朝鮮通信使あいち=愛知県から参加。

ロクセラーナ=中東のベリーダンスのみなさん

民族衣装=世界各地の民族衣装を着ての参加

実に様々な国・民族の方がたがいました。

 

NPO川越きもの散歩

埼玉エイサー隊

13回を迎えたこの祭りも、かれらは13回出演しているそうです

 

ペウレ・ウタリの会=アイヌの人たちの参加です

越中おわら風の盆

なんとも幽玄な「越中おわら風の盆」でした。特に男の踊りが印象深かったですね

あいアイ=川越の障がい者施設の方がた

| 古代朝鮮の歴史 | 11:52 | comments(0) | - |
朝鮮通信使ものがたり−1 「川越唐人揃い」に行ってきました

シルクロードは、単に長安からローマまでを、お姫様がラクダに乗って砂漠を進むという幻想ではなく、人・モノ・宗教・軍隊・交易などのキャラバンが往来する文明交流のネットワークだというのが、シルクロード研究をしてきた私の考えです。

 

それを、まさに具現化したような姿が「朝鮮通信使」でした。

埼玉県の川越市で毎年、それをやっているという話は聞いていたのですが、これほどの内容だとは知りませんでした。

 

この催しがあることを知ったのは、60年来の人生の友人、私の生涯の友・石井賢二でした。かれは私より3歳年長ですが、いま、日朝協会の都連理事長を務めています。その都連の機関紙に書いてあったのです。彼とは会場で会いました。

 

といってもわたしは、すでに2008年に対馬・壱岐の旅に行っています。それは、このブログの冒頭に書いた問題意識があったからでした。中央ユーラシアや中国・モンゴルなどの文明が対馬や壱岐をとおして日本へ渡来したことは間違いがないので、それをじかに見てみたいということでした。

その時のブログに書いた内容をコピーしてご紹介したいと思います。

 

「遣隋(唐)使よりも足繁く往来した朝鮮との交流・交易

1万2千年ほど前、日本と大陸が海によって隔てられるようになって以降の交流は、間違いなく海路を通じてでした。大陸と日本列島が陸続きの頃ではなく、飛天が空を飛んできたわけでもありません。日本へのルートはさしずめ「海のシルクロードの東海ルート」といえるでしょうか。

正倉院の宝物といえば、唐やローマなどがまず想起されます。そこには西域との関わりなどがイメージされると思いますし、遣唐(隋)使船によってもたらされた文物がほとんどだと思われている向きが多いでしょう。

しかし遣唐使の往来は630年から894年までの264年間のうち15回でした。むしろ最近、朝鮮半島の新羅(しらぎ)などとの交易のほうが圧倒的に多いことがわかってきています。今、注目を集めているのは、新羅や渤海(ぼっかい)などとの交流関係です。その点で九州国立博物館(通称・キューハク)の果たす役割は非常に大きいものがあります。そしてその入り口としての対馬と壱岐の役割は大きいものでした」。

 

 

その朝鮮通信使のお祭りやパレードが、なぜ、川越でやられているのか、これに大きな関心があったわけです。場所は川越市の蓮馨寺(れんけいじ)。

 

わたしはワイフがメモしてくれたルートで行ったのですが、東武東上線の川越駅で降りたので、会場まで小一時間もかかってしまいました。小春日和の日でしたが、下着まで汗びっしょりになりました。あとから会場に来た彼女から怒られました。「だから言ったでしょ!川越駅でなく川越市駅と言ったでしょうッ!」。駅の名前は大した違いはありません。場所が違っただけです。

その通り、帰りは実に早く川越市駅まで行かれました。

 

もう13回目。13年も続いていたのですね。

長くなりそうなので、きょうは写真を少々。

毎日とはいきませんが、しばらくはこの連載を書いてみます。

1回で終わらせたかったのですが、そうもいかないとこれを書きながら思ってしまいました。

 

このお寺は「檀林」です。仏教僧が学ぶ大学という意味があるようです。

 

真ん中の帽子をかぶった人物が石井賢二日朝協会都連理事長。

12時開会なのに、私が会場のついたのは10時すぎ。まだ受付する準備中でした。

まず「朝鮮通信使」をユネスコの世界記憶遺産へ!という看板が目につきました。

今年10月に決まったようですが・・・

会場で最初に出会ったのが、どういうことか「ベリーダンス」の女性たちでした。

トルコという民族のことなのでしょうかね

朝鮮のなにかの踊りだと思います。

これも

| 古代朝鮮の歴史 | 10:34 | comments(0) | - |
中国の共謀罪

もう10年前になるでしょうか。中国の新疆・カシュガルの街を歩いていました。

あるホテルの入り口に「張り紙」がありました。近づいてよく読むと、「不審な人間が何人か集まっていたら当局に通報すること」などと当局の通達が書いてありました。

 

新疆では、当局の許可なくウイグル人たちが数人集まると当局に通報されます。ナゼ、通報するかというと、“通報すると報奨金がもらえるから”です。

 

数年前は、結婚式の予定の打ち合わせをしていた男たちが通報されました。そして兵士の襲撃で全員が殺されました。新聞発表では「テロをはかっていた男たちの策動を事前に防いだ」とありました。

 

これも数年前の同じカシュガルの街。みんなでモスクの前を通り過ぎていくと、10数人の男たちが血相を変えて相談をしています。私は本能的に、今流の言葉で“ヤバイ”と思いました。これから軍警と衝突することが明白な状態だったのです。

 

このような場面に外国人が遭遇することはあり得るのですが、巻き込まれてはいけません。すぐにその場を離れました。その時だけはどういうことか漢人の女性ガイド。のんびりした彼女は事情が呑み込めません。彼女をも含めて全員をバスまで急がせて乗車させました。

 

この漢人女性ガイドは、というよりも、漢族は一般的には、表面的・心情的にはウイグル人と“仲が良い”のですが、本能的に“ウイグル人を憎んでいます”。これをどう表現すればよいのか分かりませんが、いざとなると表面的な友好の表情が一変します。とにかく嫌いなのです、ウイグル人が・・・逆も同様です。

 

この2〜3年、ホータンなど南疆の街は、通りのあちこちにコンクリート製の防御壁がつくられていて、自動小銃を抱え引き金に指を添えた兵士たちが恐ろしい顔をして通行人をにらんでいます。この状態は新疆では当たり前の様相になっているようです。

 

さらに日本の旅行会社の人たちが言います。新疆はもう旅行ができない。道路でも、デパートでもスーパーでも、どこでも軍警が検問をします。車の底から荷物から何から何まですべてひっくり返して調べます。ですからなにもかもがストップです。道路は大渋滞になり、買い物は進まず、市民生活が破壊されたままだと言います。

 

信じたくはありませんが、“ウイグル人の5人に1人はスパイだ”という話。安全局がスパイになれという条件に“1カ月の収入と同じ金額を与える”ということになっているようです。貧しい生活で漢人と大きな格差のある月収ですから、「独立」の意志に燃えていなければ、1か月分の「臨時収入」は大きいものです。簡単にコロビます。

 

共謀罪について、日本では、次のように書かれています

共謀罪(きょうぼうざい)

  1. 何かしらの犯罪の共謀それ自体を構成要件(ある行為を犯罪と評価するための条件)とする犯罪の総称。米法のコンスピラシー(Conspiracy)がその例である。   (ウィキペディア)

まさに、国会を通過した稀代の悪法・共謀罪は、新疆やチベットと同じような特高警察の現代版になっています。戦争へ、軍国主義への地ならしです。

 

ここ東京で、以前は首都圏在住のウイグル人たちの交流がかなり活発でした。それが今では、ほとんどなくなりました。日本留学中あるいは生活のなかで、誰が何を言うかを中国当局や大使館がつぶさに調べています。“まずい発言や行動”があれば、一時帰国した場合、二度と日本へは戻れません。国費留学生は、取り消されます。ですから、一生、新疆へ帰れないウイグル人も何人かいます。

沈黙することによって身の安全をはかっているからです。

 

中国憲法に、衣食住の自由、集会・結社の自由など基本的人権が謳われているにもかかわらず、この牢獄のような状態をなんと表現すればいいのでしょうか。

そしてわたしはウイグルの地を愛し、シルクロードを愛するものとして言いたいことがあります。

 

・ウイグル人は、中国の地で暮らしている限りは、その国の法律を守らなければなりません。それが基本的人権です。

・それを守るために団結することが大事です。

・テロなどやっていれば、誰もあなたがたを支持しません。

・世界のあちこちに存在しているウイグル人の組織・団体が、争いばかりしていては自由や民主主義は勝ち取れません。

・そして、他の民族・漢族(かれらも迫害に遭っているのです)たちとも共通の要求で団結することです。

・憎しみや恨みなど、恩讐は投げ捨てて団結することです。

・それくらいのことができなければ、自由をかちとり、民主主義をかちとり、基本的人権をかちとることなど、できるわけがありません。

・そうしてこそ、国際的な支持が得られるのです。

 

 

 

 

 

| シルクロードの光と影 | 10:31 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE